So-net無料ブログ作成
検索選択

台湾紀行 其の三 [旅行・紀行文]

ゴールデンレトリーバー.jpg


<哀しきゴールデンレトリーバー:急いでiPhone出して撮ったんですけど間に合わず>
 いやぁ、正面から撮れなかったのが残念。本当のキンキラキンのゴールデンレトリーバーでした。どっかに 護送中 搬送中だったんでしょうねぇ。きらびやかな割には背中に哀愁が漂ってます。


 5月の29日に締切日より二日早く『お仕事』終えました。
 それで、浅草の出店で仕事をしている友達のところに遊びに行ったり、この二日間色々楽しんでおりました。そして、次の新しい目標を決めて、今日から再始動です。
 何しろ今年になって無収入ですから(>_<)

 お約束の台湾紀行ですが、5日間のツアーで行って来ました。
 スケジュールは台中〜台南〜高雄〜台東〜花蓮〜基隆〜九份〜台北の順で廻って来ましたが、今回UPする写真は、いきなり故宮博物院の『鏤彫象牙雲龍文套球」という超有名な象牙のボールです。


故宮博物院 象牙球体.jpg


 これって、本当にすごいんです。これが見たくて台湾に行ったと云っても過言じゃござんせん。てな訳で何が凄いかというと、ロシアのマトリョーシカじゃありませんけど、この球体直径12センチで球体の中に更に球体が、そしてまたその中に球体〜その中に球体〜その中に球体〜てな具合で、球体は全部で二十四層(個)にもなっているのであリンス。そしてその全ての球体が自由に動くという、これまたびっくり仰天な不可思議球体なのであります。

<2017.06.02追記>

 この二十四層もの球体の作り方ですが、球の何カ所かに円形の穴を開けて、そこから直角の彫刻刀を差し入れて彫り進んで中の球体を上の球体から分離するという遣り方でそれを何層にも渉って繰り返した結果が二十四個の球体という凄技になったという訳です。これはもう執念としか云いようのないものですね。


象牙.jpg


 どのくらい細かく彫られているかと申しますと、上記の写真でも龍の彫刻の間に格子状の編み目があるのが分かると思うのですが、その網の太さはというより細さは、多分0.2〜0.1ミリ程度だと思います。持っていた0.3ミリのシャープペンの太さより明らかに細かった様な気がいたします。

 とても人が作ったものとは思えない精巧な作りです。

 現代の3Dプリンターでもレプリカさえ多分作れないんじゃないかと思います。


孫文座像.jpg


 という訳で次は『孫文』の座像です。  

 この方の座像は正面ホールの真ん前にあるので、台湾の『故宮博物院』を訪れた人は誰でも目にする位置に鎮座在しております。歴史上の人物ですが、中国本土から共産党に追われて台湾に渡ってきた漢民族の方々にとっては、今でも尊敬される台湾建国の父です。


ふくろうカフェ.jpg


 それで、最後は、5月31日に浅草の友達のところに行った時に見た『ふくろうカフェ』の看板を載せておきます。今やふくろうカフェは猫カフェに次ぐ人気動物カフェだそうで、わたしゃ知りませんでしたが、浅草でも3店舗あるそうです。

 ところでわたしの浅草の出店で働いている友人ですが、元はと云えば大手銀行マンでありまして、それが色々あって昨年の夏から観光客相手の出店で手染めの手ぬぐいを売る商売をしております。しばらく取材で浅草に通う予定なのでまた機会があればご報告いたしマッスル。アハッ!


 本当は台湾で撮った写真が一杯あるのですが、こんなところで、三回目の台湾紀行を終えたいと思います。

 ではでは皆様ごきげんよう。


<2017.06.03追記>

 ところで、次回の【台湾紀行其の四】のお題は『楊貴妃は、たぶん、こんな顔』です。


nice!(58)  コメント(22) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 58

コメント 22

枝動

こんばんは。
フクロウカフェは人気だったんですね。
どうりで、和歌山にもできるわけだ。隣町(岩出市)にも1~2年前に出来ましたよ。
by 枝動 (2017-06-01 22:25) 

U3

☆枝動さんへ
 おはようございます。
 友人の話によれば、フクロウは結構繁殖力旺盛でどんどん卵を産むらしいです。この友人高校の時の同級生なのですが色々経験を積んでいて面白い話を一杯聞けました。
by U3 (2017-06-02 08:01) 

くまら

象牙の球体も凄いけど
1枚目の写真のインパクトが・・・
by くまら (2017-06-02 09:20) 

U3

☆くまらさんへ
 可愛いお顔なされていました。
by U3 (2017-06-02 09:29) 

拳客

故宮博物館は見ごたえありますよね、ただ、焼き物関係は良くわからなかったです。
by 拳客 (2017-06-02 09:42) 

MINERVA

象牙の彫刻が素晴らしいですね。
随分昔の話になりますが、テレビで象牙の彫刻を紹介しておりました。
製作過程を実演されておりましたが、少しずつ掘り続け球体を形成する細かさに、子供ながら感動した記憶があります。
by MINERVA (2017-06-02 10:21) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

彫ったのは、宇宙人では・・・。
よく彫ったものですね。
途中で失敗しないのかな。
あっ?割れちゃったとか・・・。
スゴイ集中力だと思います。
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2017-06-02 21:58) 

Hide

こんばんは〜
象牙のボールに目が覚めました@@驚きです!
一体如何程の時間を費やしたのでしょう?
神業です!真似の仕様もございません!
彫刻刀はありますが象牙が・・・
by Hide (2017-06-02 22:15) 

まるたろう

自分も4月に2度目の台湾へ行き、鉄道で日帰り一周してきました。
ですので、今回は観光地へはほとんど行っていません(笑)。
by まるたろう (2017-06-02 23:24) 

hirometai

U3様
おはようございます。
金色のゴールデンの顔が見られなくて残念です。
きっと優しい顔だったのでしょうね。
我家の愛犬アラレを思い出します。
象牙の球体凄いですね。(^-^)
by hirometai (2017-06-03 04:45) 

たいへー

娘が猛禽類が好きでね。 行きたがる。
あと爬虫類も・・・
by たいへー (2017-06-03 07:24) 

U3

☆拳客さんへ
 陶器から磁器に変わる時が一番分かりやすいですよ。確か、確か年代別に展示しているところもあったはずです。
by U3 (2017-06-03 08:23) 

U3

☆MINERVAさんへ
 わたしもチラッと見た記憶ありです。凄いですよね。でも実物はもっと凄いですよ。あと、『翡翠の白菜』など有名なものを取り上げたらきりがありません。
by U3 (2017-06-03 08:26) 

U3

☆なんだかなぁ〜!! 横 濱男さんへ
 本当にそうですね。失敗したら昔は接着剤などなかっただろうし、作り直しでしょうか。
by U3 (2017-06-03 08:28) 

U3

☆Hideさんへ
 お久し振りです。
 一年二年じゃ出来ない事は確かです。ガイドブック好きでどの美術館や博物館に行っても買ってくるのですが、今回はツアーで時間が亜ありませんでした。
by U3 (2017-06-03 09:19) 

U3

☆まるたろうさんへ
 浅草で仕事をしている友人は毎年一月か二月に行くそうです。とにかく暑いですからね。湿度は相当なものです。
by U3 (2017-06-03 09:21) 

U3

☆hirometaiさんへ
 いい顔なされておりました。背中は哀愁が漂ってますけど(笑)
by U3 (2017-06-03 09:22) 

U3

☆たいへーさんへ
 そういえば、ドッグカフェというのはあまりないかと。
ゴールデンレトリーバーは一番癒やしになるんですけど。
by U3 (2017-06-03 09:24) 

八犬伝

凄いですね、ゴールデンレトリーバー
確かに、寂しそうな後ろ姿ですね。
by 八犬伝 (2017-06-04 18:13) 

吟遊詩人41

フクロウのカフェですかΣ(・□・;)
可愛い顔してますが猛禽類でしょ。。。大丈夫なんですかい?
by 吟遊詩人41 (2017-06-07 21:28) 

U3

☆八犬伝さんへ
 貴ブログ拝見いたしました。
「銀巴里」いい名の床屋さんですね。建物はちょっと見は蔵造りのようであり、それでいてモダンな感じです。
by U3 (2017-06-08 13:47) 

U3

☆吟遊詩人41さんへ
 復活おめでとうございます。
 一応猛禽類ですが、フクロウとはいってもどちらかといえばミミズクほどの大きさしかない外国のフクロウです。おとなしくて可愛いですよ。繁殖は容易だそうです。だから、どんどんふくろうカフェが増殖しているようです。
by U3 (2017-06-08 13:52) 

Facebook コメント