So-net無料ブログ作成

拙者、武者修行之旅ニ出ルデ御座ル。 [ご挨拶]

翼よあれが・・・.jpg

<飛行機慣れしてる人はこの雲をじっと見ていると何だか動いているような錯覚に陥ります>
 
 <危うい未来を予言する>
 
 三日後の十月十日は衆院選公示の日です。
 明日から十五日後の十月二十二日は投票日です。
 結果如何では亡国への坂道を転げ落ちるかも知れない日本の運命の日です。
 皆さん棄権しないでね。私事を優先しないで投票して下さい。
 私は急に忙しい身になってしまったので期日前投票をする予定。
 後半で選挙後の爆弾予想をしているのでご覧あれ。
 これはあり得ない未来ではない。
 そしてそれが的中したらたぶん未来は相当暗い。
 
<吾(ワレ)、此処ニ宣言セリ>

『吾、曽根風呂ノヌルマ湯ニ長キニ渡リ浸カリシガ、長ノ逗留ユエ些カ湯アタリノボセシ候。此ノ儘デハ如何トモシ難シ。己ヲ変エネバ明日ハ無シ。故ニ此処ヲ立チ武者修行ノ旅ニイデント欲ス。サラバ友ヨ。仲間ヨ。曽根風呂ヨ。又会フ日マデ、御機嫌ヨフ』

 

 私は十月初旬からブログ更新を控えて、暫しの間お仕事に専念する心積もりでおります。時節柄結構厳しい状況であります。生きていくということは楽なことではありませんし、私一人が苦労しているという訳でもありません。しかしながら、もうとうの昔に給与取得者(サラリーマン)とはおさらばしておりますので、己の方便(たずき)は己で考えなければならず、そこに苦労も楽しみもある訳で御座います。
 と云いながら、唯遮二無二働くという訳でもなく、この一年を過ごして来ましたし、後一年は懐かしい人と会ったり、親しき友とのお遊びや、未踏の地を訪ねる予定が少なからず入っております。まあ、日々厳しくなっている先立つものを考えながらという条件付きではありますが(笑)

 そうは云っても、近頃は週末に浅草で仕事をしている友人を訪ねていく事も多いので行けば私に会える知れません。ですが気まぐれU3ゆえお約束は出来かねませんだみつお。仕事に追われていたり、日本国内や世界のどこかを物見遊山ぢゃなかった。取材旅行しているかも知れないし度々の冬眠にも備えなけりゃいけないしね。という訳で・・・しばらく『曽根風呂温泉郷』を離れて、外の世界を見てこようと思っています。その期間は〇ヶ月かも知れず、はたまた〇年、いな、永久の別れかも知れません。つまりぶっちゃけ「ひみつのアッコちゃん」古ッ、若い人はゼッタイ知らない筈です。
 今後の予定ですが、当分の間はお仕事多忙でそれに掛かりっきりです。少なくとも一年は仕事に集中します。でも元々短期集中型ではあっても持続力は皆無の私。必ず息抜きが必要になります。突然思い出した様にどこか遠くに行きたくなっちゃう。そうなっても、本来気まぐれであるにも関わらず綿密な計画魔の私ですから、秘めたる思いは隠しておいて、唐突なタイミングで国内は元より外(と)つ国に取材で出掛けちゃうこともあり得ます。
 その折は
監視役細君同行の行脚となるのは毎度のことですが、逆にわたくしU3が細君の護衛をする役目を果たすのも毎度の事です。それに外つ国とあらば通訳も必要になるやも知れず、そうなれば三カ国語を駆使するバイリンギャルである細君なしには行けないところもあります。
 それとここだけの話なので出来れば内密に願いたいのですが。えーとですね、実はわたくしも細君が余り得意としない二カ国語だけは実に堪能です
オイオイ
 しかしながらそれが何というか日本語会津弁なものですから、
日本人なのに日本語が変な「天然さんの細君」にも何故か小馬鹿にされ余り役に立ちそうも有馬温泉。
 でもね、度胸と明晰な頭脳(ヲイヲヰ、フツー自分から云う加代)はあるんです。これで何度危機を脱したり苦境を乗り越えて来た事か(笑)

 ところで先ほど、心ならずも恐妻家の私は、つい心にもないウソを付いてしまいました。私はウソはいけないと小さい頃から母上からきつく戒められておりますので、ここで意を決しそれこそ清水の舞台から飛び降りる積もりで「事実と異なる文言」を訂正させて頂きます。

 

 

 細君は、けっしてギャルではありません(^_^;)キッパリ←あー云っちゃっていいのー、知らないよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。(爆)

 

 8(えーと)まるで予定調和であるかの如く、自分で自分を窮地に追い込んだところで、それはひとまず置いておいてですね、唐突ではありますが、冒頭の宣言は建前でありまして、実のところ武者修行の旅に出るホントーの理由は別にあり、皆々様方にだけはそれをお伝え致し候。実に単純明快、かつ曖昧模糊&意味不明な理由でありますです。ゴメンナサイ。

 
 あの〜〜〜、言い訳ではありませんが(否、言い訳そのものですが)
 たまには曽根風呂みたいな沸かし湯じゃなくてホンモノの温泉に入りたい。
 たとえば伊香保温泉のアルカリ性単純泉とか
 鳴子温泉の単純硫化水素泉とか
 含硫黄ーナトリウム・カルシウムー塩化物・炭酸水素塩泉の乳頭温泉とか
 有馬温泉のような含鉄強塩泉とか
 はたまた
オジサンなら誰しも一度は見る夢とか、男のロマンとか、
 若いおねえちゃんに囲まれて混浴に入ってみたい願望とか妄想とかぁ
 あるじゃないですかフツー(いや、ないない)

 と云うか、理由はそんなささやかでいじましい希望であったりする訳です。

 まあ人はそれを『浮気』とも呼びますが (o゚∀゚o)
 と云う訳で、わたくしめ知る人ぞ知る一つ処にジッとしていられない性癖。
 常に変化がないと精神が腐ってしまう困った気性。しかしながら、
 目的が定まると一心不乱に脇目も振らず邁進する尋常でない集中力。
 でもその一方毎日コツコツひとつの事を積み上げていくのがチョ〜苦手。
 そんな私なので今の曽根風呂にはそうした自分を生かす環境も機運もない。
 元々自分の環境やポジションは無けりゃ自分で作って来たけど。
 でもね、正直飽きました。mannerismですね。
 今の曽根風呂は私にとって魅力がないんです。
 だから自分的に再びその機運が高まるまで暫しのお別れです。
 もう何度目のお別れでしょうね(笑) 
 そう云いながらも、いつしか長旅からここに戻る日も夢見ており、
 その節は、細君共々スベスベのお肌になって、
 元の様な美男美女に生まれ変わり
 曽根風呂温泉郷に沢山の手土産を両手に戻って来て、
 胸を張って凱旋入浴しようと、こころ密かに期しておりまする。
 まあ、永遠に戻って来ない事もアリエールので確約はできま千利休。

