So-net無料ブログ作成

ご無沙汰しておりますⅡ [旅行・紀行文]

何処にでも悪戯書きはある.jpg 

 何処にでも悪戯書きはあるもので、ここ世界遺産スペイン(Espana)のトレド(Toledo)も例外ではない。書かれている文字は英語だから英語圏の欧米人か濠州・新西蘭人の手になるものだろう。取り様によっては示唆に富んだ内容なので敢えて掲載した。しかし今回も旅行を通して悪戯書きは多かったね。でも日本人や韓国人と中国人は自分の名前を書くとか単純なものが多くて少しも面白くない。そもそも世界遺産に悪戯書きなどするべきではない。それでも捕まるのと重い刑罰を受けるのを覚悟で、敢えてするというのならば、せめてウイットに富んだ悪戯書きをするのが礼儀というものだ。因みにトレドの旧市街全体が歴史的世界遺産だが、この悪戯書きがされたのは、明らかに世界遺産登録以後に設けられた観光客を高台にある旧市街に誘導するエレベーターとエスカレーターを収容するコンクリートと鉄とアルミサッシで構成された建物であり歴史的建造物では断じてない。

 外国まで来て、グラダファミリア教会(Basilica de la Sagrada Familia)の螺旋階段の壁に書いてあった様な「〇〇ちゃん大好き DAI〇KE」はないだろうと思う。日本人の馬鹿丸出しじゃあ頂けない。欧米人の悪戯書きもあったがスペイン語は見掛けなかった。あ、真似しちゃ駄目ですよ。世界遺産なんだから。日本の寺院に敬意を払う様に、外国の教会や歴史的建造物にも敬意を払いましょう。

 ところでトレドのこの悪戯書きを日本語風に訳せば、「~in the first place」という構文が理由や論点を列挙する時の、「第一に」とか、「まず」とか、「そもそも」とかいう意味なので、

「もしかしたら神はあんたが好きじゃない。そもそも神はお前を望んでいなかったんだぜ」

 と、イラストの雰囲気からすると訳した方が良いかも知れない。という訳で、

 夫婦でスペインに個人旅行で三週間弱行って来ました。

 我が家の夏の恒例行事です。

 

 ご無沙汰しておりました。

 前回も更新が滞り、再び更新が途絶えておりました事を深くお詫び致します。

 実を申しますと術後の経過観察を終えたブラウンを、動物病院の医師の許可を得た上でペットホテルに三週間弱預けておりました。今年二月初旬から計画していたスペイン旅行に行く為でした。

 入院続きの自分の体調もあり初めは行く事も危ぶまれましたが私自身の病状と体調に関する医師の診断は海外渡航に問題なしとの事でしたので予定通り行く事にしたのです。今年二月時点で既に航空機や鉄道のチケット代金は支払済みであったのと、ブラウンの体調もあるのと同時に妻のスペイン旅行願望は三年越しでしたので、自分の事はさて置いて行く事を決めたのです。昨年の中欧五カ国訪問はツアー旅行でしたが今回は二年振りの個人旅行でした。やはり個人旅行の方が私達夫婦は楽しめますね。妻が英語が堪能なのが強みですし、更に妻はこの日の為に昨年来スペイン語講座に通ってスペイン語会話を習っていた事も数々のトラブルを乗り切るのに役に立ちました。

 

離陸.jpg 

 旅程初日は、エールフランス機で7月28日10:00AMに成田を出発し、同日16:25にパリのシャルル・ド・ゴール空港経由でスペイン・バルセロナ空港に19:35到着というものでしたが、ド・ゴール空港での預け入れ荷物の移動に手間取ったとの理由で実際にバルセロナ空港に着いたのは20:00を少し廻っていたと記憶しています。しかし、その時間でもヨーロッパは夏時間ですから、スペインの場合は22:00頃にならないと暗くならないので安心です。ですがスペインはお互い初めてと云う事もあり地下鉄で市内に向かうのは危険と判断しタクシーで今夜宿泊予定のオスタルに向かいました。タクシードライバーには通りの名前と建物名を云うだけで迷う事なく目的地に到着します。バルセロナに限らずスペインの主だった街は大都会や小さな街を問わず一方通行が当たり前なので初めてならばいきなりレンタカーは止めて置いた方が良いでしょう。しかも左ハンドル右側通行だし事故やトラブルの元を初日から自分に課すのは良策とは思えません。そして、正規のタクシーなら間違いなくメーターに示された料金(空港入場料は加算される)以上請求される事はありません。今回のドライバーさんもとても良い人に当たりました。何より妻がスペイン語で言葉を交わせたのが一番良かったのだと思います。

 

エールフランス機内食.jpg機内和食.jpg機内朝食.jpg 

 今回はプレミアム・エコノミーで行きましたが機内食はビジネスクラスやファーストクラス並みとは行かず、特別注文でもしない限りエコノミーと同一メニューです。しかし、エールフランスですから洋食は美味です。和食は妻がチョイスしたのでわたしの知るところではありません(笑)

 朝食は共通メニューですから食物アレルギーのある方を除いてメニューは選べません。

 

パリからバルセロナへ.jpg 

 パリのド・ゴール空港について入国審査を済ませバルセロナの便を待ちます。

 

最高級のイベリコ豚生ハム.jpg 

 一日目の夕食はまずは生ハムを主にと決めていたのでドングリの実だけを食べて育てられたイベリコ豚の最高級生ハム Jamon de bellota iberico 〈ハモン・デ・ベジョータ・イベリコ〉を頼みました。

 これから我が家のWANブラウンの闘病と、自己のポリープ切除なども控えている為、不定期の更新となりますがお許し下さい。そして多分二年前の英国旅行同様半ばも行かずに途中で掲載挫折となる恐れ大です。理由は、一番の大仕事、小説の脱稿が控えているからです。

 ではでは皆さまごきげんよう。

 


nice!(85)  コメント(18) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 85

コメント 18

枝動

こんばんは。
毎日酷暑の中、無事で何よりです。
by 枝動 (2016-08-15 23:05) 

U3

☆枝動さんへ
蒸すのは感じるのですが暑いとは感じなくなりました。何しろスペインの内陸部では46℃を経験していますから(笑)
by U3 (2016-08-16 00:05) 

ソニックマイヅル

おはようございます。ヨーロッパ旅行は一生に一度だけでいいので行ってみたいと思っています。そんなチャンスがいつの日か来るのを願って仕事をしますが、チャンスは自分でつくるものですね。お寿司を楽しんで下さい。^^;
by ソニックマイヅル (2016-08-16 08:50) 

starwars2015

サグラダファミリアには行ってみたいです。
旅の恥はかき捨てっていう考えは大っ嫌いです。
by starwars2015 (2016-08-16 10:05) 

たいへー

盆はかみさんの実家で花火&焼き肉が、
我が家の恒例行事です。^^
by たいへー (2016-08-16 16:03) 

U3

☆ソニックマイヅルさんへ
 あまり気温の高くない時に行った方が良いです。同じヨーロッパでも南のスペインと北欧や英国では20℃も最高気温が違います。
お寿司ですが急な雑用と時差ボケで体調を崩し食べに行けませんでした。
by U3 (2016-08-16 18:25) 

U3

☆starwars2015さんへ
 ネットや本で知っていても実際に見れば感動しますよ。
 表から見えないところや人があまり通らないところが悪戯書きされるのは洋の東西を問わないようです。結局個人のモラルの問題です。
by U3 (2016-08-16 18:28) 

U3

☆たいへーさんへ
 うちは、正月は裏磐梯、GWと晩春は安曇野、夏は海外というのがここ五、六年の恒例になっています。秋は行ったり行かなかったりです。でも来年はもしかしたら海外は行かないかも。
by U3 (2016-08-16 18:33) 

八犬伝

スペインへお出かけでしたか。
旅行記、首を長くしてお待ちしております。
by 八犬伝 (2016-08-16 21:38) 

hirometai

U3様
スペインに行ってらっしゃったのですね。
私も2009年にマドリッドに留学していた友達の所に出かけました。
芸術のような落書きに驚いたり、高速バスターミナルで皆と逸れて真っ青になったり、ポストが黄色?等々楽しい旅をしてきました。
マドリッド大学の研究室の壁も落書きだらけでしたが、今もそうなのかな?
長時間の機内は辛かったですが、いい思い出です。
U3産もきっと素敵な旅をなさったのでしょうね。
お話の続きをお聞かせください。
by hirometai (2016-08-16 23:22) 

U3

☆八犬伝さんへ
期待しないでお待ちください。
by U3 (2016-08-17 12:20) 

U3

☆hirometaiさんへ
結構旅行慣れし過ぎて余り驚きはないのが残念。
というより、環境に順応し過ぎ(笑)な私達夫婦です。
悪戯書きはそれこそ何百何千年も前からありますからするなというのが無理でしょう。でも後世の人が見て唸る様な機智に富んだものにして貰いたい。出来ればそれが歴史的価値が生まれるくらいに書かれているなら私としては許せるかなぁと。
旅行話は実はトラブルの方が面白いし、読む人の参考にもなると思うので出来ればそんな話も交えて後の記事を書こうとは思いますがオフィシャルな仕事が多忙なのとプライベートなWANや小説の対応があるので、記事のUPがいつになるとはお約束できません。その点ご理解願います。
by U3 (2016-08-17 12:35) 

ironbridge

U3さん、この時期にスペインですか。良いですね!老生は残念ながらラテンの国へは行ったことがありません。フランス、イタリーは勿論、スペインもです。死ぬまでのポルトガルへは行ってみたいですね。ついでに台湾へも行ったことがありません。仕事がら致し方ありません。
by ironbridge (2016-08-17 19:30) 

U3

☆ironbridgeさんへ
 ご無沙汰しております。
スペインはとてつもなく暑かったです。内陸部は連日40℃超の最高気温でしたが大陸性気候なので湿度はあまり高くはありません。どちらかというと喉が渇きヒリヒリする暑さと申しましょうか。でも46℃を越えると流石にへばります(笑)
 ラテン系のヨーロッパの国で妻が行っていないのはポルトガルだけだそうです。わたしはポルトガルとイタリアですね。フランスはパリ以外知りません。妻は若い頃から日本国内は言うに及ばず海外も留学したり色々と行っていたようです。ですから本当に世界中にお友達が一杯います。その妻は台湾、特に台南は良いところだと云っておりました。
by U3 (2016-08-17 22:08) 

kohtyan

20年ほど前に行きました。たいへん印象深い旅行でした。
もう一度、行って見たいです。
by kohtyan (2016-08-18 11:05) 

saia

トレド! 数年前に家族で行きました。
古い街並みや坂道、マドリッドからの行き帰りのオリーブ畑を思い出します✧*。(ˊᗜˋ*)✧*。
ポリープ切除手術、ブラウンくん抗ガン剤投入、その後の経過はいかがでしょうか。
すべて順調であることを願っています。。。

by saia (2016-08-18 13:48) 

U3

kohtyanさんへ
今、病院のベッドの上でこれを書いています。
未だ時差ボケから完全に回復していないわたしです。
わたしも後半はスペイン旅行を楽しめました。
by U3 (2016-08-19 08:40) 

U3

☆saiaさんへ
トレドへは妻は三十年以上前に行ったことがあるそうで、その時は今ほど観光化されていなかったとの事で、昔の方が良かったと云っておりました。私はそれを知りませんので今回の旅の感想になる訳ですが、日中42℃と暑く忙しく余り印象に残らなかったというのが実際のところです。まだスペイン内陸部の暑さに慣れていなかったのだと思います。
冒頭の悪戯書きもマドリッド発の半日ツアーに参加して暑さでへばって日陰でガイドの話を聞いている時に写したものです。英語でのガイドなので半分以上意味は分かりませんでした。妻はスペインなまりが強いガイドさんだと云っておりました。
by U3 (2016-08-19 08:48) 

Facebook コメント