So-net無料ブログ作成

YOKOSUKA STORY<後編> [旅行・紀行文]

日ハムスタジアム.jpg


<本文とは全く関係ありませんが、先日近くにある日ハム鎌ケ谷スタジアムに行って来ました>

 わたくしめ、昨年の十一月を以て技術者という肩書きを外しました。辞めるまで紆余曲折はありましたが、このままで良いのかという自問自答の末の決断でした。仕事上のお付き合いのある方々からは、行く末を危惧され、それで慰留されたりもしましたが、自分がこれから為そうということに比べれば、それは些細なことだと判断しました。他人が自分をどう思おうが元々関心はありません。他人を頼ることも良しとしません。頼れるのは自分だけという気概はずっと持ち続けていました。ですから後は決断のみであったのです。
 過去があって今があるのは道理です。ですが本当に大事なのは今この時と未来です。何故なら、過去は変えられないけれど、今と未来は、己の心の持ち様と、その行動を以て、幾らでもどの様にでも変えることが可能だからです。ですから、その時点で残り少ない人生を、係累や他人の為ではなく、自分の思うままに生きてみようと決意したのです。そしてわたしの決意が固いのを見て結局のところ細君もそれを許してくれました。容易に道が切り開かれないのは分かっています。ですが決意した以上、やろうと決めたことは必ず遣り遂げなければなりません。

 実を云えば、わたしにその決断をさせたのは一匹の犬でした。しかし、その決断をさせた犬は今はもういません。そして彼の死が、わたしに大きな変化をもたらし、この世の無常と儚さと真実とを改めて知らしめたのです。

 彼はわたしにとって忠犬です。

 何ものにも代えがたい存在でした。

 そして今でもわたしの心の中に生きています。

 人生は自分が思うより長くはない。だとすれば生きている内に何を為すべきかを決め、それを実行しなければならない。そしてそれは今をおいて他にはない。遣らねば!


注)記事の末尾に本文とは関連がありませんが緊急追記があります。是非ともそれをご覧下さい。

墨田ジャズフェスティバル.jpg
<2017.08.30 すみだストリートジャズフェスティバルに行って来ました>

 何と申しましょうか、店の前のガラスのショーケースを拭いていたヨコスカネイビーバーガーのウェイトレスのおねえさん。足がスラリとしてきれいなのはよろしいのですが、パンツが見えるほど短い股下0センチのジーンズを穿いていましたわ。
 昔でいうホットパンツ、今なら単なるショートパンツかカットオフジーンズというのでしょうか。頭の固い細君は「ねえ見たU3?何今の格好!」って呆れてました。
 わたしは気にもしませんでしたが、しいていえば、写真撮ってなくて残念!ってなとこでしょうか。足がとても長くてスレンダーなスタイルだったとは頭の隅では記憶しておりますですハイ。でも、第7艦隊バーガーの迫力にばかり気を取られていて、一瞬しか見ていなかったので記憶も曖昧・me・mineです。←何?人称代名詞ギャグじゃ駄目?
・・・およびでない?こりゃまた失礼いたしやした。
 てな訳で、今は亡き植木等のギャグで『YOKOSUKA STORY<後編>』の始まりです。

////////////////////////////////////////////////////////////////
 
三笠公園.jpg


 その時、♪バスを降りれば港が見えるぅ 三笠ぁ 公園のぉ 陽がぁ落ちる♪
という格調高い淡谷のり子風のブルース調の旋律が、わたくしめの脳裏に何の脈略もなく流れていたのであります。市内循環バスに乗り三笠公園前で降り立ったわたしは未だ体調が戻ってはいなかった。半ばぼうっとした頭でよーく考えてみればそれは神戸港を舞台の歌でありまして、横須賀を歌った曲ではない。やはり横須賀といえば、YOKOSUKA STORY以外ないんじゃないかと何となく思う昭和半ば生まれのわたくしでありました。
 そんなこんなで横須賀を訪れたならばやはり「♪これっきり これっきり もうこれっきりですかぁ」と、そんな切ない乙女心に思いを馳せる予定であったわたしではありますが、その直前にわたしの脳裏にあったのは何故か、
最凶伝説すらあるあの、『違うだろ、違うだろう、このハゲェー』とのたまわった、どこぞの元自〇党埼玉△区選出の女性議員の声とお顔でありました。とにかく体調が悪かった。バスの車中でも半分寝ていましたからね。その言葉が頭の中でリフレインしていたので余計悪酔いしたのかも知れません。それで訳の分からないそんなことが何の脈略もなく脳裏に浮かんで来るんだろうな。そう何となく思っていたところ、もう一つ脳裏に浮かびました。
 豊〇議員、何かに似てるな。なにわの通天閣のビリケンさん。大阪行ったことないけど(爆)
 
 ここは三笠公園であります。


東郷平八郎銅像.jpg
 
 何だか冒頭から支離滅裂ですけれど、今回はそれで最初から最後まで押し通そうという魂胆なので悪しからず。心の赴くままに書こうとすると自然にそうなっちゃうんだよね。
 で、話は元に戻るけど、前出の「このハゲー」発言の豊〇△▢子議員は元はと言えば千〇県出身。しかも船〇市馬〇のご出身であられるようで、何故わざわざ埼〇県から出馬したのか知りませんが、船〇駅にほど近い住宅地に住むわたくしめも、お噂はかの一件以来色々聞いて存じておりました。
 細君の馬〇在住のお友達からの伝聞ですが、わたくしめ普段から余りそういう話題には興味がなく、細君の「ねぇねぇ聞いた?」から始まるゴシップやご近所の噂話も、右から左に聞き流してしまいまして、全くお覚えていませなんだ。ただ、普通の家庭で育ったということではない、ということだけは記憶に残っております。そうなるにはそうなるだけの環境があったという事でしょう。外語大卒のかなり個性的な母親から「あなたは他の子らとは違う、選ばれた人間なのだ」とか幼少の砌(みぎり)から洗脳じゃなかった、教え込まれたかどうかは知りませんが、とにかくかなりの教育ママであったその母親から特別な英才教育を受けて育った人間がその後どうなるかは、今回の一件で良く分かった気がいたします。因みに、この母親は学習塾を開いていたらしい。父親は東大卒との事ですが見た目はおとなしく常識的でごく普通の方らしいです。そこから察するに、園遊会の一件もありますし、これは「母原病」かもしれませんね。
 これとは関係のない全く別のお話ですが、ご近所のある教育熱心な母親に育てられた娘子のことを思い出しました。その娘(こ)は現在国立大学の大学院に通っていますが、この母親同様、ご近所では挨拶すらしない子に育ちました。でも弟さんは見た目も優しくきちんと挨拶も出来るんです。何故でしょうね。わたしは想像つきますけどね。
 話を元に戻しますが、豊〇議員、出身地じゃ評判はあまりよろしくはないし、民〇党の元総理大臣までした野〇佳▢議員のお膝元ということもあって、地元から出馬しなかった(もしくは、出来なかった)んじゃないでしょうか。そこからいろいろ思うことがあります。
 結局のところ良識を欠いたエリート意識は、他人を見下す誤った選民意識を醸成させ、けして良い方向には向かわないということなのでしょう。それにしてもこの豊〇議員の所属する派閥の領袖、細〇さんってまったく良識の欠片もないですね。暴力まで振るった事実が明らかなのに、被害者である元秘書の方に元はといえば問題があったのだと記者会見を開いて釈明したんですから。これで当選11回の自〇党現役最古参クラスの重鎮議員だというのだからお里が知れようというものです。

観覧券売場.jpg
 
 わたしは思うんですが、謙虚さのない人間は秘書なんか付けちゃ駄目です。それでさも自分が偉くなったような錯覚に陥ってろくな事はありません。議員一期目はどうせ頭数揃えで、戦力にもなりはしない修行中の身なのだから、秘書は1名しか付けちゃいけないとか、古参議員の下に付けて議員のイロハを学び一年間秘書無しとか、議院規則で決めちゃった方が良いかもしれませんね。奢った議員に政治は預けられませんから。
 常識的に考えても、エリート意識など持ったり権力を持った時点で、人間は駄目になるんです。これはなにも一国会議員に限った話じゃありません。政府や官僚、一流企業、更にいえばエクセレントカンパニーなどと称される超優良企業にも、こういった考えに毒されている人達は沢山います。鼻持ちならないエリート意識ってヤツです。
 特に日本政府の中枢にある人物、影響力が大きい政治家がそうであった場合、国民が辛酸を舐める結果に陥ることは、歴史を鑑みても明らかであろうと思われます。


お値段.jpg

 
 今回は相当鬱積したものがあります。横須賀に行ったことによって何か触発されたのかも知れませんね。アメリカ合衆国だけでなく、北朝鮮とか韓国とか、中国やロシアとの関係も、ここに来てより深く考えさせられた気がします。だから『YOKOSUKA STORY(前編)』のようにノリのいい文体は今回は影を潜めるかも知れません。
 書いていることは直接的で辛辣であることをはじめにお断りして置きます。しかし仮に書いてあることに勉強不足で事実誤認があったとしても、嘘は一切書いていないと自負しておりますので堂々と書かせて頂きます。そういう話題が嫌いなら文章をスルーしちゃって構いません。でも写真だけでも見ていって下さいね。もちろん、ただ辛辣なだけでなく、わたくし本来の笑いもおかしみも交えてのお話になります。

「国民に納得のいく説明をこれからも丁寧にしていく」と言った何処ぞの国の宰相がおりました。ですがこの方、政権復帰以来、口だけで唯の一度もその説明責任を果たしたことはございません。加計問題以来、内閣支持率が急激に下がってからは、一時の傲慢と云おうか驕慢な態度は影を潜めましたが、丁寧になったのは口調だけの事でその発言の内容は
空虚そのものです。これの一体何処が「国民に納得のいく説明をこれからも丁寧にしていく」という発言との整合性が取れてるんだろうね。
 本当に「有言不実行」の極みです。これほど中身のない、虚偽に満ちた発言を繰り返す一国の宰相は、今まで日本の憲政史上唯一人この方だけです。歴代自〇党党首の踏襲して来たものをこの宰相は完全に破壊しましたね。かつて「自〇党をぶっ潰す」と言い放った小〇元総理より派手に自〇党の歴代歴史認識解釈と政治的良心を完全に破壊しました。
 かつてのこの党には自浄作用がありました。悪いことをやれば党内からも野党からも国民からも糾弾されその裁きを受けました。でもこの宰相はそんなことは気にもしません。派閥の力学だけを重視し、適材適所でない大臣任命数知れず。イエスマンだけを内閣に招致し、その閣僚の失言や能力不足を問われても徹底的に庇うのです。「それは、大臣の判断でお答えするものと思われます」などと一件突き放した様に見せかけてね。この方、口だけは「任免責任を逃れるものではない」といいながら、シラを切り無視し続けて来たことを、皆様くれぐれもお忘れ無きように。あれほど庇った稲田元防衛大臣が辞任して、そのことによって説明責任を果たす義務はもうないのだなど、国対委員長を通して言わせるなどという屁理屈を通す事自体が、この自〇党という政権与党が、根幹から腐っている事の何よりの証拠です。こんな人物とその政権与党の、一体何処に誠実さがあるというのでしょう。潔さがない人間を日本人は一番嫌うんです。そこのところを肝に銘じて今後の国会運営に当たって貰いたい。一旦奢り昂ぶった者は改悛・改心など出来はしないだろうけど。
 そうだろうね、出来ないよね。かつてこの宰相が感情に任せて言い放った数々の言葉や大見得をよもや忘れた訳でもあるまいに今に至るまでシラを切り通しですね。自〇党議員もシンパも同様です。この宰相、今やそんなことは言っていないとばかり口を噤み、過去の国会の答弁でも質疑の内容に沿っていない、自分の言いたいことだけをダラダラとしかも声高に主張し、挙げ句の果ては質問した野党議員を愚弄し、まともに回答したことは一度とてありません。これが企業なら紛れもないパワハラそのものですよ。これだけでも誠実さの欠片もありませんね。そう、かつてこの宰相は質疑に立った何人の野党議員を愚弄した事でしょう。これは取りも直さず、その議員の背景にいる支持者である国民一人一人を愚弄することです。
 
三笠全景.jpg


 有事立法、共謀罪、防衛省日報問題、籠池・加計問題すべて有耶無耶じゃないですか。記憶にない。議事録がない。そんなことで説明責任は果たしたなどと開き直るこの国の宰相と官房長官、それに牛耳られた閣僚と官僚と政権与党に、誠実さの欠片もわたしは見ることが出来ません。何よりも国会招致は参考人止まりで、証人として喚問しないことが本質を覆い隠しているのです。
 本来、説明責任を果たすということは、国民の前に一点の曇りがないように、真実を白日の下に晒すということなんです。その為には虚偽の答弁が出来ない、『証人』という関係者全員の喚問招致しかあり得ないんです。関係者や当事者ならば誰一人として証人として喚問されることを拒否できない様にしなければならないんです。それでなければ丁寧な説明責任など果たせる訳がないんです。

艦内コース案内.jpg


 あのね、一民間人を国会には呼べないなどと国民を愚弄するにも程がある。昭〇夫人は一民間人なんかじゃ断じてありません。一私人でもありません。正真正銘の公人ですよ。そうじゃないというならファーストレディとして日本の各地に出向いたり、夫と一緒に海外訪問などしなければいい。SPならいざ知らず、政府職員を付けることだってない筈だ。
 諸外国政府要人で
昭〇夫人を一民間人だなどと思っている人など誰一人いません。一民間人なら外国要人は会おうともしないでしょう。一国の宰相の婦人だから丁寧に遇し、上にも下にも置かぬ対応をしてくれるのです。これの何処が一民間人だというのですか。
 そして、関係者ならば、誰一人例外はないんです。国会の場を通して、嘘を絶対付けない環境下で証言をさせること以外に、
説明責任を果たす道は何ひとつないのです。だからこそ参考人止まりで野党の要求する証人喚問要請を拒み、その参考人の数まで減らして、真実を覆い隠す現政権は、まったく以て信用がならないのです。あの閉会中審議を見て茶番だと思いましたよホント。
 わたしは断言します。この国の宰相は、丁寧な説明を自らがすると明言しながらも一度もその説明責任を果たしていない超無責任男です。本当は生真面目で実直だった植木等の風上にも置けない信用ならない人物です。そのことを皆さんお忘れ無きよう。国会閉会期間をほとぼりが冷める期間と勘違いし、その間に国民がそれを忘れると思い込んでいる人達に、容易ならざる国民の決意を見せつけたいものです。
 
メインマスト.jpg


 この様に我が国だけでなく世界の何処でもエリート意識は歪んだものが多いと申せましょう。何処ぞの国の西洋花札みたいな名を持つ大統領が擁護する白人至上主義もこれとは異なる背景があるのかも知れませんが、選民主義とか優越意識というものが背景にもしあるならば、それ即ち歪んだ思想だということは疑いの余地がありません。ナチズムも同質です。


 あ、何を話そうとしていたんだっけ。そう、三笠公園、つまり日露戦争の日本海海戦で旗艦として活躍した戦艦三笠の記念公園のお話ですね。わたくしめ脇道に逸れるのが常でしてその為に通り一遍では見られないものを随分と見させて頂いたこれまでの人生でした。文章然りです。


 という訳で今更ではありますが、今回はですね、久々に記事が長いです。しかもエンターテインメントもしくは面白可笑しいお話ばかりではなく、思想や外交・国際問題や政治ネタなども織り交ぜています。

 ですから、長文や堅苦しい話が苦手な方は、文字を端折って写真だけを眺めていくだけでもそれは致し方なしと思っております。
 ですが、わたくしめのブログは元々長文で鳴らしたブログですからこれが本来の姿です。それが楽しみで拙ブログに来て頂いたブロガーの方々もかつては大勢おられました。それが励みでブログをせっせと更新していた時期もあります。もしかしたら今でも熱心な拙ブログの読者の方もおられるのかも知れません。でもごめんなさい。残念ながらこれで完全復活とはならないことだけはお伝えしておかなければなりません。執筆活動とブログ更新は両立しないんですね。まことに申し訳ございませんが、ブログはあくまでも余技、気張らしや気分転換、はたまた文筆活動では伝えられないことがあった時のみ更新させて頂くことになると思います。悪しからず。



Z旗打電.jpg

 

 前置きが長すぎましたね。ここら辺でいつもの格調高い文体に戻ろう佳奈。ありゃ、♪ここはヨコスカ♪、関西じゃなかったゴメンネ、茉奈佳奈三倉姉妹。

 ところで世界三大海戦なるものがあるのを皆様はご存じでしょうか。1571年のレバント沖海戦と1805年のトラファルガー海戦と1905年の日本海海戦(欧米では『対馬沖海戦』という呼称が通例)ですね。そしてこれはたった一つの国を除いて世界が認める厳然たる事実です。

 そのたった一つの国というのは、皆様よくご存じの、朝鮮半島の北緯38度線を境に南半分を占めている某韓国というお国です。正直に申し上げまして、わたしはこの国とその国民をどうしても好きになれません。それはこの国を五年ほど前に訪問する機会を得て確とした思いとなりました。それを以てして、この国の人々ほど欺瞞に満ちたものはないのではないかという思いに至りました。
 何か隣国を批判すると、そう決めつけるのは良くないなどと主張なされる方がおられますが、その根拠として実際に会って話してみればいい人は沢山いるとか、日本人に好意を持ってくれる人もいるなどとごく当たり前の事実を並べ立て、それを論拠となされているようです。ですが、それは明らかに間違いです。韓国人は善良な日本人が思う様なそんな生やさしい民族じゃありません。
 隣国だけじゃなくて、どんな国だって日本や日本人を好きな人もいれば嫌いな人もいます。ですが韓国というお国は北朝鮮と同様にかなり特殊な国家です。韓国国内で韓国国籍の一般人が、日本贔屓や日本擁護をしたと捉えられると、下手をすると国家反逆罪に問われかねないし、為政者であれば即失脚は免れません。歴史はそれを証明していますよ。ご存じの方もおられるとは存知ますが、未だに韓国国内で日本の肩を持つと「非国民」扱いする土壌が根強く残っています。法制度上も日本に協力したり日本の肩を持つとその全財産を没収する法律があるなど徹底して反日です。この法律が作られたのは昔じゃありません。たった二代前の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の時代です。
 だから韓国人が日本に好意を持つ事などないんです。あり得ないんです。それだけじゃなくて日本贔屓を続ければ下手をすれば最高刑は死刑です。日本を徹底して恨み嫌う強固な思想が根付いているんですね。いや、これは思想じゃなくて民族の遺伝子に組み込まれた屈辱という劣等意識そのものです。だから本質的に北朝鮮と何ら変わりはしないとわたしは思っています。だって同じ朝鮮民族ですから。
 初等教育からして、日本を悪し様にいう教育が建国この方70年以上も徹底して行われて来ましたから、この国の人々は骨の髄まで怨日・反日感情に凝り固まっています。ですからたとえ日本贔屓に見えたとしても「面従腹背」で日本人の知らないところでは「反日感情剥き出し」です。日本で活動している寒流じゃなかった韓流タレントやアイドルグループも本音は皆、怨日・反日です。つまりそれに乗っかってファンになってる日本人は、韓国人からすれば憐れで愚かな日本人と影で愚弄されています。韓流ブームの元祖のヨ〇様やチェ・〇ウもそれは例外じゃないです。商売上それを出さないだけです。

 

弾込.jpg



 だから従軍慰安婦の少女像なるものを日本の大使館や領事館の前にジュネーブ条約を無視してでも平気で設置するという訳です。アメリカ本土にまでその論理を持ち込むんですから常軌を逸しています。日本人は幾ら大嫌いだからと言ってけしてその様な非常識で相手国やその国民が不快に思うことをしたりはしませんし、ありもしない事を主張したり、ウリジナル(「ウリ」(我々の意)+「オリジナル」を掛け合わせた造語で、何でもかんでも『韓国起源説』とすること)
みたいにねつ造したりもしません
 あのね。
韓国人に依ればソメイヨシノも韓国起源らしいっすよ(爆)
 嘘だと思うんなら韓国に行って三泊四日くらいの観光ツアーに参加してみて下さい。間違いなくどの韓国人ガイドだろうが必ずそう言いますから。嘘や虚言はいけないことは誰でも知っている。でもね、韓国はそういう社会じゃありません。法律やルールを守るのが当たり前と、親や社会で教わって育った
日本人の感覚からすれば、その点まともな民族ではありません。
 わたしが韓国に行った六年前も、韓国人ガイドさんがソメイヨシノは韓国起源だと言った瞬間に居合わせた日本人ツアー客からバッシングを受けていましたね。たった一度の韓国旅行でしたが、わたしはそれ以来韓国人の本音が何処にあるのかを知り、二度と行こうという気にはなりませんでした。因みに細君はそれまで三回目韓国に観光で行きましたが、その後二度と行こうとは言わなくなりました。

 この日本憎しの感情が、何が何でも自分たちは日本民族より優れているのだという現実をまったく反映していない思い込みに繋がり、挙げ句の果ては歴史的事実を改変ねつ造する土壌を生んでいると申せましょう。韓国人の場合そのウリジナルは中国人に対しても主張されます。それはかつて中国が朝鮮半島の宗主国であった事から来るんですね。つまりウリジナルは、彼ら民族の根源にある、かつての屈辱とそれによって醸成された劣等感情の裏返しです。そして遺伝子には先祖代々、未来永劫、怨念と嘘と劣等感情が連綿と引き継がれていく訳です。何しろ『千年恨』のお国柄ですから。
 これが国内だけで行われている内は日本人も中国人も黙っていましたけれど、インターネットを通して流布されるに及んで中国人もさすがに怒りましたね。サード配備で今や中国と韓国の関係は完全に冷え切っていますが、そもそもの切っ掛けはこのウリジナルから始まっているんです。わたしは思うのですが韓国人は、謙虚さとか誠実さには程遠い虚飾の人々だと断じるしかないでしょうね。表の顔と裏の顔の差が極端ですね。まあ整形美人の国ですから、然もありなん。あれ、これって韓国じゃ「さもアリラン」ていうのかしらん。



甲板より主砲方向を望む.jpg



 そんな国ですから、世界三大海戦を無理矢理改ざんして、豊臣秀吉の行った朝鮮征伐の際に李氏朝鮮軍が今の仁川沖で勝利した局所的海戦を含めて、世界四大海戦などと歴史を改ざんするのは朝飯前です。何しろウリジナルの国ですから。
 だから事実をわたしからお話ししましょう。そもそも世界〇大海戦と云われる様な海戦はその戦いの帰趨が当事国の命運を決するような戦いを以てして、はじめてそう云えるんです。その観点から言えば、軍船ではない輸送船中心の船団を地元で撃破した戦闘など海戦とは言わないんです。本隊同士の決戦を以て雌雄を決する戦いこそが世界が認める海戦というものの本質です。ですからこじつけも甚だしい。
 それに、世界に四大〇〇なぞという、世界を代表する歴史上の事物や出来事をなぞらえる慣習は古今東西何処を探して殆ど類を見ないんですね。大概が『三大〇〇』なんです。世界三大美女、世界三大美術館、世界三大河川、世界三大劇場、世界三大発明。どれを取っても三つ並べるのが常識です。四大文明とかテニス四大大会とか一部例外はありますが限定的ですね。
 この様に韓国国内でしか通用しない「世界四大海戦」などというねつ造ネタを世界に発信し、何も知らない人々を洗脳しようとしたり、歴史をねじ曲げてまで民族としての優位性を吹聴する、そのさもしい心根をかの国の人々は恥とは思わないのでしょうか。



甲板より後部甲板を望む.jpg

 

 ここで極東の日本を取り巻く国々の民族性と国民性を改めて総括しておきましょう。

 朝鮮の民を敢えてステレオタイプ的にいえば、自己中心的な、表裏がある虚栄の民族性であって、日本人のように、恥を知る文化や、和を尊ぶ文化を持つ民族じゃないですから、理解できないのは当然なのかも知れません。わたしはハッキリ申し上げますが、韓国人ひいては朝鮮民族の根底にあるのは他民族に対する「怨恨」です。日本人に対してだけでなくかつての宗主国である中国に対してもそうです。それと時の権力に卑屈なほど謙る「おもねり」、それからおもねった相手が弱くなると、掌を返したように相手を完膚なきまでに痛めつける「裏切り」そして「残虐性」です。そんなことは信じられないわ、という人はいずれ韓国人に痛い目に遭わされるでしょう。予言しておきます。
「日本人は本当に憐れになるほど学習効果のない、馬鹿でお人好しで過去を忘れやすい民族だよな」と朝鮮半島の人々に影で嗤われているの皆さん自覚して下さい。それを知らないと、いずれ親しみをもって笑顔で迎えた韓国人に、いきなり顔に唾を吐きかけられるという屈辱を味わう事になりかねません。韓国人は根本的に信用ならない民族だと思って付き合うしかないんです。



主砲.jpg



 因みに中国人は欲望に歯止めが利かないと言おうか、欲望に正直な民族です。極端にいえば、その為には嘘も付くし犯罪さえも平気で犯します。要はバレなければ何でもしてしまう節操のない民族です。それから俺たちが世界で一番の民族だという感情も中国人の一大特徴ですね。習近平体制になってからはそれが顕著に出ています。いわゆる「中華思想」という「大国主義」そして「覇権主義」です。中国の野望は、軍事力も経済力も名実ともにUSAを抜くまで、つまり名実ともに世界一の大国なるまで止むことはないと知るべきです。そうなるためには、今まで通りどんな悪辣なことでも平気でやるでしょう。これも予言しておきます。
 あと日本の周りの隣国で残っているのはロシアですが、ロシア人の本質は冷酷非道ですね。ナチスのアウシュビッツ以上のジェノサイドをスターリンは自国民にも日本人にも少数民族にもしています。それと中国と同じように「覇権主義」を持つ国家です。中国人とは少し異なるので厳密に言えば「領土拡張主義」国家です。その為には欲しいと思う土地の住民を根絶やしにしても手に入れます。戦後、樺太や千島列島、そして朝鮮半島や満州から逃げ帰って来た日本人の証言を聞けば、それは明白です。明治維新以来、否、
江戸時代末期から日本はロシアの脅威に晒されて来たんです。黒船来襲によるアメリカの圧力よりも、日本が本当に恐れていたのはロシアの南下政策だったのは紛う方なき事実です。日清戦争、日露戦争、第二次世界大戦敗戦以降の侵略行為。みなロシアが背後にいたり、直接日本に敵対して起こしたことです。ですからロシアの南下政策は今でも終わっていませんし、チェチェンやウクライナを見るまでもなく、ロシアの野望は根本的に何ひとつ変わっていないのです。

 そして日本人は知るべきでしょうね。

 ロシアと韓国相手に条約など締結しても無意味だし反故にされるのがオチだということをです。それだけは肝に銘じて下さい。安倍総理がロシアと平和条約を結ぶことの意味がわたしには全く分かりません。北方領土だけでなく、シベリア抑留などで、自国民や日本の主権をあれだけ侵害かつ陵辱されても、まずそのことについて謝罪賠償せよとも言わないし、泥棒に追銭で、これから回収の見込みもない北方四島の投資まで約束させられている。馬鹿じゃないかと思うのですね。
 韓国に当時の日本の国家予算に匹敵する金額を賠償してのち、条約に記載された戦前の日本資産の返還すら韓国はいまだしてしないのに、戦前のことを幾度となく謝罪までして、一方のロシアからは足蹴にされても何とか国交正常化を図ろうとしている。日本は自虐国家ですか。
 わたしは予言します。
北方四島に幾ら巨額投資をしようが絶対領土は返って来ないし、投資と開発が一段落したら日本は北方四島からある日突然排除されますよ。チェチェン紛争や、ウクライナのクリミヤ半島併合みたいにね。それがロシアの常套手段ですから。ウラジミール、シンゾウとファーストネームで呼び合える仲だから、お互い顔を見て話し合えばきっと分かりあえる筈だなどと、もし安〇総理が考えているんだとしたら、おめでたいとしか言いようがない。世界に嗤われるのがオチです。ウラジミール君はどう見たって悪人面してますよ。海千山千の冷徹な政治家であり国家元首です。所詮おぼっちゃんの手に負える相手ではありません。

 

主砲2.jpg



 かつて日本と旧ソ連の間には不可侵条約があった筈ですが、それを一方的にしかも通告もせず、いきなり武力を以て攻めて来たのはどこの国でしたっけ。住民を女子どもを含めて機関銃掃射や銃剣で突き殺して、婦女子を暴行陵辱し、皆殺しにした史実を日本人なら忘れちゃいけません。それもポツダム宣言を受諾して、日本が無条件降伏した後に為された非道です。
 こんな国を幾らソ連からロシアに体制が変わったからといって信用できますか。韓国の厚顔無恥と陰湿さは今更言及する気にもなれ
ない。日本や先進国は条約は守るために締結するが、この二つの国に限っては、条約は自分たちにメリットがなくなった時点で破棄したり反故にするものなんです。考え方がまるっきり違う異星人的民族だと思い定めて下さい。
 断って置きますが、これら民族の中に良い人がいないなどとは言いません。その過半は善良な人々なのだと思います。でもそれは日本人だとて同じなのです。かの国々の人々はそうは捉えていない様ですが・・・。

 この様に日本という国が極東にあったというのは、日本人にとって悲劇以外の何ものでもないのかも知れません。こんな異常な程の敵対心や怨恨を抱く国々に囲まれて、これからも生きていかなければならないのですから。



操舵室.jpg



 と言いながら、わたしは自分たち日本人をこれら隣国に比し正当化などはいたしません。日本人だって過去には相当悪辣、極悪非道なことをして来たのも事実なのですから。まあ、日本の右翼の人達はそれを認めませんけどね。左翼の人達も必要以上に反省を求めたり、自虐的だったりで好きになれません。もっと、まっとうな日本史観と現実を見る目を持って欲しいもんです。そんで以てわたしは心底思うんですが、もうそろそろ日本人一人一人が現実を直視し、素直に過去も含めて反省しなければ、国際社会から見放されてしまうだろうということなのですね。でもそれを日本人は良しとしない。中途半端なプライドを翳してどうするんだよとわたしは言いたいですね。もっと謙虚になれよとね。
 でもね、わたしは再び思うんですが、
他人を見て己を顧みる心を持ち続ける限り、日本人は世界から見放されることはないと思うんです。その点、中国人と韓国人とロシア人とは根本的に違うところですね。



艦橋.jpg



 ところが、それを戦前の傲慢な日本人に戻そうとしている人が今の日本にいるんですね。それが今の総理大臣であることを皆さん忘れないで下さい。「新しい日本へ美しい日本へ」&「日本を、取り戻す」これは誰が何と言おうと全部、戦前の日本への回帰主義です。一体誰が掲げたスローガンかは言うまでもないですよね。
 その結果「有事法制」が施行され、今度は「共謀罪」が可決されました。戦前の特高の話をすると躍起になってそんなことはないと彼の人は言いますが、声を大にして言えば言う程益々疑われてしまうのはこの方ならではの人徳でしょうか。
 この様に、日本では時の政権によって恣意的に運用される恐れが否定できない「共謀罪」によって、あと何年か後に、こうして時の政権を批判して無事でいられる保証はどこにもありません。口で幾ら「そうはならない」などと言っても条文自体に「そうはならない」とは書いていないのだから当たり前です。恣意的運用がされる恐れがあるとは世界も認めるところです。現政権は言論弾圧もしくは言論統制をしたいというのが本音なのです。言論の自由って民主主義の根幹なんですよ。それが阻害されるということは、その国がかつての社会主義国か独裁国家だという何よりの証拠なんです。
 現に政権発足当初より「増すゴミ」じゃなかった「マスコミ」に対する言論統制は始まっています。それによって真実を伝えないマスコミがこれまでのジャーナリズムの在り方でした。今では真実を知ろうと思ったら自分でその情報をネット上で探さなくてはいけません。TVの前で構えているだけで真実は届かない時代になったのです。しかし、一方で一時は「増すゴミ」に成り下がったN〇Kやその他のマスコミも、自分たちがこれはと思った事実、つまり国民の知る権利を満足させる情報を発信しようという機運は芽生えています。中にはそれを偏向報道などと称し批判する人達もいますが、大事なのは真実です。そしてそれはもはや、待っていても届く時代ではなくなりました。真偽を自分で判断し自らが行動しなければならなくなったのです。