 

 ではでは皆様また会う日までごきげんようようようようよう

 

Adios.
Gracias por todo.
Nos vemos. [手(パー)]
 
////////////////////////////////////////////////////////////////
 
懐かしの・・・.jpg
 
 下は前号から抜粋・修正・大幅加筆した「選挙対策」です。これは10月5日午後5時までの情報に基づき作成した最終的な選挙絡みの情報発信となります。従ってこれ以降の政局の変化には対応出来かねます。
 尚かつ、もう記事の更新はありません。悪しからず。
 
 
 <まとめ> 
選挙対策を記す前に前提となる状況分析を記しました。とくとご覧あれ。
 
 敢えて最悪の政界再編シナリオを思い描きこれを書き記しました。
 
これはあくまでも私の推測に基づく政界再編のシナリオですが、可能性というより予測し得る国民最大の危機として、有権者の皆さまにはお伝えしなければならないシナリオだと思います。これこそは殆どの方が気づいていながら、現実には意識していない『今そこにある危機』と考え、敢えて記載しました。
 私が今日までの政局の変化や、各党首の言動や、選挙関連の報道等を通して見えて来たものから未来を予見すると、どうしてもこういうシナリオと云おうか結論に達してしまうのです。
 思うに諸悪の根源打倒安倍政権と思っていたら、本当の国民の危機そして国難は別にあった。という訳であって、これはけして絵空事ではありません。そしてそれは、想像だにしなかった未曾有の国難の始まりです。
 
 いわゆる無党派層という人達の過半は、今まで消去法で自民党に投票していたものと思われます。しかし、これまでの政治を振り返ってみて今回ばかりは自民党に入れたくない。そう決心しているはずです。何故なら今回の未曽有の大混乱を招いた元凶は、未だかつてないほど政治を私物化した、安倍晋三という男の大義なき解散そのものだからです。しかも600億円も掛けて(怒)
 一方で、今回台風の目となった希望の党に些か不安を感じながらも、この新党に一票を投じてみようかなと、心が揺れ動いておられる有権者も相当数に上ると思われます。しかし同時に、保守でもリベラルでもない人達の中には小池百合子の希望の党も改憲勢力だし何だか嫌だなぁと思っておられる有権者もこれまた相当数に上るものと思われます。
 ここで一つ私からの助言ですが、その何だか嫌だという直感を大切にして下さい。あなたがもしそう思えるのなら、それは単なる不安や杞憂で終わる事はないと私は思っています。
 
 <保守右派政権交代の歌>”どんぐりころころ”の節でお願いします。
  作曲:梁田 貞 原曲作詞:青木存義 替え歌歌詞:H☆imagine U3
 
 どんぐりころころ どんぶりこ
 小池に嵌まってさあ大変
 希望が出て来て こんにちは
 坊ちゃんそこ退け 終わりだよ 
 
 う〜む、、、この童謡の歌詞通りになる政局といおうかシチュエーションって一体どんなものだろう。・・・などとのんびり考えてもいられない。
 まさにこのブラックジョークにもならない、超現実問題としてこの状況はあり得る未来だというのが私の予測だ。そしてそれは同時に国民の思いもよらぬ独善・独裁政治の幕開けとなるだろう。これは正真正銘の国難です。予言しておきます。
 ハッキリ申し上げて政界のワタリガニともいえる小池百合子は危ういと思う。何が危ういかと云えばその存在が露骨に政治を私物化しちゃった強引横暴お坊ちゃま以上に危ういと思う。更にその危うさを例えるならば、これは政治的リーマンショックの様相を呈しているほどの危機的な状況です。どういう事かは以下を読んで頂ければ分かります。
 ところで、皆様の記憶に残っている「リーマンショック」はサブプライムローンという信用度の低い低所得者層向け住宅ローンや自動車ローンを証券化し、
通常債権に紛れ込ませて発売したのが破綻して、それが引き金になって起こった世界的規模の経済危機でしたが、これと同じ様なエセ政策が安倍自民党がして来た「社会保障の充実」というサブプライムローン(不良債権)だった訳です。
 拙ブログでは何度も述べていますが、お坊ちゃまは消費税が5%から8%に上がった2014年4月に政府広報まで出して「消費税の引き上げ分は、全額、社会保障の充実と安定化の為に使われます」と確約し、その後2014年11月と2016年5月の二度にわたる10%引き上げ延期でも、まったく同じように引き上げ分はすべて社会保障費に充当すると公約していました。
 しかし、今回のお坊ちゃまの言う国難解散の理由からして、それまでお坊ちゃまが再三に渡って国民に約束した上記の「消費税の増額分は全額社会保障」に充てられるという公約は、すべて嘘であったことが発覚してしまった訳です。
 あの解散理由の説明の中でお坊ちゃまは言いました。
これまで消費税の引き上げ分は八割がた国の借金に充当していました。しかし来年の消費税引き上げからは、その消費税引き上げ分の全額は今後全世帯型社会保障費に振り向ける事になりました。この消費税の引き上げ分の使い道を変える事は国民の信を問う重要な事柄である」と。
 えっ、今までお坊ちゃまが公約した事、国民に約束した事は全部嘘だったんかい。
ええ、そうなんです実は。アハ!、今まで全額社会保障に振り向けると言っていた過去の約束はぜ〜んぶ嘘だったんDEATHよ〜ン。でもさ今回からは嘘はつかず、ホントに全額社会保障費に振り向けるよ〜ん。全世帯型とか、少子高齢化に対応とか、低所得家庭の子女の高校授業料免除とか何とか、社会保障の中身と見てくれをチョコッとだけ変えてサ、国民の目を眩まし誤魔化す予定で〜す。だって僕ちゃんの国の民ってサ、み〜んな忘れっぽくて馬鹿なンだも〜ん。だから同じ手を何度使っても、けしてバレないよねぇ加〇君そう思わないか。あ、北朝鮮ね。あれはオマケ!あはは」
・・・
てなことを言ったかどうかは知りません。
 だが今回も国民の将来に対する不安を煽り、三度も社会保障の充実という同じ餌(自民党ではこれを「公約」とも「政策」とも呼ぶらしい)で皆さんを欺す算段をしたのは間違いありません。つまりお坊ちゃまは、この様な政治的マネーロンダリングまでして、不正な手段で入手し隠れて使って来た古くなった紙幣を、いきなりまったくの新札にすり替えてしまったという訳です。
 人を欺したり、煙に巻くのが楽しいと思う輩は見倣うべきレトリックです。
 私は思うのですが、
日本という国では人が人を欺せば詐欺罪に問われますが、政治家が国民を欺しても一切罪には問われないんですね。でもその一方では、共謀罪によって時の権力者は恣意的に国民を容易に罰し、陥れる事が出来る。う〜ん、日本は果たして良い国なのだろうか。欧米じゃあり得ないよね。そのうち、この様に一般人が時の権力者や政治を批判したり、揶揄する自由も奪われるに違いない。そして国民総監視社会の到来となるのかも知れません。何だか戦前の特高や旧東欧の秘密警察の様で実におぞましい限りですが、安倍自民党の政権が続く限りあり得る近未来だと思います。
 言論の自由は憲法で保障された権利ですが、自民党はこれに制約を設けようと、未だに手を変え品を変え、画策を止めようとはしません。2016年2月の高市早苗元総務相の「電波停止命令」発言は記憶に新しいところです。それも皆さん忘れないで下さい。この様に自民党内で考え方がおかしく能力に欠けているのは、何も稲田朋美元防衛相や金田勝年法相だけじゃないんです。何しろ頭が頭ですから。
 ところで今回のお坊ちゃま手法にはお手本があります。西洋花札米大統領のポピュリズム選挙戦術を真似ているのです。不満や不安を抱いている国民を対象に、その歓心を買う遣り方はまさに瓜二つ。お坊ちゃまは媚びへつらいお追従だけでなく、猿真似もお得意だったようです。
 このお坊ちゃまの常套手段である「社会保障」という国民の関心の高い項目だけでなく、お坊ちゃまがエセポピュリズムの波に乗って、国民の不安を煽りたて、お為ごかしに成立させた数々の法案や施策は、結果的に国民の安寧を脅かす結果となって現れています。
 特定機密保護法、国民投票法、安保関連法、集団的自衛権、共謀罪、そして積極的平和主義の結果としての北朝鮮の脅威と、中国、韓国との戦後最悪の関係悪化という事態を招いています。それだけではなく、ロシアには良いようにあしらわれ、アメリカ追従ではなくアメリカ隷属国家となって今に至る。
 
 思えば安倍自民党の思う壺だったこの五年間でした。前例のないゼロ金利時代を長期間続ける事によって今何が起こっているのか。日本の国債は今や紙屑であり、個人でこれを大量に持っていれば破産以外の道はなく。日銀しか今や国債の引き取り手はない。安倍が音頭取りをした年金法の改悪は一体何をもたらしたのか。その結果、
年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)によって日本の株価は操作され一定の水準をどうにかこうにか保っている。しかしこの意味するものを国民の殆どは知らない。国家によって経済が牛耳られ操作されているというこの現状ほど危ういものはない。その恐さを知らず、株価に一喜一憂する人達の気が知れない。
 この様に国債を中心とした優良債権と思ったものが実は相当胡散臭い不良債権で、そのツケが1080兆円ともいわれる国家の負債、つまり国民が払わなければならないサブプライムローンであった訳で、それを安倍自民党は蛙の面に何とやら、いけしゃあしゃあと国難扱いして社会保障の充実を口実(餌)これで三度目】返済の繰り延べを画策しているという訳です。これは日本経済の破綻を先送りして、真実を覆い隠すレトリック以外の何ものでもないと、国民は気づくべきだろう。まあ、今更気づいたところでもう遅いかも知れないが。
 
 ところで小池希望の党も本質的には何も変わらない。ただ選挙後の政権のトップに安倍晋三が居るか居ないか程度の違いしかないというのが実情です。この私の言に反感を覚える方もおられると思いますが、安倍晋三が日本の首班であろうがなかろうが、小池希望の党がキャスティング・ボート(casting vote)を握ってしまえば、当然安倍は引責辞任で総理の座から転げ落ちる。そして多少毛色が変わったにせよ、同じ事がまた繰り返されるという悪夢が眼の前で今後も展開される訳です。それが私の云う「最悪のシナリオ」なのです。←これについては後述する。
 先ほど小池百合子は危ういと云った。何故そう述べたかといえば、小池都知事の云い放ったリベラル派を「排除」するという言葉に、この党とこの党首の本質・本性が良く現れているからだ。これこそ、その言葉とは裏腹な寛容性のないこの政治家の人柄を如実に示しているといえるのではなかろうか。
 皆様もよくご存じのように、都民ファーストの会の当初の中心的メンバーだった音喜多俊氏と上田令子氏の二人の都議が
都民ファーストの会を今日五日離党しましたね。両氏の云っている事は正しいと私は思います。都民ファーストや小池知事の言い分を聞くまでもない。世間一般の人から見ても、言っている(標榜している)事とやっている事が違う人は信用されません。それは小池都知事と都民ファーストの会を指す訳ですが、それ故の両氏の離党・離反だったという事です。しかしこれは序章です。国政政党である希望の党でもいずれ離反が起きるでしょう。
 これも皆様よくご存じの事と思われますが、この音喜多・上田の両氏は都知事となった小池百合子に、三人のファーストペンギン(誰よりも先に危険な海に飛び込むの例え)とまで言われた内の二人です。つまりこれもまったく同質の小池百合子本人への強い疑念の現れと離反だった訳です。
 両氏の会見から見えて来たものは、都政で大した成果も出さずして、すぐに国政に軸足を移したこの人物の本質、つまり独善・独裁的本質だったのだと思います。たしか山東昭子参議院議員もそう過去に述べています。
 イエスマンである操り人形と、ロボットか兵隊しか要らないのが小池都知事の本音です。側近が誰一人いない事
(つ〇ぼ桟敷におかれ失言の多い若狭氏は側近じゃありません)がそれを如実に現しています。多分本当の参謀など一人もおりません。だから、都民ファーストの会の代表や幹部はこの一年の間に次々すげ替えられて来た。
 私が思うに、この人にとって自分の意志や意見を持つ自立した人間は要らないんです。小池百合子という人物が、今回は国会議員にならないとしても、近い将来(最悪のシナリオからすればけして遠くはない未来)、もしまかり間違えて都知事から転身して、尚かつ総理大臣になったとしたら、きっと極東に「第三帝国」が誕生しますよ。そんな人です。冗談と思うなら思っても構わないけれど私は予言しておきます。私は思うのですが、安倍晋三よりリーダーシップという名の強権的言動と独善・独裁的政治能力は確実にありますからそれが一番恐いですね。
 この方の云う
忖度政治の排除、しがらみのない政治などと云うのは大嘘です。それが証拠に、若狭氏は小池党首に忖度して度々発言を訂正しなければならなかったし、自分と関係する自民党候補には対立候補を出さないし、リベラル系大物議員には刺客候補を擁立し、あれほど大々的に謳った「原発廃止」はとうとう踏み絵である「政策協定書」の項目から外しました。協定書って政策が一致しない人を排除するための実質的誓約書若しくは踏み絵、血判状ですよね。同時に政策の根本を為すものであるはず。そうでなければフツーなら同意できませんから。
 だとしたら、そこから原発廃止という政策を外すというのは、はじめから選挙用のリップサービスだったとしか言いようがない。それだけじゃなくて「希望の党の公認候補になるに当たり、党に資金提供をすること」なんぞという忖度も、しがらみも、味噌も、〇ソも、へったくれもない、政策協定書に書くべきではない、とんでもない項目が平然と記載されている。さらに調べてみれば原案では「本選挙に当たり、党の指示する金額を党に提供すること」などともっと露骨に書かれていたらしい。・・・これが小池百合子の目指す希望の党本性・本質です。
 原発廃止を表明した経緯に戻りますが、そう発言すれば国民の支持を一定以上得られると算段したから発言したんです。初めから原発廃止を本気で取り組む積もりなどないと思います。この人物の頭の中は、原発廃止を前面に出して、大企業を敵に回したくないというそんな小賢しい思惑と忖度しかないんです。だから政策協定書に項目が記載されていなかった。そしてこれこそが、小池都知事の言う忖度やしがらみのない政治の実態であり小池百合子の実体です。それだけではなく、あろうことか選挙後に自民党のある大物と組むなんて云う噂や報道まで飛び交っている。
 最新情報じゃ、選挙の結果次第では自民党との連携も否定していない。打倒安倍政権を標榜しているが、打倒自民党とはひと言も表明していない。ここがミソなんです。共産党の志位委員長の述べた「希望の党は所詮自民党の補完政党」という言葉はある一面を除いては当たっていました。私が”一面を除いて”と云った理由は後々分かります。何故なら小池希望の党の野望は、けして補完政党などを目指すような小さなものではないからです。
 多分選挙が終わったら掌を返したように独裁・独善的になるんでしょうね。
私が思うに選挙結果希望の党有利に働き、政界のキャスティング・ボート(casting vote)小池党首が握ったらそれが最悪のシナリオとなる訳です。そしてその可能性は、否定どころか確率としては相当高いと云わざるを得ない。←これについては後述する。
 しかし、その希望の党自体が選挙後の内紛という時限爆弾を抱えている。選挙協力ならいざ知らず、これまでの寄せ集め政党のように、選挙目当てで合体した政党が危ういのは云うまでもない。しかも党首は独裁者となれば尚更の事。離反議員は当然出て来る。都民ファーストの会のあの二人のように。
 かつてこの人物、自民党総裁選に出馬したとき、記者団からのある質問に、「総理大臣になりたいんじゃなくて、遣りたい事があるから目指すんだ」と答えていました。だとしたら、二度と国政に参画させるべきではない要注意人物だと私は思います。都政さえ眼に見えた実績はない。国政での実績はクールビズだけ。
 2007年の第一次安倍政権時代には女性初の防衛省大臣も務めた。そしてそれが安倍晋三との間に亀裂が入った原因ともなった。その折の、防衛次官人事を巡っての手続きを無視した独善的手法で、当時の守谷次官や塩崎官房長官などから多くの批判を浴びたことを皆様は憶えているだろうか。あの時から誰が何と云おうと、自分の思った通りにやる独善・独裁者の本性が垣間見えていました。この人は他人に相談しない人なんです。自分で何でも決める。しかもそれが正しいとは限らない。そんな経歴と気性と性癖の持ち主です。だとしたら期待は必ず裏切られる。予言しておきます。
 
