So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

皆さまにご提案〜『国民政治員制度』なんてあったらどうだろう。 [真理の探究]

tenjin03.jpg


いきなりですが『裁判員制度』は恐らく日本人には馴染まない制度だと思う。

この先をお読みになりたい方はどうぞ


nice!(267)  コメント(24) 
共通テーマ:日記・雑感

父の命日にこと寄せて [戒め]

東大寺を講堂跡より望む.jpg


 <2018.03.28.10:33:26 iPhone X にて撮影>

 これは東大寺の裏手、講堂跡附近から撮った写真だ。わたしは感性の命ずるままに撮るから殆どすべてがスナップ写真である。カメラを三脚に固定して構図を決めてシャッターチャンスを待つなどということはしない。風景のどこを切り取るか、太陽の位置、陰影、被写体の絞り込み、すべて瞬時に決める。他人が撮るポイントでは殆どシャッターを押さない。しかもデジイチでもコンデジでもないスマホのiPhone X の今や高画素とは言えない1200万画素の組み込みカメラで写している。それでも昔取った杵柄ではないが一応構図もセオリー通りに撮っている。だが順光で見栄えのしない凡庸な写真である。陰影が目立たない立体感のないベタな写真の典型である。これでは人の心を打つ写真にはなり得ないだろう。


何事も見様見真似で始まる。
しかしそこで止まってしまう人が過半だ。
更にその先に行くには創意工夫という体験を経なければならない。
だが更にその先の到達点に行かなければ人の心を捉える事も感動も生まれない。

                                                                          By H☆imagineU3

この先をお読みになりたい方はどうぞ


nice!(194)  コメント(25) 
共通テーマ:日記・雑感

正しい選択! [真理の探究]

funabashi02.jpg


 果たして日本における”多数決の原理”は民主主義の正しい在り方を証明しているか。

この先をお読みになりたい方はどうぞ


nice!(159)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感

何から何まで正反対 [戒め]

せんとくん.jpg


 今回の話題は三つです。

 一つ目のお話〜 うちの奥様とわたくしめは考えてみれば何から何まで正反対なのですが、その正反対の二人がこうして三十年以上も一緒に暮らしている事の不思議を最近になって感じております。

 

この先をお読みになりたい方はどうぞ


nice!(84)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

あな恐ろしきは人の世 [戒め]

厩戸皇子.jpg

             <法隆寺にて「厩戸皇子」を写す>


 五つ前の ”『自信』の本当の意味について” というタイトルの記事の中で、映画『日本の黒い夏【冤 enzai 罪】という映画を取り上げた。その後わたしは取材旅行で九日間ばかり家を空けその間記事の更新はしなかった。

 

この先をお読みになりたい方はどうぞ


nice!(93)  コメント(13) 
共通テーマ:日記・雑感

批判 [戒め]

大島桜.jpg


 誰だって批判されるのは厭だよね。でも、批判は時に人を育ててくれるよ。駄目にすることもあるけれどね。そしてその結果を左右するのは批判にどう対応するかで決まってしまう。簡単にいってしまえば「けして逃げない」こと。これが大事です。

 

 

この先をお読みになりたい方はどうぞ


nice!(150)  コメント(13) 
共通テーマ:日記・雑感

花は咲く〜咲いた花なら [戒め]

二分咲き.jpg


 東京で桜の開花宣言がでました。三月二十三日に用事があって上野の「東京都美術館」と根津の「子規庵」と「三平堂」に行って来ました。
 この日の上野恩賜公園の桜は見頃はもう少し後という感じでしたが、もう花見客はそれを待ちきれないかのようで皆笑顔が溢れていた。あれっ!・・・気づいたら中国人観光客が矢鱈と。


この先をお読みになりたい方はどうぞ


nice!(90)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

自分が今どういう状態にあるか考えたことはあるか [戒め]

子規庵其の壱.jpg


 今回から、自分の今考えている(自問自答している)ことを短い文章で表してみようと思う。


この先をお読みになりたい方はどうぞ


nice!(110)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

自己満足で終わっていませんか? [戒め]

君子蘭.jpg


 前回の記事の文末にしばらく記事のアップはしないと書いた。だが、自分で自分を縛っても仕方がないと思い直した。前言を撤回する。

この先をお読みになりたい方はどうぞ


nice!(117)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

『自信』の本当の意味について [まじめなおはなし]

安曇野全景.jpg


 自分を『卑下』するのと『卑屈』になるのとでは、言葉の違いこそあれその意味するものはほぼ同じだ。自分を亡きものにして相手に必要以上に媚びれば必然そうなるしかない。それだけではなく、自らの尊厳を自らの劣情によって貶めてしまうという意味でも同一視して構わないと思う。そしてこれら二つの言葉の意味するものは、美徳などではなく悪徳かつ他人への悪感情そのものである。その本性は妬み、侮蔑、羨望といった劣情そのものである。
 この他に、自分を相手よりも低い立場に置くという意味では、類義語で『謙(へりくだ)る』とか『阿(おもね)る』といった言葉もある。だが、一見して同じように思える言葉群(語彙グループ)の中にも、根本的に異なる部分がある。
 思うに、
卑下と、卑屈と、阿(おもね)る、という三つの言葉は意味合い的にはほぼ同じグループに入るが、謙(へりくだ)るという語だけは、その意味するものが大きく異なっている。前出の三つの言葉には真がないが、謙(へりくだ)るには、自分を前面に出すことなく、敬意を持って相手を立てるという意志と、他者へのさりげない配慮が感じられる。
 つまり他人に敬意を払いながらも自分というアイデンティティーを失わずに、その主体を保っているという意味だ。それが今回のテーマだ。

この先をお読みになりたい方はどうぞ


nice!(356)  コメント(29) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -