So-net無料ブログ作成
検索選択

雲谷斎武羅運陛下を偲んでMac買い [奥様と武羅運とわたし]

brown04.jpg

  <これ一番のお気に入り写真です> 

 早いもので武羅運が虹の橋を渡ってから一箇月が過ぎてしまいました。まだ一日に一度はうちの奥様と二人でブラちゃんの想い出話に浸り涙を流しています。

「本当に物分りが良くて切り替えが早くてお利口だったよね」とか、
「話せないだけで私たちの云っている言葉が分かっていたよね」とか、
「でも寂しがり屋で甘えん坊で僕たちをいつも癒してくれたね」とか、本当に色々な想い出話が次から次へと出て来て尽きることはありません。そうは云っても亡くなる前の二週間の様々な出来事は今でも涙なしに語ることはできません。

 先週の金曜日に業者の方に来て頂き和室の畳替えをお願いしました。
 ブラちゃんが寝起きしていた大きなケージのあった部屋です。私ども夫婦はここをブラちゃん部屋と称していました。

 何故畳を替えたかと申しますと、いつまでもそのままにして置いても見る度に色々なことを想い出してしまうからです。まずはケージを解体して市のリサイクルセンターに持ち込んで処分して貰いました。何と諸々入れて93キロもあったのですよ。処分したケージは大型犬用でしたから巨大でしたね(笑)これはブラちゃんが亡くなって初七日を過ぎてからの話です。

 それから簡単に和室の片付けをしたのですがタイルカーペットで保護していなかった畳の部分に傷みがあり、うちの奥様がこの際、畳を新しくしようと提案して来たのです。
 考えてみれば入居以来もう十八年も畳を替えていないと気づき奥様の意に沿うことにしました。その替えた畳ですが、先立つものもないというのに業者の方の説明を聞いてあれこれサンプルを比較してみて、その中からかなりグレードの高いものをチョイスしました。一畳ウン万円です。たぶん一畳が高級乗用車のコンフォートタイプのラジアルタイヤ1本と同じくらいのお値段。それが六畳ですからウン万円x6の痛い出費です(爆)

 それまでうちの奥様には、大人買いと云おうか衝動買いの多いわたしに、無駄なお金は使うなと常日頃から口を酸っぱくして怒こられてばかりでした。ですが今回は別のようでした。
「新しい畳の臭いを嗅ぎたい」とか、
「その上に大の字になって寝てみたい」などと我儘を云います。
 ですが、ブラちゃんの躾けこそわたしが飼い主の務めとして初めにしっかりしたものの、その後はただ可愛がるだけで何もしなかったので、動物嫌いのうちの奥様が我慢を重ねて長い間ブラちゃんの毎日の面倒を見て来たのです。
 本当に動物嫌いで初めはブラちゃんの体に触れることすら出来なかったのですよ。そのうちの奥様が甲斐甲斐しくブラちゃんの面倒を十四年近くも見ていたのですから、その贖罪の意味も込めて和室をリフレッシュするくらいはしなければバチが当たると考えたのであります。
 それで昨日(十二月五日)に畳の張替えとなった次第です。気持ちいーね!
 
 これは余談ですが、新畳の臭いって皆さん藺草(いぐさ)の臭いだと思っていませんか。
 そう思っている人は多いのではないでしょうか。でもね、実は藺草そのものの臭いじゃないんです。むかしから生産地(主に熊本八代市)では藺草を収穫した後一旦泥の中に漬けるんですね。あの新畳の青い色を保つ為に泥に浸すんですがそれをそのまま乾燥させたものを編み込んだものが市場に出回る畳表なんです。だから新畳は主に泥の臭いがするんです。決して乾燥した藺草の臭いではないのです。ですから畳を張り替えたらまずはじめに一度、しっかりから拭きしてから掃除機で泥を吸い取っておかなければなりません。けしてどんなに絞り込んだとしても濡れた雑巾なんかで拭いちゃ駄目です。畳が早く痛んでしまいますから。これすべて職人さんからの受け売り知識でした。
 
 

 ところで畳替えの前日である五日に和室の掃除と片付けをもう一度うちの奥様としたのですね。そうしたら、わたしが整理していたダンボール箱の中から、何とブラちゃんの若かりし頃の写真が一葉の封書の中から十三枚も出て来たのです。四歳になる前の写真ですから本当に可愛かった。
 実は日本ペットモデル協会なるものがこの世に存在しておりまして、そこに応募登録申請した時の写真だったのです。TVとか雑誌などに出演する動物モデル・タレントの協会です。
 あいにく審査には落ちてしまいましたが返信用の切手も同封して応募したので写真は無事返却された訳です。それを私めすっかり忘却の彼方へ押し遣っていた訳であります。本当にけしからん飼い主ですね(笑)
 この写真は元々はデジカメのデータなのですがそのデータはとうに失われており今は存在しません。そこで改めて今回見つかったDPE写真を再撮影して皆様に公開するにしました。

 どうぞご覧になってください。それがブラちゃんの供養になると私たち夫婦は信じています。

brown03.jpgbrown05.jpgbrown06.jpgbrown07.jpgbrown08.jpgbrown09.jpgbrown10.jpg

 もう一枚写真があるのですが実はこの写真を元にわたくしめブラちゃんのスケッチを水彩で描いていました。それがこれ。
 
brown12.jpgbrown01.jpgbrown02.jpg 
 
 ついでに応募書類も公開!(笑)
 
brown13.jpgbrown14.jpgbrown15A.jpg
 
 未だにブラちゃんのことを想い出したり写真を見たりする度に涙が出て来てしまいますが、今は後悔の涙よりも、楽しかったブラちゃんとの想い出を懐かしむ惜別の涙に変わっています。

 本当に二度と同じWANには出逢えないだろうと思えるほどのいい子だった。

 そう思ったらまた涙が・・・(悲)
 
 


 ところでこの記事は新しいMacBook Proで書いています。Touch BarとTouch IDが搭載された512GBのヤツです。ついでにバックアップ用にAirMac Time Capsule-2TBとApple USB SuperDriveも後日諸々買っちゃいました。
 
MacBook Pro.jpg 

 先月下旬のわたしの誕生記念日にうちの奥様に誘われて東京国際フォーラムの中にある相田みつを美術館に行ったのですが、その後に銀座のApple shopに寄りましてMacBookを購入しました。
 お得意の衝動買いじゃないです。計画買い、つまり想定内のお買い物です。
 うちの奥様は幾ら誕生(記念)日だからと云ってプレゼントはして呉れません。何しろわたし以上に金欠病ですから(笑)
 ですからこれは自分へのご褒美と仕事用としての購入です。

 しかし、うちの奥様も、対応してくれた銀座Apple shopのスタッフもまさか今日は買わないだろうなと思っていたそうです。どうも聞くだけで終わるだろうなと思っていた様です。
 それなのに一通り話しを聞いて「これ在庫ある? すぐ用意できるなら今買って帰るけど」と云ったのには二人とも驚いていましたね。うちの奥様がスタッフに聞いていましたが、普通は時間をかけて購入するというのが一般的なパターンなのだそうです。
 ですがわたしはPCが買いたくて来たんじゃありません。遣りたいことがMacBook Proで出来るかどうかを確認しに来たんです。「これを買ったら一体何ができるのか」とか、「こんなことは出来るのか」とか、「こんなことをしたいがその対応アプリはあるのか」とかそんな話を一通り短時間しただけで即買いでした。
 今まで23年間DOSマシンとWindows互換マシンしか触ったことのないわたしなのに、Macの何たるかも知らないで買っちゃった訳です。Mac OSも操作方法も本当に全く知りませんでした。

 実のところわたしのこれからのお仕事は『もの書き』が主体ですからクリエイティブ系に強いマシンじゃなければいけない訳です。しかもどこにでも持ち運べていつでも仕事に取り掛かれるマシンが必要なのですね。

 それでMac Book Proを予定通り買いました。つまり買った動機は衝動ではなく必然です。

 わたしにとっては最新PCを買うのは目的ではなくてPC使って具体的に何をするか。それが一番の課題であり問題なのです。それでMacBook Proにしたという必然性の話です。
 わたしには縦書きエディタ、それもプロ仕様の高性能エディタが必要でしたから、その環境が用意されているMacにしたという訳です。
 
 わたくしめ一旦決意したことを行動に移したら一気呵成に遣り遂げなければ気が済まない超せっかち人間ですから、Apple StoreでMacBook Proを購入したその日のうちにApp Storeで有料アプリもダウンロードして、その日のうちにWindowsマシンから原稿データを移行して、読み込んだデータを横書きから縦書きに変換して、更にレイアウトを設定し直してあちらこちらを修正して執筆環境を一気に構築しました。それから即日原稿の修正に取り掛かったという次第です。初日徹夜でした。

 その際、MacBook ProやMac OS Sierraのマニュアルなんかまったく見ませんでしたがキーを叩くたびにいつの間にか操作を一通り覚えちゃいました。メニューバーの使い方もアップルメニューのコマンドもすべてその日のうちに習得しちゃいました。
 
 その上昨日はAirMac Time Capsuleが届きましたのでそれを使ってのバックアップもOK牧場、インターネットもWifiもチョー気持ちいいくらい今では快適です。でもタイムカプセルのネットワーク設定(うちのネットワーク環境は結構複雑。自動でセッティングしてくれません)とかいろいろ設定を整えるのは少し手間取りましたね。wifiはすぐに繋がりましたけどインターネット接続が丸出だめ夫くん状態でした。でもアップルケアに入っていたのでサポートはすぐに受けられあっという間に問題怪傑ハリマオ(古ッ)です。あ、今回のMacBook Proで初めて搭載されたTouch Barは結構便利で重宝しています。
 
 マルチドライブも購入したのでクラシックとジャズの名盤CDのみを27枚iTunesを使って昨日Macのライブラリに加えちゃいました。ロックとかポピュラーはまったく入れませんでした。歌が入ると集中できないんですね。それで今日からそれを聴きながら文章の推敲をする予定。

 余談ですが、ラジオなら途中でボーカルが入ったロックやポップスが入っても聴きながら作業ができるのに、ボーカルの入った音楽だけを聴きながらは仕事ができない。・・・というのはわたしだけのことでしょうか。

 という訳で執筆活動はスケジュールを組んで現在進行中です。
 
 それが終わったら次回作の執筆に取り掛かります。これは賞狙いでいく積もりです。
 
 しかもテーマはブラちゃん! 純文学でブラちゃんなんておかしいでしょうか?
 
 WANを主人公にした小説で、もし名のある賞を貰ったらエポックメーキングですよね。
 
 わたしはひと真似は嫌いですから誰もが考えつかない小説を書く積もりです。
 
 構想は出来ていてドラマチックな展開と静謐な時の流れが交錯するという内容です。

 これはブラちゃんの供養の為にも是非叶えたい願いです。

 今以上に本気で書きますよ。

 これは大言壮語や夢物語ではありません。大法螺を吹くつもりは更々ないのです。

 おバカであることは承知しています。でも自分を追い込む為にはバカにならないと。

 という訳でおチャラけた文体ですが、わたしは本気も本気、超真面目に考えています。

 今はただただ、
 
 有言実行あるのみ。



nice!(355)  コメント(20) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 355

コメント 20

侘び助

中野孝次さんの ハラスのいた日々を涙して読んでだ日が
甦ってきました。 是非お書きになってください。
by 侘び助 (2016-12-06 12:10) 

ニッキー

ブラちゃんの水彩画、ブラちゃんそっくり(^-^)
ブラちゃんへの愛情たっぷりでとっても可愛いですねぇ(^O^)
by ニッキー (2016-12-06 14:52) 

花好き人

思い出深い写真、ブラちゃんの元気なお顔
胸がキュンとします
わが家の亡きケイティ(猫ちゃん)、もう5年もたつのに今もそばにいると思っています
写真もいろんなところにはっています
U3さんと奥様のお気持ち、よくわかります
元気出してくださいね

by 花好き人 (2016-12-06 17:30) 

hirometai

U3様
こんばんは
少しお元気になられて良かったです。
ブラちゃんの若かりし頃の写真生き生きして、やんちゃで疲れ知らずのようです。かわいいです。
スケッチも、素敵です。
うちの畳は、アラレのひっかき傷のあるままです。そっと触ると体中にアラレが戻ってきます。
もう5年半になります。
by hirometai (2016-12-06 17:45) 

hana2016

こんばんは。
ブラちゃんこと武羅運の物語、是非書いて下さいますように。ここでも一人待っています^^
by hana2016 (2016-12-06 22:48) 

まつみママ

今晩は~
先程はご訪問 コメントを有難う御座いました。
私も以前 約15年も共に暮らした柴犬でしたが
別れを経験しましたので お気持ちが良く解ります
大変なショックで 既に歳月が過ぎた今でも
お散歩してるよく似た柴犬を見る度 思い起こしてしまいます
ですのでお気持ちが 充分に伝わって来ます
別れは 何時かはと覚悟はしてても 切ないですね
どうぞ ご自身のお体に気を付けて 頑張って下さいませ
by まつみママ (2016-12-06 23:05) 

JUNKO

私も犬の思い出があります。亡くなって40年近くたちますが、その思いでは鮮やかに残っています。ぜひお書きください。書くことを通してまた新たな思い出がよみがえってくることと思います。
by JUNKO (2016-12-07 18:55) 

majyo

ブラちゃんという愛犬を亡くされたのですね
涙はしばらくは止まらないでしょう
ロスにならないよう何かに打ち込んでください
by majyo (2016-12-07 21:30) 

まるたろう

U3さんのこれからの執筆活動、今まで以上に応援させて頂きます。
頑張って下さい。
by まるたろう (2016-12-07 21:50) 

うっかりくま

ブラちゃんは飼い主さんの心の中に今でも
しっかり生きているのですね。こんなに
愛されて幸せな生涯だったことでしょう。。
イラストや写真も是非入れて下さい!
by うっかりくま (2016-12-07 21:51) 

なかちゃん

涙の意味合いが少し変わってきたりして、ちょっとずつでもお元気になられたご様子、安心しました ^^
今だから言うけど、ものすごく心配してたんですよ。
あのU3さんがここまで崩れてしまうなんて…ってな感じです。
でも、誰しもそんな一面を持っていることを知っているからこその心配だったんです。
少しずつでいいから、復活してくださいね。
でも、無理はだめですよ。
大丈夫になられたら、いつか一緒にビールでも呑みたいです。
そんな日が来ることを、楽しみにしています (^^)

by なかちゃん (2016-12-07 22:35) 

いっぷく

コメントありがとうございました。
耳が立派だなあと思ってみていましたが
やっぱりパピヨンだったのですね。
by いっぷく (2016-12-07 22:56) 

aru

U3様、おはようございます。
おそらく、カメラを斜めにふって撮られたのでしょう。いい写真ですね!
by aru (2016-12-08 02:56) 

やおかずみ

アドバイス、コメントありがとうございました。
by やおかずみ (2016-12-08 10:07) 

Ginger

愛らしくて、凛々しい、本当に素敵なお子を授かったのですね!
創造の源になって、また戻ってきてくれるんでしょうね。。。
by Ginger (2016-12-08 12:48) 

makkun

こんにちわ~
ご訪問ありがとうございました~
お久しぶりでしたが日記を読んでビックリ~
ブラちゃんがお星様になってしまったのですね~
寂しくて悲しい時を過ごされてると思います・・・
ずぅ~っと思い出に浸る日々を過ごして上げるのも
ブラちゃんへの追悼と思いましょうd(*^o^*)b


by makkun (2016-12-08 15:25) 

drumusuko

私も柴犬を20歳で亡くしました。大往生でしたが、その悲しみは計り知れなく大きなものでしたので、お気持ちお察し致します。
by drumusuko (2016-12-10 15:34) 

kazumin

久しぶりに訪問しました!
ブラちゃん虹の橋を渡ったんですね…
我が家の愛犬も同じ悪性リンパ種で今年8月に虹の橋を渡りました!
[←]読んでいて涙が溢れて大泣きになりました。
思い出がたくさんありますね!
ブラちゃんの事を話すのも良い供養になると思います。
by kazumin (2016-12-11 10:50) 

MINERVA

どの写真も素敵ですね。
水彩画を拝見し、その素晴らしさにU3さんの愛情を感じました。
執筆活動再開、そしてブラちゃんをテーマにした次回作、応援しております!!
by MINERVA (2016-12-15 19:36) 

小豆

ご無沙汰しておりました。
ブラちゃん、パピヨン星に旅立ったのですね。
これからは思い出の中でいつでも微笑んでくれますよ。
by 小豆 (2016-12-15 22:26) 

Facebook コメント