 私は未来を予測します。選挙
の結果次第では、自民党と連立政権などという、けしてあってはならない禁じ手だって権勢欲の強い小池百合子なら遣りかねません。何しろこの人、総理大臣になりたいんですから、今回国会議員になるならないは別にしても、政界を牛耳りたいという願望はかなり強い。その為にはどんな手を使ったってそれを実行に移します←これについても後述する。
 
 自民党の話に戻ります。
 私はハッキリと申し上げますが、自民党の政策など、自分達の失政を覆い隠す目的で作られたに過ぎません。
自民が掲げる経済・社会保障政策は護憲政党でも踏襲されるから断じて政策論争にはなり得ない。何しろ、今回の安倍自民党の政策は旧民主党時代の経済・社会保障政策をほぼそっくりそのまま横取りしているか焼き直して立案したものです。つまり他人のフンドシで相撲を取っているのが今の自公連立政権です。多士済々などと自画自賛している自民党ですが、実のところ「あんな政党に任せておけない」といった、まさにその旧民主党築き上げた政策を横取りして国民に知らせるべき真実から眼を逸らさせる為のお為ごかしの誤魔化し政策です。
 少子高齢化なんて、時に政権交代はあったにせよ、まさに自民党政権が長い長い間続いて、無策・無思慮の政治を続けて来たその失政の結果じゃないですか。
 自分達がしでかしたくせに、何を今更それを”国難”扱いするのかまったく理解できないと言うより、これは自民政権による詐欺です。少子高齢化に本気で取り組んだのは旧民主党時代です。それ以前も、第二次安倍内閣以降の歴代少子高齢化大臣の顔ぶれを調べて下さい。今まで如何にこの問題に力を注いで来なかったかが良く分かる顔ぶれです。だから選挙の餌として政策に掲げたとしか思えません。私は思うのだけれど、人生百年時代なんてまっぴらゴメン。そこまで今の苦しみと負の遺産を背負って生きたくはない。それも安倍自民党の作り上げた負の遺産、ゴミの山だよ。国債を馬鹿みたいに発行してこんな借金を作り出したのは自民党そのものだよ。けして野党じゃない。その自分たちが作り上げた負の遺産の恐怖を煽って、お為ごかしに、このままじゃマズイってどういうこと? 「何とかしなけりゃなりませんよ。少子高齢化は待ったなしです。社会保障の充実を全世帯型に変えます」・・・今更かよ!
 みな偽善誤魔化しの政治を延々と行って来た安倍晋三と、歴代自民党政治のして来たことのツケであり結果です。
 だとしたら「諸悪の根源・自民党」をまず切らなければ世の中は良くならない
 私はさらに思う。国民主権をないがしろにする法律施策ばかり、この五年間強引に成立させたり実施して来た政党が、本当に国民の事なんか今更考えるのでしょうか。特定機密保護法共謀罪。そして異例なゼロ金利政策。この恐さをみな本当に知っていますか。今や東証一部上場企業の1/4日本政府が筆頭株主ですよ。それが何をもたらすのか皆さんご存じですか。本気で考えてみて下さい。・・・この状態を続ければ今に日本は崩壊しますよ。間違いない。皆さん、そのことを絶対に忘れないで下さい
 自民党は絶対に国民政党なんかじゃありません。選挙のたびに餌を見せびらかして、それで今回も国民を欺そうとしている。そんなエセポピュリズム政党です。本当に馬鹿にするなとどやしつけたいくらいです。わたしは看破しました。
 
 安倍晋三という存在そのものが”国難”です。
 
 もう一度云います。北朝鮮の脅威も、社会保障のツケも、少子高齢化も、みんな自民党のこれまでの政治や政策が間違っていたから、こんな日本になってしまったんです。社会構造の変化が少子高齢化の原因じゃありません。みな政権の座に長きに渡って胡座をかいて慢心していた自民党が、将来を見据えず目先の自分たちの利益しか求めて来なかった事が本当の原因なんです。それが安倍晋三の云う「責任政党」の真の姿です。
 そこのところ、有権者の方々くれぐれもお忘れなきよう
 と云う訳で、社会保障も少子高齢化もどの政党を選ぼうと大した政策の違いはありません。むしろ消費税10%を予定通り実施としているのは自民党と公明党だけです。後は皆8%据え置きで税制全体の根本的な見直しか、消費税そのものを廃止して、他の税収を見直して社会保障費を捻出する政策を採っています。自公以外の政権も、その財源については長い間研究していますので絵空事ではありません。国民がその政党を全面的に支持すれば実行可能だと考えます。その意味で自公の言う、無責任な政党など何処にも存在しないのです。むしろ、今まで自ら国難と呼べるものを放置して来た自公政権そのもの無責任政党なのです。
 ですから今回の選挙の争点は、ズバリ「安全保障と改憲」「森友・加計問題」などの安倍晋三という奇態な政治家の国政の私物化追求以外あり得ません。
 自衛とか防衛、つまり日本の安全保障は、武力を幾ら増強しようと、憲法を改正しようと成し得ません。これは事実です!
 ですから外交基本で平和を目指す政党を選ぶべきです。
 武力の増強百害あって一利なし
 安倍晋三信用のならない政治家です。
 森友・加計問題をうやむやにしてはなりません。
 それが出来るのは臭いものには蓋、若しくは疚しい事は隠蔽する体質が今以て直らない今の自公政権ではないし、新旧改憲政党でもありません。
 あくまでそれを初志貫徹できるのは護憲政党(リベラル政党)だと私は思う。
 私は今回の政局のゴタゴタでリベラルという政治姿勢の大切さを再認識しました。
「何でもかんでも反対する政党に日本を任せられない」などというのは自公政権レトリックです。事実、野党は何でも反対している訳ではない。それが間違った政策だから反対しているんです。だとしたら、本当に国民の声を聞いているのは自民党なんかじゃない。安倍自民党の横暴に反対している政党が本当の国民政党です。今の状況が続くなどという事は絶対にありません。
「自分たちの生活が今まで通り何とか成り立つなら」などという安易な理由で、これまでの様に
不正がまかり通る腐った政治をこれからも続けて良い訳などないのです。
 それと、公明党の良心はもう無いと私は思っています。
 公明党はかつて自民党に合流する時、政権の中のご意見番になることを標榜していたはず。今の山口代表には、かつての公明党代表の様な気概も矜恃も信念もないと今回の政局を睨んでの動きと、野党の動きを見ての一連の発言を見て思いました。だとしたら公明党の強固な支持者は団結して、山口代表の今のやり方に『NO!』を突き付けるべきだ。公明党がもし国民目線の党を標榜するなら
その進むべき方向とは真逆だと私は思う。どうしてそこまで落ちぶれたのかと私は云いたい。もう公明党を名乗らないで解党の上自民党・創価学会派と改称すれば良い。まあ、希望の党が絡んでくれば自民党との距離感はかなり変わる筈で、公明党の政権内での存在意義も失われるか薄くなるのは確実。そうなれば連立解消という国民の過半の望む形にはなるかも知れないですね。
 と、ここまで思いの丈をぶつけてハタと思った・・・。
 
 実に困りました。自・公、希望も駄目なら一体どこに入れれば良いの。
 
 でも今こそ国民の本当の声を国政に反映するチャンスではありませんか。皆さんも経緯を見て分かったように、与野党各党の色分けが鮮明になりましからね。もう中途半端などっち付かずの政党は存在しません。
 
強いて挙げれば「希望の党」は今後そうなる危険性を孕んでいます。後から合流した旧民進党メンバーが冷遇されることは必至です。小池百合子が本当に欲しかったのは民進党から支給された1500万円/人の政治資金と、踏み絵となる政策協定書のみ。民進党から希望の党に移った議員は、本来は公認を出す政党が用意するべき選挙資金を自らが運んで来たのに、意見は汲み取られず細野豪志ら執行部に無視され軽んじられるはで、不平不満は何れ爆発するのは眼に見えている。その様に党運営は必ず独善・独裁的になります。これまでの小池百合子の過去の言動を顧みても、何か問題が浮上すると強弁一辺倒で話し合いなど一切応じないし、相手の非を突き、自分の正当性ばかりを主張する。そして自分の痛いところを突かれると「ハァ!」などと、相手をさも小馬鹿にしたように睨め付ける。それがこの人の遣り方です。
 希望の党においても当然遣り方は同じです。当選議員に意見など求めていないんです。自分がすべて号令を出さなきゃ気が済まない性格なんです。都民ファーストの会を見れば、求めているのは絶対服従のみ。だから私は小池は独裁者だと云っている。であるならば当選議員からも落選議員からも不満の芽は選挙後に必ず噴出すると読んでいます。
 
それだけではありません。何度も云いますが、選挙の結果次第では自公政権と希望の党が合流連立政権を組む算段だって、当然の如く小池百合子の頭の中にはあります。勿論その場合の条件は安倍晋三の退陣でしょうが、自民党が希望の党と連立を組まざるを得ない状況というのは、自公政権だけで絶対過半数が取れなかった場合のみであって、当然安倍は引責辞任します。
 そうなればこれはけしてあり得ない話ではない。自公政権大敗、それに伴う安倍晋三の退陣と思って喜んでいたら、
希望の党と自公が連立政権を組み、過半数割れどころか逆に衆院全議席の2/3を占めて圧倒的過半数を占めてしまう、驚天動地の保守右派政党再編成も現実にはありえるのです。恐ろしいほどに。
 もしそうなったら
小池百合子という怪物が姿を現すのは火を見るよりも明らか。他の方はどう思っておられるのかは分かりません。ですが、この方が持つ権勢欲の前では、政治的倫理観やモラルなど、ありはしないのではないかと私は思っています。
 
 であるならば、有権者の皆さんには極めて困難で難しい判断が求められます。何しろ、自公政権を大敗させなければならない。しかし同時に、絶対に希望の党にキャスティング・ボート
(casting vote)を握らせるほどの議席数を与えさせてはいけないという、二重、三重の、極めて重い使命が私達有権者にはあるからです。そして、そうしなければ日本の未来はとてつもなく危うい。心底私はそう思います。
 
 これはありえない仮想未来の話などではない。可能性として限りなく蓋然性のある近未来の大胆予測であり、ある意味限りなく真実に近い。
 昔から嫌な予感は当たる。少なくともマーフィーの法則ではそうだ。
 だからこそ、私の悪い予感と云おうか、悪寒というか胸騒ぎを、どうか有権者の皆さん完全に払拭して下さい。消して下さい。お願いします。
 
 上記のように、私の分析では何でもありのトンデモナイ状況です。そうではありますが、ここで諦めてしまっては私たち平和を愛する有権者の完全な敗北です。そこで無党派層を中心とした、どの党に一票を入れるべきか決めかねている有権者の方々に、その対応策をより具体的に提案致します。
 
 <選 挙 対 策>
 下記を参考に投票して下さい。もしあなたがリベラルな考えをお持ちなら、これ以上ない有効な選挙対策だと思います。たとえリベラルでないとしても「自民党の政治はもう真っ平。希望の党も支持しない」という有権者の方にも、大いに参考になる具体的な選挙対策だと自負しています。
 
 まずは考え方だけお伝え致します。考え方だけと書いたのは、どの党の誰それに投票して下さいと言うのは明らかな公職選挙法違反だからです。ですから時に政党名を挙げて自分の意見は述べますがそれは勧誘ではありません。あくまでも私個人の意見です。
 様々な分析を述べたことで、危機を煽ってしまった感がありますが、それだけ厳しい状況にあると知って頂きたく書きました。下に記したのはその様な危機的状況でも、自民党や改憲野党や改憲新党には勝てる案です。まずは箇条書きにして記載します。
 
① 比例代表も、個別選挙区も、今の政権政党や改憲政党には絶対に投票しない。
② 政権与党や改憲政以外で尚かつ自分の考えに合う政党の中から候補者を選ぶ。
 政権与党候補以外で一番票を集めそうな護憲候補者を一人選ぶ。ただそれだけです。護憲政党は今回の政界再編成のゴタゴタの中で反ってスッキリ明確になったと思われます。何しろ三つしか護憲政党はありませんから、平和を望む、もしくは愛する有権者はこちらを選んで下さい。
 但し、選択基準は必ずその候補者が勝ち馬であるという見極めをすることです。もしそうでなければ、たとえ好きな候補でも一票を投じないで下さい。諦めて下さい。大事なのは自分が選んだ候補を「確実に当選させる」ことです。
 これは、選挙協力をしていない選挙区で護憲政党を共倒れさせない為の基本方針です。
 自民党や改憲政党の候補を除いたら、どの候補が最大得票数を獲得するか見極め、その人に反自民の票を集中して投票する事です。特に一人区では絶対これを守って下さい。基本は同じですから二人区でもそれ以上でも候補者選びの基本は同じです。幾ら頑張っても当選の見込みがない候補者には絶対一票を投じないで下さい。冷たいようですがそれが鉄則です。
 勝ち馬が誰かは知人・友人に聞いたりして誰が良いかを判断して下さい。ただし、ネットを介して不特定多数の目に触れる形でそれをすると、公職選挙法に抵触する恐れがあります。必ず電話か私信メールで遣り取りして下さい。それと、電話で自分の方から「〇△候補に入れて下さい」と依頼しても公職選挙法には抵触しません。但し文書にして配布したらそれは明確な違反になります。それとネットの獲得票予想サイトを探して判断するのも手かも知れません。
 因みに私の住む選挙区は、元総理大臣になった方が、無所属で出馬する予定になっています。そしてトップ当選間違いなしです。希望の党が刺客
候補を出馬させても絶対勝てません。だから希望の党は対立候補を出せないのです。という訳で、私の場合は二者択一の選択をする必要はありません。そして比例区はリベラル護憲新党に入れる予定。
 ところで無所属で出馬する予定だった
東京の長妻さんは対立候補を立てられましたね。当初、無所属で出馬する元民進党候補には対立候補は出さないという密約があった筈。この様に注意深く見続ければ希望の党の隠された本性が分かります。一票を入れちゃいけない政党だと思います。
③ ②の支持候補者の所属する政党に、比例代表区の票を投じる
 個別選挙区と比例区は同じ政党に統一して下さい。自民党と改憲を掲げている政党以外ならどの党でも構いません。
 但し、リベラル派の無所属候補を推す場合は、比例代表区は三つあるリベラル護憲政党に必ず入れて下さい。
④ 公職選挙法、及び刑法に触れる行為は絶対にしない。
 上記、法律に触れること。合法な行為。それを以下に列記します。
<違法行為>
 1.文書で特定の候補に票を入れるよう依頼すること。
 2.ネット上で、不特定多数の眼に触れる方法で特定の候補者に投票を依頼すること。
 3.2.を内包しますが、
SNSなどで、公示日前から選挙当日まで選挙運動をすること。
<合法な行為>
 1.公示後選挙の前日まで
電話で特定の候補に投票するよう依頼すること。
   (公〇党の戦術に同じ)
 2.SNSなどで「私は〇▢候補者に入れようと思う」などと個人的な意見・考えを述べる。
   個人の意志の表明であり、勧誘している訳ではないのでOK。
   ただしフォロアーが多い人は要注意。
 3.
SNSなどで、特定の候補の不支持を表明し、その理由を書く。
  (但し誹謗中傷はX)個人の意見の表明なので選挙妨害にはなりません。
 4.SNSなどで、特定の政党や候補者に、票を入れないよう表明する。
  (但し誹謗中傷は正当な理由にはなり得ないのでX)
 
 最後に皆様にお願いがあります。SNSなどからこの記事にリンクを貼ったり、シェアして下さい。どの政党に票を投じるか判断するのは皆さんひとりひとりですが、より多くの人達にこの記事を見て現実を知って頂きたい。そう願っています。
 
I hope to hear from you. If you approve this statement, you should join in this plan. Announce this statement on your HP, SNS, blog and Instagram. I hope to see you in the future. When you change, the world changes.
 
THE FIRST STATEMENT.!
CHANGE! YES WE CAN!
We don't believe in the Abe's fakehood cabinet. We disappointed in Shinzo Abe.
 
THE SECOND STATEMENT.!
CHANGE! WE CAN DO IT!
We're disgusted at Shinzo Abe's lies. So need to we change the apple which is rotted to a fresh one. Anyhow we can do it!
 
THE THIRD STATEMENT.!
NO MORE SHINZO ABE!
WE WON'T REPEAT THE SAME MISTAKE ANY MORE.
 
Please share this URL and message.
 
 有権者の皆さん。投票所行ってね。けして武力で他国を威圧する様な信条を持つ候補者を選ばないで下さいね。拙ブログの過去記事を見れば分かる様に、やられる前に先制攻撃なんてしたら、今より良くなるどころか反って状況は悪くなりますよ。
 安倍自民党が騒ぎ立ている北朝鮮だけが脅威なんじゃありませんよ。そんな事をすれば、北ばかりか中〇人▢共×国や、ロ△アまで直接敵国になるんですよ。分かってますか。アメリカに隷属する政治をやっている限り日本に主権もなければ平和も国民の安寧も永遠に訪れません。自立した政治そして外交をしなければ日本の将来などないのです。日米安保条約にあれほど反対した団塊の世代以前のご老人も今は骨抜きですか。情けないですね。
 もう一度声を大にして云います。何度も警鐘を鳴らしているように、武力を幾ら増強しようと国民は守れません。ですから『改憲は日本のためにならない』という事をけして忘れないで下さい。
 子育て世代までに拡充した社会保障などという、エセ
ポピュリズム政治家の掲げた嘘にまみれた
「餌」に食いついちゃ駄目ですよ。欺され続けた過去を学習して下さいね。そんな餌に釣られて国の借金返済を先送りしたら、子ども達の未来も、老後の世界も、私達の日常生活もみんな破綻しますよ。
 この様に、自公政権を選ぶということは、日本の将来を危うくする元凶に、わざわざ自分たちの子ども達の将来を生け贄に差し出すようなものです。その事を肝に銘じて投票して下さい。小〇新党も改憲派ですから同じ穴の狢です。
・・・狢って狸の異称ですが、そういえば
小〇さん狸顔。これがホントの小〇狸と肥った安〇狐の、化かし合い。馬鹿試合。お粗末!←誹謗中傷ではない合法的な揶揄の作例です。
 
有明神社.jpg
 
 ところで、このところのぬるま湯からいきなり温泉地獄ならぬ紛争地帯に近々行って来るやも知れません。元々危険な場所にひとり身を置き、その何とも云えないギリギリのところで、生きているという実感を味わうのが好きという変人なので、この二十年余の市井に埋没した日常こそが、まったく自分らしくない日々であったように思われます。
 還暦を過ぎての突然の技術者から文筆業への転身も、けして道が開けていた訳ではなく高村光太郎のあの有名な『道程』のように「僕の前に道はない 僕の後に道は出来る・・・」という状況で、まったくの孤立無援の中で歩み始めた訳です。未だ何ひとつ成果や納得できることすらありませんが後悔はしていません。ただ自分がこれと決めた道を精一杯生き歩むのみ。
 遠い彼の地で紛争に巻き込まれれば、自己責任という「棄民政策」をとる日本政府なら駆けつけ警護などしないだろうし、紛争地帯で何があっても助けてくれそうにありませんが、何があろうと行くと決めた時は行きます。
 と、勇ましい事を云って置きながら、日本には殆ど情報が入って来ないので今あらゆるチャンネルを通じて慎重に情勢を把握中。まだ出立には早いと私の危険センサーは信号を送って来ているので暫くは日本にいる積もり。幾ら危険が好きと言っても死んでしまっては元も子もなし。
でも、取り敢えず別れは告げねばならぬ。
 
 それでは皆様ごきげんよう。末永くお健やかに。じゃあにぃ〜。
 

nice!(378)  コメント(49) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 378

コメント 49

U3

☆★☆みなさまへ☆★☆
多忙なので返信(コメントレスポンス)は出来ないと思います。悪しからず。
でも、時々見るようには心掛けます。
ではでは。
by U3 (2017-10-06 18:06) 

U3

★☆みなさまへ☆★☆Vol.2
 私が考える政界再編シナリオ。
 もし自民が大敗すれば安倍総理大臣は引責辞任となる。そして代わりに自民党総裁になるのは石破茂しかいない。この石破茂と小池百合子は朋友。先日小池が、記者から自民党との連携はあるかと質問された時に「選挙の結果次第」と答えたのはこの事を指す。つまり、自民大敗⇒安倍引責辞任⇒希望の党連立政権入りというシナリオが完成するという訳です。
 そうなった場合、安全保障と憲法改正の方向に間違いなく動くというだけでなく、安倍晋三の森友・加計問題が有耶無耶になる恐れがある。もしそうであれば、小池は国民に嘘をついた事になるのと同時に自公希連立政権の横暴政治が始まると私は予想している訳です。
by U3 (2017-10-07 08:03) 

U3

★☆みなさまへ☆★☆Vol.3
 もう一つ考えられるシナリオ。
 小池希望の党が政権内に入らず閣外協力する。実は、こうなる可能性は極めて高い。その理由は連立を組むよりも、外にいた方がキャスティング・ボートを握るという優位な立場を最大限利用できるからだ。少なくとも私が小池ならそうする。そして石破をある意味手玉に取るだろう。
 案外小池が狙っているのは(取り敢えず)「影の総理大臣」になることなのかも知れない。
 予言しておきます。
by U3 (2017-10-07 08:44) 

ニッキー

体調と危険には十分お気をつけてくださいね(_ _)
気が向いて時間があれば、「元気だよ〜」の記事アップしてください( ^ω^ )
お待ちしてます♪( ´▽`)
by ニッキー (2017-10-07 09:37) 

旅爺さん

爺も投票は頑張ります、ナニニ ガンバルノ?
旅行は気をつけて行ってらっしゃ~い(^_^)/””””””
by 旅爺さん (2017-10-07 09:46) 

hatumi30331

武者修行?
マンネリズム・・・
まあ、いろいろ考える事、あると思います。
私も、時々・・全部止めたい!!って思わなくもないからね〜へへ
くれぐれもお身体に気を付けて下さいね。
たまには、遊びに来て覗いてね。^^
復帰、待ってます。
by hatumi30331 (2017-10-07 09:51) 

とし@黒猫

All or Nothing みたいな感じですかね。
by とし@黒猫 (2017-10-07 10:16) 

枝動

こんにちは。
希望の党については、同意。くれぐれもご自愛を。ごきげんよう。
by 枝動 (2017-10-07 10:26) 

Baldhead1010

小池よりも大池君がいいなぁ。

ゆっくりのんびり温泉に浸かりたい。

間違えても寝違えても自民党には「とうひょうしませんっ!!!!」
by Baldhead1010 (2017-10-07 10:47) 

風船かずら

何かお考えなのですね。武者修業の成功祈ります。選挙の予想、同じです。心のどこかに感じている不安、しっかり向き合わないと未来は開けませんね。
by 風船かずら (2017-10-07 10:47) 

U3

★☆みなさまへ☆★☆Vol.4
◎ 今日午前中に参院選の「投票所入場券」が届きました。22日はどうなるか分からないので期日前投票します。
◎ それと生まれて初めて「世論調査」の電話が入りました。
 千葉県のこの地区限定の音声ガイダンスによるものでした。候補者名こそでませんでしたが、具体的に〇〇党の新人とか、〇△党の新人とか、無所属で現職の▢〇さんとか4人の候補者のうちどれを選びますかとか、10問くらいの調査でした。それからすると、どうも全国的な調査と、選挙区毎の内容に分かれている様です。他選挙区でもその部分のみ入れ替えて無作為抽出なのでしょうね。
 来週公示日翌日に期日前投票を済ませる積もりです。
 今日はこれから浅草です。
 ではではみなさまごきげんよう。
by U3 (2017-10-07 13:38) 

U3

浅草NOW!
駅から雷門を通って伝法院通りの友人のお店に着くまで日本語ほとんど聞かなかったよ(笑)
by U3 (2017-10-07 15:32) 

mamii

投票、行きますよ。。。。
by mamii (2017-10-07 15:47) 

八犬伝

安倍を潰す、そして小池率いる希望にキャスティングボードを握らせない。
投票は、リベラルな護憲政党しかありません。
by 八犬伝 (2017-10-07 15:48) 

トレンダー櫻井

投票には行きます!権利ですから(^^)/
by トレンダー櫻井 (2017-10-07 16:14) 

kuwachan

ご旅行、どうぞお気をつけて!
本物をじっくりとご覧くださいませ^^
by kuwachan (2017-10-07 16:32) 

yoko-minato

しっかり読ませて頂きました。
投票は当然行きます。
どういう結果になるかはうすうす
感じるところあり・・・ですね。
by yoko-minato (2017-10-07 17:33) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

長旅、お気を付けて・・・。
選挙結果が、どうなっていることか楽しみです。
シッカリ、自分の1票を入れに行きます。
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2017-10-07 18:36) 

まるたろう

選挙の結果、どうなりますかですね。
by まるたろう (2017-10-07 22:21) 

runa-simada

buen viaje!!!ですね・・・
by runa-simada (2017-10-08 00:55) 

kiki

棄権したことはありません。
ご夫婦ともに、健康にはご留意ください。
楽しかったです、お元気で。

by kiki (2017-10-08 01:56) 

U3

★☆みなさまへ☆★☆Vol.5
 普段から私は、TBSの「サンデーモーニング」という番組は、司会の関口宏が好きではないので殆ど見ないのですが、妻はこの番組が好きで毎週見ています。ですからその時間私は他の事をしてTVは見ていないのですが、たまたまリビングに行ったら、パネリストの岸井成格さんが良い話をしていましたので紹介します。
 かつて宮澤喜一が総理大臣の時に岸井氏はインタビューをしたそうです。その時宮澤はインタビューに答えて、自民党という政党の内実について触れて、
「保守とは言っても右から左まで幅広い考え方の人が集まっているのが自民党だ」と話したのだそうです。
 そして「権力」の話になった時、宮澤は岸井記者にこう話しました。
「権力を行使する時は臆病なくらい慎重に判断し、それでやっと決断を下すものだ」と、語ったというのです。
 そして、2012年に安倍晋三が総理大臣に返り咲いた時、岸井は安倍総理にインタビューし、その最後に二つのお願いをしたのだそうです。
 一つは、けして「右翼的行動を取らないで下さい」というもので、
二つ目は、権力を行使する時は臆病なくらい慎重に判断し、それでやっと決断を下すという、この宮澤喜一の「権力」についての考え方を伝えそのようにお願いしますと伝えたら、安倍は言下にこう言い放ったのだそうです。
「それは間違っている。権力を行使するのに躊躇いがあってはならず果断に行使するのが私のやり方だ」と決めつけたのだそうです。
 私は思いました。
「だから今こんなになっている訳だ」
 最悪の宰相を五年前のあの日国民の過半は選んでしまったのですね。モンスターが権力を握ればどうなるのか、その時既に暗示していた訳です。私は小池百合子は更にひどいと思っています。
 嫌いな番組ですが、珍しく良い事を話していたのでお伝えしたいと思います。
by U3 (2017-10-08 13:06) 

ちんぐるま

18歳をはるかに超えた
私ですから投票に行きます!
by ちんぐるま (2017-10-10 07:57) 

なかちゃん

我が選挙区には、護憲三兄弟は共〇党しかいません。そして、今までの例で見ると絶対に勝てません。護憲推進なのに希〇に入れるのも癪だし、困ってしまいますね。まぁ、現状では他に選択肢はないのですが…
サンデーモーニング、観てました。

by なかちゃん (2017-10-10 08:51) 

U3

☆ニッキーさん nice! & コメントありがとうございます。
by U3 (2017-10-10 11:36) 

U3

☆旅爺さん nice! & コメントありがとうございます。
by U3 (2017-10-10 11:36) 

U3

☆hatumi30331さん nice! & コメントありがとうございます。
by U3 (2017-10-10 11:37) 

U3

☆とし@黒猫さん nice! & コメントありがとうございます。
by U3 (2017-10-10 11:38) 

U3

☆枝動さん nice! & コメントありがとうございます。
by U3 (2017-10-10 11:39) 

U3

☆Baldhead1010さん nice! & コメントありがとうございます。
by U3 (2017-10-10 11:44) 

U3

☆風船かずらさん nice! & コメントありがとうございます。
by U3 (2017-10-10 11:44) 

U3

☆mamiiさん nice! & コメントありがとうございます。
by U3 (2017-10-10 11:45) 

U3

☆八犬伝さん nice! & コメントありがとうございます。
by U3 (2017-10-10 11:45) 

U3

☆トレンダー櫻井さん nice! & コメントありがとうございます。
by U3 (2017-10-10 11:46) 

U3

☆kuwachanさん nice! & コメントありがとうございます。
by U3 (2017-10-10 11:47) 

U3

☆yoko-minatoさん nice! & コメントありがとうございます。
by U3 (2017-10-10 11:48) 

U3

☆なんだかなぁ〜!! 橫 濱男さん nice! & コメントありがとうございます。
by U3 (2017-10-10 11:50) 

U3

☆まるたろうさん nice! & コメントありがとうございます。
by U3 (2017-10-10 11:50) 

U3

☆runa-simadaさん nice! & 「良い旅を」コメントありがとうございます。
by U3 (2017-10-10 11:51) 

U3

☆kikiさん nice! & コメントありがとうございます。
by U3 (2017-10-10 11:52) 

U3

☆ちんぐるまさん nice! & コメントありがとうございます。
by U3 (2017-10-10 11:53) 

U3

☆なかちゃん nice! & コメントありがとうございます。
 選挙区は候補がいなくても、比例代表区は護憲ですよね♡
by U3 (2017-10-10 11:55) 

U3

★☆みなさまへ☆★☆Vol.6
 10月11日11:30AMに期日前投票をして来ました。最高裁判所裁判官国民審査は誰ひとりXを付けずに投函しました。いつも思うんだけれど、最高裁裁判官の国民審査を衆院選のタイミングで行う事が果たして良いのかどうか疑問に思う。そしてもう一つ疑問に思う処は、裁判官一人一人の裁判歴の情報の開示も一般的でない状態でどうして罷免を判断しろというのか。
 司法も立法府も行政府も国民に馴染んでいないと心底思う。
by U3 (2017-10-11 14:20) 

MINERVA

武者修行、ご武運をお祈りしております。
選挙を棄権するなんて、考えた事も無いですよ。
お身体お大事にして下さい、そして帰還された暁には、小説の再開も待っております。

by MINERVA (2017-10-11 18:30) 

U3

☆MINERVAさんへ nice & コメントありがとうございます。
新しく書き始めた小説の核心部分の構想が固まりました。武者修行も含めて、今年一杯掛けて一気に書き上げる予定です。次作も三つ同時に進めています。
by U3 (2017-10-11 20:31) 

たいへー

ご自分の発言ですから、自己責任でお願いします。
細君が寛大である事を望みます。^^;;
by たいへー (2017-10-13 10:25) 

hoppe

最近マニフェストとかゆう言葉をすっかり聞かなくなりました
党や総裁がだれであれ「うそつき」はダメですね
民主主義は納税と選挙ですから、今回も投票にいきます
by hoppe (2017-10-14 05:36) 

風の友

感動しました!
頑張ってください!
by 風の友 (2017-10-14 16:05) 

saia

U3さんの作品がまた読める日を、楽しみにしてお待ちしています!
海外取材旅行、くれぐれもお気をつけて。
どうぞお元気でお過ごしください (ノД`)・゜・。

by saia (2017-10-28 11:36) 

Facebook コメント