戦艦三笠模型.jpg



 そういった意味で、安保法制の上に胡座をかいていた日本人が有事法制成立によって尻に火が着いたのは、有事法の内容は大いに問題ありとしながらも、日本の安全はタダではない、自らが守っていかなければならない問題なのだと、改めて想起させる良い機会だったのだとわたしは思います。
 でも今の日本は危機的状況ですよ。それを皆さんよく理解して下さいね。今の政治が今後も続く限り、現首相とその所属する与党
、または連立する政党による憲法改正によって、自衛の名の下、大手を振って諸外国を攻撃できる国家となる恐れ大なのです。
 そしてそれは極東の軍事・外交バランスを著しく不安定にさせる要因になることは確実です。現時点ではわたしも北朝鮮を批判していますが、憲法九条を変えると云うことは日本も国際バランスを著しく不安定にする国家となることを意味するのです。それで北朝鮮や韓国、中国、ロシアを日本は批判できるでしょうか。
 自衛を理由に国家主権を主張するのは理解できますが、それが果たして日本にとって最善の策なのかどうか今こそじっくりと考えるべきです。現政権に取って代わる政党や首班がないからという消極的な理由で、次善の選択をしたり、選挙権を行使しなかったが故に、今の状況を招いているのは明らかです。そのことに早く気づいて下さいね。何しろ自分たちの将来、そして生命に関わる重要な事柄なのですから。
「有事法制」で何が変わったのか皆さんは本当に理解していますか。憲法九条を変えなくても、もう日本は他国と交戦できる国に既になっているのですよ。それも国会の十分な審議を経ずして、閣議決定で決めるという愚挙を平然と為し、その後の国会で強引に成立させるという暴挙によって成立したのです。その張本人は誰ですか。国会の審議を経ずして閣議だけで法制は可能とした事の意味を本当に分かっているのでしょうか。閣議で違法ではないと判断したのは法律学者見解が根拠だなどと、詭弁を弄した時点でもう安〇内閣はろくでもない内閣だと思いましたね。しかも、「そう言うなら閣議の議事録を見せろ」と言ったら「無い」ですと。今に繋がる、籠池問題、加計問題、防衛省日報問題、みな判で押したように議事録も報告書も決定的なものは何ひとつ残されていない。一国の政治の中枢や、大事な予算に関わる重要な事が決定された過程が何ひとつ明らかになっていない。こんな国は欧米にはありません。少なくともトレーサビリティー(問題があれば、それがどの時点から発生し、それには誰と誰が関わっていたのかを、過去に遡って分かる様にして置くこと。つまり過去に遡って検証できるシステム)のない結果や報告書や議事録は正規のものと認められません。それでもあろうことか、その後自民党の要請で呼んだ憲法学者三人全員が、揃いも揃って有事法制は違憲の疑いが濃いと判断したのに、とうとう黒を白と言い包めちゃいましたね、酢が官房長官。この人物甘みもコクも人間味もなくただ酸っぱいだけ。定例記者会見じゃ東京新聞の某女史に遣り込まれて一時タジタジでしたけどね。最近は質問を避けているというもっぱらの噂です。
 ところで閣議決定で重要法案を決めちゃうって、どんだけ国会を軽視してるんだろうか。本来有事法制が、憲法や関連法案に違反するかどうかから国会の場に於いて十分な審議しなければならないのに、それじゃ会期中に成立しないからと閣僚だけで合憲判断して、それを論拠に強行突破を図ったのが、この有事法制成立の真相なのです。だから野党も国民も審議が十分に尽くされていないと思っているのです。

 そもそも国民が選び政治行為を負託した、代議員による国会の審議を経ずして、閣議で勝手に決定してしまうというのは、民主主義の根幹に関わる大問題なんですよ。我々は自分たちが信用おけると思う議員や政党に政治行為を負託しているんです。その大前提を無視して、閣僚だけで、重要な法律を決めることなど信義にもとる行為であり、けしてあってはならない行為なんです。そのことが何故看過されるのか、野党議員が身体を張って、それこそ政治生命を賭けてでも何故阻止しなかったのか、わたしには到底理解できませんね。何しろ民主主義の根幹が揺るがされたのですよ。与野党とも、国民が負託している国会を軽視すること甚だしい。これこそ言語道断です。
 そして、この有事法制成立の際も、国民や野党の批判に対し、今後も丁寧な説明をすると彼の方は明言したんです。でもその後今に至るまで何ひとつ納得のいく説明をして来なかったのは明白です。本当にこの人典型的な「口舌の徒」ですよ。防衛省は本当に国民を守ってくれる組織なのですか。日報すらまともに管理できず、国民の前で事実を隠す官庁が本当に国民一人一人を守ってくれますか。中東で現政権は何をしましたか。自己責任というお題目を大上段に翳して、少なからぬ日本人を見捨て死に至らしめたのは今の政府、つまり現政権なのですよ。そんな現政権が私たちを本当に守ってくれるのでしょうか。
 結論は『否』です。中東でISに殺害された日本人同様、棄民されるのがオチです。この国の宰相は、日本人がISに拉致されているまさにその時に、何とその中東を歴訪して世界に向かって、「ISなどのテロに屈しない」と宣言したのですよ。
 言っていることは一見まともに思えますが、わたしに言わせれば阿呆以外の何ものでもないです。他の国のリーダーとか政府なら、そういう状況でそんなことを宣言するというような、愚かなことはけして致しません。日本以外の欧米諸国は、たとえそれがたった一人の自国民であろうと、最後まで自国民を見捨てたりはしませんよ。最後の最後まで、それこそ表立った外交手段だけでなく、その他尽くせるだけ、ありとあらゆる手段を用いて自国民を救助しようと必死になる筈です。自国民を見捨てたら国民の信を失うだけでなく下手をすれば弾劾されかねませんからね。
 でもこの国の宰相率いる政府はそれをしたのです。国民の生命が今まさに脅(おびや)かされているというのに「自己責任」などという、その場では絶対使ってはいけない言葉を使って、自国民を切り捨てたのです。ですから、あれはISが殺害したんじゃありません。日本政府が自国民をむざむざ見殺しにしたんです。でもそうしたのは何故だか分かりますか。日本にはそれを許す土壌があるからです。日本人はその点甘いんです。世界の常識を知らな過ぎます。国民の皆さんはけしてそれを忘れないで下さい。



艦首菊紋章.jpg



 この様に、全てにおいてこの国の宰相は国民の信や負託に応えられるとは到底思えません。欺されちゃいけませんよ。経済は自民党政権になったから良くなったんじゃありません。皆さんが失望した民〇党が政権を取った時に実施、もしくは種を播いた施策が、自〇党政権時代になってようやく花開き効果を上げたに過ぎないのです。その根幹となる消費増税は自〇党が種を播いた事じゃありません。それを為したのは
皆さんが失望した野〇佳彦総理時代の民〇党ですよ。
 確かに野〇さんは顔がデカい割に肩幅無いし、ニキビの痕が残って夏ミカンみたいでルックスはお世辞にも良いとは言えないけれど、誠実さという点に於いては一見見栄えの良い安〇晋三現総理など足下にも及びませんよ。政治理念だって確としたもの持っておられた筈。でも前の二人の総理の体たらくの煽りを受けて、議席数も減らし思うように行かない。消費税増税を信念を持って遣り遂げましたが、国民の信は得られなかった。本当は政権を譲るのは断腸の思いであったと思いますよ。そしてその消費税の段階的運用で、安〇総理は野〇元総理を平気で裏切った訳ですね。絶対予定通り増税する。それが増税を自民党と協議、国会で可決した経緯であった筈です。つまり、政権委譲の条件にした増税の時期を自〇党の都合の良いように勝手に理屈を付けて約束を反故にした訳です。つまり
安〇総理は元総理に嘘をついて政権を握ったのです。遅かれ早かれ自〇党の政権になるのは誰でも知っていました。増税する経済状況でなかったかも知れません。しかし、これって人として信をおける行動だったのだろうか。人と人とが面と面を突き合わせてした政治的約束をそんなに簡単に破っていいの。少なくとも安〇総理は増税延期を決定する前に、野〇さんに一言も相談も了解も取っていませんよ。約束を違える時は誠意を以て相手に説明して了解を得るのが人に対する礼儀というものでしょう。それが出来ない人が「日本を、取り戻す」、「美しい日本」を唱えることの笑止。呆れてものも言えません。
 この様に一旦交わした政党間の約束を反故にするって、一体どういう神経をしているのだろう。その上、アベノミクスの実体なんて他人のふんどしで相撲を取ってるようなものです。丁度、レーガノミクスが一代置いた後のクリントンの時代にようやく花が開いたようにね。

 一方で自〇党がした事と言えば、年金積立金管理運用独立行政法人(略してGPIF)の裁量を大幅に増やし、年金資金をどんどん株式市場に投入するのを可能にした法律を作ったという事です。株価が暴落したら年金が消えるリスクを高めちゃいましたね。でも大量の資金を株式市場に投入できますから株価操作も容易に出来ちゃいますよね。だから株価が高値で推移するように運用すれば年金は増えます。でもこれって恐ろしいことですよね。株式相場ってハッキリ言って博打です。常に2万円台半ばを推移すれば年金資金は微増しますが、時に2万円を割り込むことだってあります。
 それに北朝鮮やトランプ政権などの不安定要素が市場にマイナスに働けば株価がどうなるか分かったもんじゃありません。為替相場然り。トランプ大統領が北に対し軍事力を行使しない保証など何処にもないし、北は北でミサイルを発射して日本の国土や領海にもし落ちたとしたら、たぶん株価は一気に暴落しますよ。そして間違いなく円買いに諸外国は走ります。ドル高には多分なりません。相場や株式の常識に反しているとお思いでしょうが、実際にはそうなるんです。これも予言しておきます。
 株価に限っていえば、弾頭が核爆弾だったり、サリンなどの化学兵器だったら殆ど致命的だと思います。もう1929年に始まった世界大恐慌並みの株価暴落です。もしかしたらこれを契機にまたぞろ世界的な株式市場暴落による大恐慌が始まるかも知れません。つまり日本がその引き金になる訳です。もしそうなればオリンピックは中止されるは、外国からの観光客は途絶えるは、輸出産業は大打撃を受けるはで、政府の目論見は完全に崩壊します。
 正直言って自民党政権なんて崩壊しても痛くも痒くもありませんが、日本経済が崩壊したら日本国民は餓死するしかないです。金持ちは外国に逃亡することも可能でしょうが、庶民であるわたしらは座して死を待つしかなくなってしまいます。
 と言う訳でGPIFがそこまで読んで資産を運用してるのかあやしいもんです。だから一喜一憂するなというのは詭弁です。だってリスクが有栖ぎ宮ですねん。

 ここまで書くと、「北朝鮮がミサイル攻撃してくる訳がない。あり得ないことを前提にしているのだからこの考えは妄想だ」と言う人が現れるかもしれませんね。過去にそういう輩が拙ブログのコメント欄に、攻撃的長文を書き込んだ事が何度もあるので容易にその想像はつきます。でもね、日本が相手にしている北朝鮮という国家は、正論も常識も全く通じない独裁国家なのです。いままで世界中のどの機関、どの専門家だって、北朝鮮の動向をピタリと当てたことなど一度もありません。ましてや金正恩の頭の中まで分析できる人間なんてこの地球上には誰一人いないと思います。歴史にもしもがないように、絶対もありません。少しでも可能性としてあることは、絶対起きないなどとはいえないのが現実なのです。そしてそれが歴史そのものなのです。自分たちを破滅に追い込む所業を、金正恩が遣る訳がないなどと思っている脳天気野郎は、与野党やジャーナリスト、はたまた国際政治の専門家も含めて、一切TVの前に出ないで下さい。百害あって一利無しです。
 またまた脱線しましたね。元に戻します。
 それから長引く
マイナス金利政策ももう破綻し掛かっていますね。考えてみて下さい。預金してどれくらいの金利が付いてきましたか。わたしが思うに、たぶん平均的貯蓄高の所帯でも数十円の金利しか付きませんね。一千万台の預貯金額でもおそらく金利は三桁行きませんよ。これでは益々国民消費は冷え込みますね。銀行も貸し渋りも直りません。これが何を意味するのかと言えば、「アベノミクス」なんてものはろくでもない経済施策だということであり、とっくに破綻してるって事なんです。
 あのね、それだけじゃないんだな。「株式市場の動向で一喜一憂するな」などと平気で酢が官房長官が言ってますが、本当にそうなんでしょうか。もしかして、そう言えるのは自分の金じゃないから平気でなことが言えるんじゃないだろうか。これまで官僚も政治家も自分の金じゃないから、平気で馬鹿みたいな制度を作って税金や年金を湯水のように浪費して目減りさせて来たんです。年金制度改悪だけじゃなくて、自〇党政治の中で、これまでどれだけ国民の財産を無駄遣いしましたか。箱物行政の失敗は「かんぽの宿」だけじゃありませんよ。この国の為政者と高級官僚は庶民感覚から乖離したとんでもない輩がウヨウヨしている。だから、まともな施策も法律も作れはしないのです。介護行政はしっちゃかめっちゃかだし、銀行の審査が厳しくなったのは、となりのお姉さんで一世を風靡した女優を妻にした、ボンボン後〇田二世議員が、とんでもない法律を作っちゃったからで、その所為で貧乏人は新たなローンも組めないし、それで多重債務者が増え、そんでも以て結果的に自己破産者はうなぎ登りだし、有事法制だとか共謀罪の成立を優先させ、働き盛りの労働者の生活に直結する派遣業法の見直し等が遅れ、非正規雇用者は将来も見えず暗雲が垂れ籠め、先行きはまったく見通せないはで、お先真っ暗状態ですわ。
 非正規雇用の年収でどうやって子どもを育てたらいいんだい。これで日本の出生率を上げることなど出来るんかい。ふざけるなと言いたいね。アベノミクスで、まず大企業から恩恵を受けさせ、それから国民の隅々まで恩恵を受けるようにするだってぇ。アベノミクスもう何年目だよ。一体いつになったら下々の者が恩恵に預かれるんだい。答えてくれよ。え、それともまた籠池・加計問題みたいにシラを切ったり誤魔化すんかい。



船外風景.jpg




 あ、普段冷静沈着で上品なわたしとした事が・・・。

 わたしは思うんだけれど、国民の安心感や幸福感は戦後最低のレベルに達していると筈です。
 世論調査で「今あなたは幸せですか。そしてそれは政治の在り方や経済施策によってもたらされたものと感じていますか」という質問をしてみればいい。たぶん相当の確率で「そうは思わない」「どちらかといえばそうは思わない」という回答が大半を占めるだろうと思います。「そう思う」は確実に10%を切ると思います。5%もあやしいくらいです。「どちらともいえない」などとは国民の殆どが回答しないでしょう。
 話を元に戻しますが、右肩下がりに国民の資産や預貯金は減り続け、将来への不安感は増幅するばかりです。このままの経済施策が続けられればやがて日本は崩壊するでしょう。今までまともな経済施策を行って来なかった自〇党のツケを、わたし達は否応なしに今後払わされる訳です。
 わたしは思うのですが、すべてのはじまりは第二次安倍内閣が衆院選で大勝した後の参院選にあると思うのです。あの時『ねじれ解消』で自民党に正常な国会運営を任せてくれなどという口車に乗って、自〇党に選挙民の過半が投票した結果が今の状況を招いているんです。過半どころか、その後衆参ともに議席の2/3を与党が占める様な独裁政治の温床を、あの時以降国民の過半
が選択してしまったが事が今に繋がっているんです。改憲論議も誰に憚ることなく大手を振って出来るようになった。提出する法案は十分な審議など経ずに圧倒的多数の評決で思うがまま。あのね自〇党に欺されたとはいえ、投票した人は少しは反省して下さいね。
 それだけじゃないですよ。皆さん目を醒まして下さいね。ご存じのように、(問題はあるにしても)、それまで総理みずからが素晴らしい教育者だとしていた籠池氏を、自分の為にならないとなればサッサと切り捨て、知らぬ存ぜぬを決め込んだのは一体誰ですか。加計問題にしても『李下に冠を正さず』と冒頭に言って置きながら、疑いを今以て晴らしていないお人は誰ですか。わたしなら李下に冠を正さずというなら、加計学園への特区申請認可を白紙に戻しますよ。それだけではありません。もし刎頸の友であるというのならば、設置を断念するよう勧告したはずです。何しろ国民の信が得られないのですから当然のことなのですよ。ところがそうはしなかった。
 それどころか、自民党の国対委員長、現在はその論功行賞で総務会長を務めている竹〇亘議員は、「説明責任は既に果たされている」とあの閉会中審議のあとで厚顔無恥にも言い放ちましたね。国民に対して説明責任を果たさないで、逆に開き直ったんです。それを皆さん絶対に忘れないで下さい。
 くれぐれも次の国政選挙で『忘れやすい国民性』などというものを発揮しないで下さいね。

 わたしは思うのです。自衛隊員の一人一人がたとえ良識ある責任感の強い人達であったとしても、トップが誤った判断や指示をしたら、それに異を唱える事は出来ず、命令に従わざるを得ないのが現実の自衛隊員なのです。これがどういうことなのか本当に理解していますか。

 もし現米国大統領の様な不確定要素の多い人物が、日本の隣国の挑発に乗って戦端を開けば、有事法制によって日本は否応なく戦渦に巻き込まれます。そしてそうなれば、ほぼ確実に日本は、広島・長崎に引き続いて三度も、核の惨禍を経験した地球上でただ一つの国家、そして民族となるでしょう。皆さんはそれを良しとなされるのでしょうか。冷静に見てもわたしはそれに危機感を感じざるを得ません。そうなったら三年後が楽しみなどと言っている東京オリンピックは跡形もなく雲散霧消してしまうでしょう。放射能に汚染された日本にわざわざ来る外国人などいないのですからね。2020年迄に外国からの観光客4000万人、2030年に6000万人が目標ですって。馬鹿を言っちゃぁいけねえよ。プルトニウムの放射能半減期は2万4000年だよ。チェルノブイリは未だ人が住めない広大な地域が存在しているんだよ。北朝鮮がまずミサイル攻撃をするのはグアム島やアメリカ本土じゃなくて、横須賀基地だと言っているのを知らん振りするんですか。本当にこの現状が分かっているんですかアベ・マリアじゃなかったア〇ソーリ。



三笠艦首を望む.jpg





 てな訳で現実に皆様が目を見開かれたと仮定して、ここで話を元に戻しましょうね


 それにしても世界の人々も極東の現状と事実を知らな過ぎます。


 日本人と中国人と朝鮮人は全く異なる民族であり、それぞれ相容れぬ部分を持った歴史的背景を持っています。そしてそれが一朝一夕で関係が改善されたり、修復される事などけしてあり得ないのです。特に韓国の人々に関しては千年経っても理解し得ない部分は必ず残るのだろうと思います。何故ならそれは、相手が日本人の様な寛容や和を旨とする民族ではなく、尋常ならざる「怨恨の民」だからです。それはまるでDNAに日本人に対する「怨恨」という遺伝子が組み込まれているかの如くです。南北問わず、虚栄の民である朝鮮半島の人々は押しなべてそうといえるでしょう。何しろ前大統領が公式の場で日本を名指しして「千年恨」などという信じ難い発言をしただけでなく、それを熱狂的に支持するお国柄ですから。そして条約や約束を平気で反故にするように、その大統領さえも弾劾してしまう。考えてみて下さい。韓国歴代大統領で、まともな死に方や政界からの去り方をした人物は数えるほどしかいません。それを以てしても推して知るべしです。北は語らずとも皆知っての通りです。
 ところで秀吉の朝鮮出兵の頃の李氏朝鮮って中国の属国でしょう。一つの国家としては認めて貰えない歴史を、長い間辿ってきた朝鮮の人々の抑圧された感情の裏返しですね。その反動で第二次世界大戦後有史以来初めて独立国家になったのを機に「俺たちはこんなに凄いんだぞ」という自慢話(ウリジナル)をねつ造して、その屈折した願望を満たしたいのでしょうね。まさに劣等感の裏返しです。
 それが証拠に、わざわざ日本語で「世界四大海戦」なるホームページまで作っているのは笑止千万です。本当に眉唾物ですね。何しろ、欧米でも数ある海戦の中で一番評価が高い日本海海戦がそのホームページには載っていないんですから。そんな世界四大海戦っていったいなんなのだろう。秀吉の正規軍が出て来ると勝てなかった事実を見ればお里が知れます。そこまで強かったというなら豊臣秀吉の水軍を壊滅もしくは戦闘不能にさせてから云って欲しかったですね。何しろ釜山にいた日本の本体である水軍は最後まで健在だったし、史実上も李舜臣の水軍を撃退していますから。
 歴史に「もしも」はないとは云いますが、もし瀬戸内海の激しい潮流で鍛えられた村上水軍が出て来ていたとしたら朝鮮の船は全滅させられていたでしょう、朝鮮だけでなく中国も含めて当時、世界のどの艦船でも村上水軍には勝てなかったでしょうね。何しろ東南アジア諸国にまで恐れられていた悪名高い『倭寇』そのものですから。
 まあ余談はさておいて、客観的にかつ公平に歴史を顧みれば、秀吉の日本が朝鮮半島から撤退した真の原因は、その秀吉の死と兵站が切れて戦闘不能になったからに他なりません。朝鮮の水軍が強かったからでも兵隊が精強だったからでもないのです。
 某国の人々がそこまで主張されたいのであれば、そもそも何故その時の海将である李舜臣は、その後一兵卒に落とされたり、不遇の生涯を送らなければならなかったのでしょう。英雄でしょう。だったらどうしてそれにふさわしく遇してあげなかったのでしょうか。二十一世紀にもなって、今更英雄に祭り上げられても十六世紀に生きていた李舜臣も浮かばれないでしょう。もしかして、李氏朝鮮はそれほどケツ目途が小さかった訳? それとも、大らかさがないというか寛容性の根本的欠如と、劣等感に由来するカッと来やすい性質は朝鮮民族の民族性?
 サッカーの日本との国際試合でも、ドイツとの一戦も、ソウルオリンピックのボクシングの試合でも、こぞってアンフェアな行為をしたのは記憶に新しいところです。冷静さを欠く民族を好ましいと思う人々など世界中のどこを探しても居ないと思います。むしろ蔑まれ敬遠されるのがオチでしょう。そしていずれ世界中から嫌われ疎まれる事になる。ベトナム戦争当時、韓国軍が彼の地で何をやったのか明らかになれば、世界はきっと怖気を振るい嫌悪する事になるでしょうね。ベトナムの人々は今でもそれを忘れていませんよ。
 少なくとも後からこじつけで歴史を歪曲するのは止めましょう。「閔妃」といい「安重根」といい、「従軍慰安婦」といい、つくづく「作り話」がお好きな民族&国家だと思います。
 日本が悪くないとは云いません。慰安婦という存在と制度や仕組みがあったのは隠しようのない事実です。ですが、韓国では少なくとも日本から独立した後も慰安婦という職業は存在していたし、キーセンなどと称した公娼がソウルオリンピックの前までは大手を振って外貨獲得のために身体を張って働いていたのは事実です。昭和五十年代までは日本のオッサン方が大挙してソウルを訪れ、キーセンパーティーなる実質的買春行為をしていたのは隠しようのない事実です。新羅ホテルの前にチマチョゴリを着た「慰安婦」の乗った観光バスが、それこそ何十台も連日乗り着けて、高度成長期の奢った日本人の恥を知らないオッサンたちの性欲を満たしていたのは紛れもない事実です。わたしは実際そんな先輩を何人も見てきました。日本人として恥ずかしくないのかと思いましたよ。それと同時に大っぴらに売春を組織的に行うなんて韓国っていうところは何という後進国なのだろうとも思いましたよ。これを歴代韓国政府も看過して来たのです。それを今更のように綺麗事を云ったり、都合の悪い史実や事実を隠し、自分たちの作り上げた都合の悪い現実を、一方的に相手の所為にするのは止めて欲しいですね。
 河野談話の背景と経緯からしても疑念だらけです。日本陸軍の関与はあったと思いますが、拉致や強制連行を指示したことなど無いと思います。それを彼の国は、日本の軍隊がそれを強制的に行ったなどと大々的に喧伝し日本を陥れようとしたのです。それの手にまんまと乗せられたのが、時の政府と河〇洋平という人なのだわたしは思っています。
 日本政府はそれ以降、政権が変わっても河野談話を踏襲していますが、歴代韓国政府は大統領が替わる度に約束を反故にするし終始一貫性がない。一貫しているのはただ一点のみ。事実を歪曲してまでも相手に強要して何度も何度も謝罪を迫るというのがそれですが、国家間の合意を反故にし蒸し返す事の一体何処に主張の正当性があるのでしょう。慰安婦だったという人達が、日本の軍隊に拉致されたり欺されたという事実の確認無しに、そんな韓国政府作成の談話をそのまま修正もなしに公表した日本の愚かな為政者がいた。そしてそれが既定の事実として世界に是認されてしまった。それを真に受けた日本人も愚かだと思います。
 でもね、この嘘をまことしやかに吹聴し、それ以来事ある毎に蒸し返して、際限なく謝罪の要求を繰り返すその一点においても、朝鮮の人々はアンフェアであり卑怯であり、陰険で偏執的で、始末に負えません。それではただ日本人の反感を買うだけだと思うのです。少なくとも日本人の良識からすればそれはあり得ない事です。それこそ『韓国人よ恥を知れ』です。
 でもね、韓国人がこれからも同じ事に対して何度も謝罪を求めてくることは火を見るよりも明らか。譲歩したらそれでお終いです。それを理由に更に難癖をつけてまた謝罪を求める。この繰り返しが永遠に続く。断言、いや予言しておきます。何しろ彼の民族の身体の中のミトコンドリアにまで、怨念という遺伝子は組み込まれているのですから。
 ヲイヲイ、先の条約を撤回するだって。文在寅(ムン・ジェイン)さん、本当にそれが正しいと思ってるの? 条約を履行しなかったら国際社会から見放されるよ。国民の過半が納得していないという事を最大の理由にしてるけど、納得する納得しないが一番大事なのか!
 それを納得させるのが韓国政府の役目だろう。それもこれも国民に間違ったメッセージをこの72年間ずっと送り続けてきたツケだろう。だったら、この際正しい歴史認識なるものを教えてあげなさいよ。世の中は韓国中心に廻ってるんじゃないって事をね。ウリジナルならぬフェイコリァ
はもう破綻寸前だよ。
フェイコリャとは「嘘」若しくは「偽物」をあらわすフェイクと朝鮮人「コリア」を掛け合わせたU3的造語)

 そうは言ってもわたしが思うに、事実を真っ正面から捉えないのは、日本国民も韓国の人々も背景は異なるにしても同じです。日本人は出来れば疚しい過去には触れずいっそ有耶無耶に済ませたい。一方の韓国や朝鮮半島の人々は、自分たちの虚栄心を満たす為に事実を歪曲してまで相手を屈服させようと躍起。わたしに云わせればどっちもどっち、お互い相手を非難する正当性など何処にもありません。わたしはそれでも敢えて言うけどね。



戦艦らしいアングル.jpg

 

 本題に戻ります。

 日本海海戦が何故欧米でも高く評価されているかといえば、これほど完璧な勝利は現在に至るまで他には一つもないからです。それほど聯合艦隊司令長官である東郷平八郎大将の胆力とそれを支えた秋山眞之(さねゆき)作戦参謀(当時は中佐)のフレキシブルな作戦が素晴らしかったという事でしょう。当初は黄海海戦において試した丁字戦法を改善してバルチック艦隊に当たろうと考えましたが、その作戦は当日の荒天で使えなくなってしまう。しかし、秋山参謀のたゆまぬ研究とバルチック艦隊をつぶさに研究した成果でしょう。当日の天候から判断して急遽作戦を変更し、当時世界の誰も考えつかなかった『敵前順次回頭』という、バルチック艦隊の意表を突く作戦が功を奏し、世界をも驚愕せしめる大戦果を上げたのです。本当にこれほど一方的な勝利は有史以来、日本海海戦を措いて他にはあり得ないのです。

 詳細は『日本海海戦ーWikipedia』に載っていますので興味がある方はご覧になって下さい。

 日本海海戦でほぼ完璧な勝利を収めた旗艦三笠は、しかしその後は数奇な運命を辿ります。ですがそのことは割愛したいと思います。
 わたしがここで論じたいのは、『日本海海戦の意味と意義』についてです。わたしが細君と一緒に訪れた、横須賀の三笠公園で思い浮かべたのは、司馬遼太郎の『坂の上の雲』に書かれた様々なシーンですが、明治以来の日本史における日本海海戦の意味と意義は、日本という極東の島国にとって、昭和の太平洋戦争以上に大きなものだったのではないかということです。

 国運を賭けるという尋常ならざる感覚と、日本人の命運を握るという切羽詰まった、一種悲壮な想いを日本人全体が初めて共有した出来事が、シベリア派兵や旅順攻撃に続く、最大の山場であった日本海海戦だったと思うのです。



皇国の興廃この一戦にあり.jpg

 

『本日天気晴朗ナレド波高シ。皇国ノ興廃此ノ一戦ニ在リ。各員一層奮励努力セヨ』
 原文は旧字体漢文です。これは誰もが知っている読み下し文。

 東郷平八郎がZ旗によって発信したこの余りにも有名な文章は、参謀秋山真之の手になる名文ですが、いつ読んでも何度読んでも、何故こうも日本人の心に訴え掛けて来るものがあるのでしょうか。わたしが思うに、それは戦争に反対する人々の心にも切々と迫る「日本人の魂」がこの一文に込められていたからではないでしょうか。ナショナリズムなどこれっぽちもないわたしですが、そのわたしでもこの言葉には心動かされるものがあります。些か文章には拘りを持つ、わたしならではのことかも知れませんがそう思います。
 この短い文章が日本人の心にこうも響いて来るのは、思うに、いわゆる『大和魂』の為せる技だと思います。何ものにも屈しない。何ものにも犯されない。何事にも動じない不退転の決意と魂。それを初めて日本人一人一人が共有し、日本という国家と国民全体が一つになって、この聯合艦隊の兵員になったかの如く心を一つにして、この一戦に臨んだエポック・メーキングな出来事だったと思うのです。

 多分日本海海戦以前の日本人と海戦以後の日本人とでは、その心の持ちようとか在り方が、相当といおうか、全く変わってしまったのではないかと思うのです。ここで日本人のアイデンティティはおそらく二通りに分かれたのではないかとわたしは思うのですね。
 簡単にいってしまえば、これを機に奢り昂ぶった日本人と、尚一層謙虚になった日本人と。
 分かりますかね。歴史を顧みるとその転換期と呼べる出来事が世界のどの国にも存在するんですね。そしてその機を生かすも、その機を逃すもその時代の機運を、その国の人達がどう捉えるかなのだと思います。

 それを思うと残念ながら、日本海海戦の圧倒的勝利によって、日本人が世界の中で目覚める大事な時をその過半が見失ってしまった。または看過してしまった。そしてそのツケをそれから百十二年経った今も後世の日本人は払わされている。

 そう云えるのではないかと思うのです。


 YOKOSUKA STORY(後編)



さらば東郷平八郎.jpg

 


//////////////////////////////////////////////////////


 ところで、<前編>のコメント欄で何点か質問というか問い掛けがありましたのでお答えしたいと思います。

 横須賀出身のチャーさんの『ヨコスカネイビーバーガー』が当時はなかったとのお話ですが、現在はその他にもチャーさんの知らないグルメがあります。それは『ヨコスカチェリーチーズケーキ』です。『よこすか海軍カレー』も加えて観光マップやパンフにはこの三つを横須賀三大グルメとして売り出しているようです。皆様どうでしょう。横須賀市の観光パンフの様に有名なものを三つ並べるのが正しい表記の仕方というものです、四大〇〇なんぞという何処ぞの民族の様にこじつけるのは邪道と云うべきでしょう。まあ云っても治らないでしょうけど。

 それから、こじろうさんの、「海軍カレー」がCOCO壱番屋なら名古屋にもあるのかという疑問ですが、たぶん無いと思います。「よこすか海軍カレー」は横須賀市の観光協会か何らかの横須賀の団体が認定しているとのことです。そこで、横須賀にある三店のCOCO壱番屋では認証を受けたつまり「公認」され『よこすか海軍カレー』を名乗れるようになったという事のようです。ご理解頂けましたでしょうか。

 タカタカさんの質問にお答えします。銀塩カメラ時代の写真歴は長いですが、デジタルの時代になってからはコンデジで済ませています。四台目ですね。でも余りこだわりはないんです。ちなみに最近の写真はみなiPhoneで撮ったものでデジカメは殆ど使いません。重い機材を持って構図を決めてパシャリと撮るのはもう体力的にも気力的にも無理です。他のブロガーの皆さんの素晴らしい写真に比べるべくもなく、また張り合う気も更々ありません。拙ブログはあくまでも文章主体のブログですので悪しからず。

 kikiさんへ。その他にもおみやげや何かを買おうとして、予想外にお値段が高かった場合に使えるフレーズもお伝えします。「オウ、ベリーエクスペンシブ、トッテーモ高杉晋作ネ」という少し長いフレーズ。二年前の中欧歴訪ツアーでチェコに行った時に実際に使ってバカ受けでしたわ・・・使ってみますぅ(笑)



行く夏を惜しむ.jpg




//////////////////////////////////////////////////////////////
 
 なお、今回に限りコメント欄は「承認後表示」という設定に変えました。
 政治やナショナリズムに関わる記述をすると必ず迷惑行為を働く輩が現れますからね。これは自衛手段です。実は
「承認後表示」という設定にするのは初めてなんです。悪しからず。
 本来であればこの記事を読んでご自分の率直な意見を述べることをわたしは禁じませんし、頂いたコメントを削除することも原則しておりません。たとえ自分に不利になる事柄であったとしてもです。ですが小生もしくは、拙ブログを訪問して下さった他のブロガーの悪口や誹謗中傷に及んだ場合は、容赦なく対抗措置を執ることを排除しません。その他ソネブロ規約の<禁止事項>に該当する行為を拙ブログ内で行った場合も同様です。
 小生はご存じの方もおられると存じますが、やる時は徹底してやります。特に他人に対して悪意ある人物はけして許しません。ソネブロ事務局を通して警告を発することもあります。そして、コメントの内容が法律に触れると判断された場合には、警告だけで終わらないこともあり得ます。
 自由な発言はケジメのある者のみに許される権利です。要するに良識ある範囲で、節度を持って楽しんで下さいということに尽きます。

 拙ブログは、皆さんに楽しんで頂くのと同時に、様々なことを考えて頂くのを目的として平成17年に開設したブログです。そして今もその方針は変わっていません。
 
////////////////////////////////////////////

 < 2017.09.12.14:51 緊急追記 >

 倍内閣の支持率がNHKの世論調査で44%まで回復しました。しかしこれは積極的に支持した結果ではないとわたしは分析しています。安倍政権発足以来、閣僚の不祥事とか政権の危機が数々あった中で、支持率をその後何故か回復したのとまったく同じ構図があったということでしょう。
 まり毎度の「敵失」です。そしてその敵失の正体が毎度同じ「民進党」のゴタゴタという訳です。信用ならない現政権ですが、他に受け皿がなければ政権党以外の政党に一票を入れられないですよね。世論調査で安部政権を支持した人達をわたし達も批判できないです。何しろそれを解決する答えを、提示できていないんですから。
 進党、もう駄目だろうなこの政党。ずっと国民の期待を裏切り続けて来たからね。党首も代わり映えしないし、内紛、ゴシップ、相次ぐ離党騒ぎ。学習効果のないどうしようもない人達。出て行った人達にも期待はない。
 たし達は一体誰に、どの政党を支持し、次の国政選挙で一票を投じれば良いのだろう
 ころで、<ファルコ84さん>の最新記事に依れば、北の脅威を口実に自民党内部で、アメリカの核の傘に頼りきりで良いのかとか、中距離弾道ミサイルや巡航ミサイルを日本も持つべきだという議論が大っぴらになされているとの事です。これすなわち核兵器を日本が持つことを本気で議論しているってことですよね。
 れを見る限り日本は今、平和国家を離れ戦争する国へと大きく舵を切るという、まさに崖っぷちに立たされているんだなと痛感した次第です。まさに戦争か平和かの岐路ですね。こんな事を書くと、「核兵器を持ったから戦争するというのは短絡的発想だ」などと右寄りの人は揶揄するんでしょうね。でもね、核兵器保有を是としたり、核の傘に守って貰うことを肯定する人々が、本当に平和を考えているとはとても思えないんですね。確かに現在の状況を正しく認識することは必要でしょう。日本に危機が迫っているという認識も当然あります。ですが安易に人類を滅亡に導く核を保有しようなどとは努々考え召されるな。核兵器無しにどうしたらわたし達を他国からの核の脅威から守って行くかを考えるべきなのです。難しいことだと思います。ですが安易な道を選択するのは破滅の道に向かう事だと確信しています。だからわたしは核兵器保有論などというものには耳も貸しはしません。わたしは宣言します。
 核兵器は誰が何と言おうと”絶対悪”です』
 破さん、高村さん、河井総裁外交特別補佐、管官房長官。皆危うい人達です。危機感を煽り、国防を考えないのは「非国民」か「愚か者」かのような扱い。
 本は断じて核兵器を持つべきではないと思います。
 と人とが殺し合う世界を想い描いて下さい。
 なたはそれに加わりたいと思いますか。
 日本の前途には暗雲が垂れ込めている。そう感じます。

 ※とんでもない間違いがあったので17:00これを訂正しました。訂正は以下の通りです。

破」は誤記で、正しくは「破」です。共産党の元書記長じゃないです。
大変失礼しました。

 みに、石破茂氏は恐い政治家です。「勇気と真心を持って真実を語る」これをポリシーとなされているそうで、この言葉通り一見説得力のある話し方をするので皆思わず引き込まれてしまいます。しかし防衛力もしくは戦争抑止力として、核兵器の保有を選択した時点でこの人の言葉と信念は疑わしくなるでしょう。核保有以外の選択肢を模索しながら国民の安全を押し進める人でなければ私は信用おける人物とはとても思えないのです。
 の点石破氏の対極にあると思われる人物が同じ政権党の中心にいます。現首相ですね。
 倍総理大臣は一旦口に出したことを、消費税増税時期とかその場その場で都合の良いように姑息に変えながら国民の歓心を買い、有事法制とか、共謀罪を十分な審議を経ないで「国会の審議に委ねる」などという詭弁を使って数の論理で強引に成立させた。そうして、国民を軽視し欺し続けて来た張本人です。そして都合の悪いことを指摘されると居直ったように声高に相手を罵り開き直る。
 すが、だからといって「安倍首相と同じ自民党に党籍を置く石破氏を信用する訳にはいかない」というのが私の立場です。結局自民党という政党にたむろする同じ穴の狢だからです。ちなみに石破氏は信念ある人と皆さんお思いでしょうが、一旦発言したことを過去に於いて修正撤回したことは何度もある政治家です。その点他の自民党議員や過去の閣僚と何ら変わりはありません。
<2017.09.13.08:21>
「それを見る限り・・・」から上記文末「・・・変わりはありません」まで一部文章修正

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<2017.09.13.08:24 下記文面追加記入>
 皆さん忘れないで下さい。自民党は核兵器を持つことも選択肢の一つとして検討しています。これは自衛とか防衛の検討ではありません。戦争が出来る国にするための検討です。私がこんな自民党の姑息な遣り方を赦せないのは、北の脅威にかこつけて世界で唯一の被爆国であるという原点から遠のき、被爆者をそして平和を愛する国民の願いを蔑ろにしていることです。どんなことがあろうと核兵器だけは日本は絶対持つべきではない。その信念と前提がなければ、どんな政党であろうと、どんな人々であろうと日本の防衛を語る資格はない。
 


nice!(401)  コメント(41) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 401

コメント 41

八犬伝

仰る通りですね。
この政権は、史上最低の政権で
嘘、偽り、悪意を持った故意、開き直り
あげればきりが、ないほどの悪政です。

国民の為に、一刻も早く
引き摺り下ろさなければなりません。
by 八犬伝 (2017-09-10 21:36) 

なかちゃん

当時の民主党に、裏技を使うという経験が不足していたのかな?などと思ったことがありました。
小〇一郎を追い出さずに残しておけば、違う知恵がもしかしたら…程度ですが(^^;
現政権が説明責任を果たしているとは誰も思っていないと思います。
選挙になったらちゃんとそのことを思い出してほしいですね(^^)

by なかちゃん (2017-09-11 11:53) 

hatumi30331

危うい政権・・・・
不安しか無いです!
どうなって行くのか・・・・
日本を本気で考えくれる政治家・・・・
どこかにいると思うんやけどなあ〜

花の名前ありがとうございます。
おっしゃる通り、花屋さんでは四葉のクローバーで売ってました。
かなり元気に長く咲きます。^^
by hatumi30331 (2017-09-11 12:09) 

kiki

股下0センチのホットパンツ、気になるのは、女性の方かもしれません。
ついこの間見た人は、股下がマイナスでした?ww
つまりお尻の1/3がはみ出ていて見苦しいものでした。
思わず娘に言うと「そういうものは見てはいけません」とたしなめられましw
勘弁してほしいファッションでした。 
by kiki (2017-09-11 12:57) 

makkun

こんにちわ~
コメントありがとうございました~(^^
仰る通り、CoCoタンは引っ張り癖があります・・
飼い主が教育的指導をしてないものですから
まぁ、他人様に迷惑を掛けなければ良いかと思いまして
教室へも入れませんでしたので並んで歩く事は滅多にしません(笑)

鎌ケ谷スタジアムが出来た頃はSAKURA系の仕事をしてまして
鎌ヶ谷界隈を車で走ってましたので懐かしいです(^^♪
by makkun (2017-09-11 15:59) 

ソニックマイヅル

こんにちは。一度で良いのでプロ野球を現場で観てみたいです。^^;
by ソニックマイヅル (2017-09-11 15:59) 

たいちさん

訪れいただき、niceとコメント有難うございます。
愛犬の影響力は大きいですね。私も今、柴犬「はな」が亡くなったらと思うと、今一層触れ合いを増やそうと思っています。
by たいちさん (2017-09-11 16:30) 

KINYAN0829

こんばんは
コメントありがとうございました。
by KINYAN0829 (2017-09-11 18:09) 

侘び助

国政は老いたる私達の出る幕のない難しい時代ですね。
自分の生き方を良しとして、細々暮らす日々
色々あって暗かった時代から今は細やかな幸せな暮らしの日々
社会の恩恵と、自分の努力の積み重ねと思っています。
とんちんかんなコメントでごめんなさい<(_ _)>

by 侘び助 (2017-09-11 18:54) 

チャー

横須賀 後編 ありがとうございます
戦艦三笠の内部を見学されたのですね 子供頃父に連れられて入ったのを思い出しました
by チャー (2017-09-11 19:07) 

Take-Zee

こんばんは!
嬉しいコメントありがとうございます!
 我が町、横須賀に来ていただいたようですね。
どのお写真も毎日の散歩コースです・・

 戦艦三笠、50年も前は甲板の上には家が建っていて
とても船には見えなかったんですよ。

by Take-Zee (2017-09-11 19:07) 

johncomeback

じっくりと拝読させていただきました。
僕は7年前に23年勤務した電機メーカーを早期退職しました。
もう残された時間が少ないと実感したからです。今は仕事より
趣味(旅行・カメラ・お酒etc)を中心に生活しています。

AB総理は「戦後 レジーム」からの脱却とか言いながら
トランプの別荘に駆けつけ尻尾を振ってる駄犬ですね。
by johncomeback (2017-09-11 20:21) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

ヨコスカ近いけど、行ったことが無いですね。
一度行きたいと思ってます。
取りあえず、
ヨコスカネイビーバーガーのウェイトレスのおねえさんが気になりますね。(^▽^)
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2017-09-11 20:55) 

mamii

コメントありがとうございます。
戦艦三笠の内部一度みたいものです。

by mamii (2017-09-11 21:16) 

とまと

こんばんは
コメントありがとうございました。
横須賀ぜひ一度行ってみたいです^^
by とまと (2017-09-11 21:59) 

いっぷく

コメントありがとうございます。
やはり記事は4つぐらいに分けられたほうがいいかもしれませんね
私は1記事2000wを超えないように心がけています
by いっぷく (2017-09-12 00:10) 

REE

コメントありがとうございます。
by REE (2017-09-12 02:14) 

ゆうのすけ

いつぞや藤沢からの帰りに 近くをかすめるように車を運転しましたが
行ったこと無いけれど憧れの地ですね。
三笠公園というと 「タイガー&ドラゴン」クレイジー・ケン・バンド or 和田アキ子を思い出してしまい 横須賀というとまず第一に出て来てしまうのは 山口百恵さんでした。^^
そうそう!私も車で一時間かからない所に 日ハム鎌ヶ谷グランドがあるんですが行ったこと無かった。。。中田が来たら見に行きたいけれど まずこないだろうしね!^^;
by ゆうのすけ (2017-09-12 03:05) 

green_blue_sky

知っている花でも名前が知らないものが多いです(^▽^;)
三笠だ、横須賀、10年以上行っていないです・・・
by green_blue_sky (2017-09-12 06:50) 

青い森のヨッチン

戦艦三笠の木製甲板は美しいですねぇ。
by 青い森のヨッチン (2017-09-12 07:19) 

やおかずみ

ご訪問・コメントありがとうございました。
by やおかずみ (2017-09-12 07:32) 

まるたろう

自分も横須賀、改めて一度は訪問しないといけない場所だなと思いました。
by まるたろう (2017-09-12 23:27) 

ファルコ84

こんばんは
記事の取り上げありがとうございます。
自民は支持率の微増で改憲議論も再開させています
引き続き、安倍政治を注視しなければなりません。
by ファルコ84 (2017-09-13 00:27) 

小豆

靖国神社の土産で美味しかったのは「旗艦三笠コーヒー」でした。
カレーは勘違いでした。アイム・ソーリー。
by 小豆 (2017-09-13 01:51) 

伊閣蝶

nice!&コメント、誠にありがとうございました。
ご指摘に心より感謝申し上げます。
記事の最後の下り、心から賛同いたします。
このような危うい状況であればこそ、それをエスカレートさせない平和のための行動が肝要だと考えます。
by 伊閣蝶 (2017-09-13 12:33) 

rosemary

nice! ありがとうございました。
記事の題が「YOKOSUKA STORY」で、最初の写真が大谷翔平。
♪ これっきり、これっきり、もう、これっきりーですかー ♪

って頭に流れるのは狙い通りですよね?
昨日の試合ではスカウトが30人以上来てたとか・・・。
もう一年いて欲しいけど。ぐすん。



by rosemary (2017-09-13 15:41) 

kiki

『高杉晋作』ね〜ゥフフフ、使う機会があるかしら。
by kiki (2017-09-13 22:02) 

U3

 おはようございます。今回の『YOKOSUKA STORY(後編)』如何でしたでしょうか。どうも近隣諸国ネタと政治ネタが多くを占めていたが為に、私の本当に訴えたかった『主題』が霞んでしまったみたいですね。
 私の本当に言いたかったことは本文末尾の
『本日晴朗ナレド波高シ・・・』から、
・・・そう云えるのではないかと思うのです。迄の二十三行に凝縮しています。
 そこのところをお読み下さり、皆様一人一人がその事をじっくりお考えになって頂ければ幸いに存じます。 心を一つにしないと何事も為し得ないのですから。
by U3 (2017-09-14 08:27) 

レインボーゴブリンズ

ブログへのご訪問、ありがとうございます(^O^)/

日本人にとって一番の不幸は、自民党が長期間政権を担ってきたことです。そのため他政党は政治に対するノウハウを蓄積することが出来ず、政権交代をしても政権運営が上手くできない。結果として有権者は、選択の余地が自民党しか無くなってしまっているということです。
by レインボーゴブリンズ (2017-09-14 10:42) 

U3

 いまnice!の数は「66635」ですのであと31nice!を頂くと丁度ゾロ目の「66666」になります。
 昔オーメンという映画がありまして”666”は山犬の番号などと称し、その数字が身体に刻まれたものは悪魔の遣いもしくは悪魔そのものだいう内容だったと思います。主人公の名はダーミアンだったと思います。わたくしめ、本名はダーミアンでも、バーミヤンでも、おてもやんでもありませんが、何かにつけて験担ぎなわたし。
 ゾロ目が来るのが恐いよぉ(笑)
by U3 (2017-09-14 15:03) 

minako52

初めまして^-^。nice!をしたつもりでしてなかった(^^;。
韓国及び韓国人の記述にまったく同感いたしします。
友人にもいますが、韓国の男性の方が日本人より魅力的だとか
俳優も韓国の方が演技力があるとか言ってるのに、呆れはててます。
日本を侵食してダメにしないでいただきたいと思います。
by minako52 (2017-09-14 19:01) 

FD

>自民党は核兵器を持つことも選択肢の一つとして検討しています。これは自衛とか防衛の検討ではありません。戦争が出来る国にするための検討です。

当然 表示されないでしょうが、戦争ができる国、できない国とは何なんでしょうか?
言い換えれば、自国を守れない国と言うことでは。もし北朝鮮に譲歩して核保有国と認めてしまえば、未来永劫、日本は北朝鮮の脅しに屈することになるとは思われませんか?
経済が困窮しているので100兆円援助しろ。さもなくば3回目の被爆国にするぞ!と脅されたら、どうします。

戦争をしたがる政治家がどこに居るというの?安倍総理ですか?
もう少し世界情勢を勉強されたら如何でしょうか。認識が甘すぎます。
by FD (2017-09-14 21:48) 

U3

☆FDさんへ 一度だけコメントにお応えしましょう。
>戦争をしたがる政治家がどこに居るというの?安倍総理ですか?
もう少し世界情勢を勉強されたら如何でしょうか。認識が甘すぎます。

 果たして認識が甘いのはどなたでしょう。歴史上戦争を起こした為政者は数限りなくそれこそ星の数ほどいたし、戦争と争いの繰り返しが歴史です。そして今も世界のどこかで戦闘や内戦は起きている。
 自分はさも世界情勢が分かっておられるような書かれ様ですが、武力行使でしか自国を守れないとお考えのようではお里が知れます。
 それから仮定での話などする意味はありません。脅しはあくまで脅しです。それに脅える心こそ恥じるべきです。
by U3 (2017-09-14 22:49) 

SORI

U3さん おはようございます。
日本に戦艦が残されているとは知りませんでした。日本は100年以上前の1900年にこれほどの船を作る技術があったことをあらためて認識いたしました。1940年に進水した戦艦大和が残っていたら驚くことでしょう。

by SORI (2017-09-15 03:52) 

U3

☆SORIさんへ おはようございます。コメントありがとうございます。
 戦艦三笠は英国のヴィッカースに発注しバロー=イン=ハーネス造船所(わたしの記憶では湖水地方の西海岸にあったと思います)で1900年に進水、1902年3月に日本に引き渡されたものです。そして1905年に日本海海戦で勝利しました。従って日本で建造されたものではありません。まだ日本はそこまでの造船技術はなかったと思います。
by U3 (2017-09-15 08:26) 

U3

★★★皆さまへ★★★
 今朝7時過ぎにNHKーBSを見ていたらいきなりJアラートが鳴った。はじめ何が起こったのか分からなかったがJアラートと知り北朝鮮から6:57頃にミサイルが発射されたのを知った。破壊措置は取られなかったとのことだが、実際は破壊措置を取れなかった。つまり、迎撃出来なかったというのが真相だろう。北のミサイルに対して日本も米国も無力である。その事については以後のブログ更新の中で説明したいと考えている。
 ところで、とうとう「66666nice!」になっちゃいました。誰かnice! を一つ押して下さい。でないとオーメンになっちゃうよぉー。
by U3 (2017-09-15 08:38) 

たいへー

戦争はや~だに。
しかし、ミサイルが本土に落ちたら気運が変わる・・・
by たいへー (2017-09-15 10:16) 

ちんぐるま

子供の頃から植木等が大~い好きです♪
by ちんぐるま (2017-09-15 11:48) 

U3

★★★みなさまへ★★★
 現時点で、承認しなかったコメントは一つもありませんでした。中には記事に治して批判的なコメントもありましたが、それも削除することなく全て表示しています。
 以上です。
by U3 (2017-09-15 20:13) 

HIDEe

安倍首相の一番の功績は、「国民にこれから世の中が良くなると錯覚させたこと」と思ってます。
「骨太の方針」なんてあまりにも曖昧な言葉で国民がその気になったのは、私にはちょっと理解できなかったですね。
トリクルダウンなんて詭弁でしょ、って思ったんですが多くの人が信じてたことも驚きで。
でもまあ前向きに考えることは大切なので、少しは世の中が良くなったのかとは思いますが。
by HIDEe (2017-09-17 02:39) 

U3

☆HIDEeさんへ
 私は逆です。安倍首相の罪科は、国民に心地良い何の裏付けもない虚言の数々で、日本を良い方向に導くと幻想を抱かせたことです。世の中はどんどん悪くなっている。それを気づかせない様に時々飴を与える。そして自分で考える力をなくしてしまっている国民は、またぞろそれで幻想を抱く。これの繰り返しでここまで来ていると考えています。
 歴史を顧みても、悪名高い為政者は、はじめ善人の顔をして登場し、そして徐々にその本性を現すのです。
『悪人は善人もしくは天使の顔でわたし達の前に姿を現す』これが真実です。
by U3 (2017-09-17 06:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント