So-net無料ブログ作成

父の命日にこと寄せて [戒め]

東大寺を講堂跡より望む.jpg


 <2018.03.28.10:33:26 iPhone X にて撮影>

 これは東大寺の裏手、講堂跡附近から撮った写真だ。わたしは感性の命ずるままに撮るから殆どすべてがスナップ写真である。カメラを三脚に固定して構図を決めてシャッターチャンスを待つなどということはしない。風景のどこを切り取るか、太陽の位置、陰影、被写体の絞り込み、すべて瞬時に決める。他人が撮るポイントでは殆どシャッターを押さない。しかもデジイチでもコンデジでもないスマホのiPhone X の今や高画素とは言えない1200万画素の組み込みカメラで写している。それでも昔取った杵柄ではないが一応構図もセオリー通りに撮っている。だが順光で見栄えのしない凡庸な写真である。陰影が目立たない立体感のないベタな写真の典型である。これでは人の心を打つ写真にはなり得ないだろう。


何事も見様見真似で始まる。
しかしそこで止まってしまう人が過半だ。
更にその先に行くには創意工夫という体験を経なければならない。
だが更にその先の到達点に行かなければ人の心を捉える事も感動も生まれない。

                                                                          By H☆imagineU3

 今日は父の十四回目の命日であった。2018.04.17.16:26:12 「十八」を「十四」に訂正
 何を血迷ったのか、とんでもない間違いをしていました。「十四
回目」が正です。昨年十三回忌だったので、それに一つ足せば十四となるところを十八になるとはこれ如何に。もしかして!?!

 午前十時過ぎに妻と二人墓参に行く。途中お供えの花と線香に火をつけるライターを買い求める。そして市営霊園に行った。我が家の墓は千葉県市川市にある。
 父が亡くなった時、抽選で当たったのは結構大きな区画で、そこに一周忌にあわせて大きな墓を建てたのである。作る時には区画のすべてを石で蔽った。墓石も従来の形ではなく和洋折衷型の洒落たものにした。刻んだ文字も「〇〇家」などとは刻まなかった。大きな字で「和」の一文字を刻んだだけだ。そして階段部は一切無くしほぼ墓地の地面に近い段差の出来るだけ少ないデザインにした。雑草が生えるのが厭だったのと、母が年老いていたし自分たちが年老いてからの階段の上り下りも考えてのことである。かなり費用が掛かったが、故人への供養と考え思い切って建てた次第だ。父への罪滅ぼしの気持ちも少なからずあったように思う。
 思えば父とはお互いに反目しあっていた年月が長く、漸く分かり合えるようになったと思ったのは亡くなる一年ほど前である。だが実際にその事について話し合ったことはないから、もしかしてそれは、わたしの思い込みかも知れない。つまり幻想だと思うこともある。
 お互いそりがあわなかったのは小さい頃に父とわたしが離ればなれに暮らしていたことが根源的要因だとは思うが、父という人間をずっと誤解していたこともその要因の一つとして挙げられるのではないかと思う。そして父もまたわたしという一個の人間を理解していなかったのだと思う。というより、お互いがお互いを理解しようとしたことなど、一度もなかったのではなかろうか。
 父は亡くなる一週間前に末期の食道癌だと宣告された。体調が悪く幾度も入院していながら、末期になる迄それに気づかなかった主治医や病院には、今でも不信感が募るがその話は今回は割愛しよう。
 結局家族の誰一人父を看取れなかった。
 その日、本当に久し振りに母と妻とわたしが病室で集って父を励ました、まさにその日に父は誰に看取られることもなく息を引き取ったのだった。それは皆が病院を後にした五十分もあとのことで、誰も臨終に立ち会えなかった。病院の手違いもあって容体が急変したのに気づくのが遅れたのが父の命取りになった。それは病院も認めていることである。
 見舞いから戻り、船橋の中心街にある中華料理店で点心を食べようと、夫婦二人で歩いて出掛けた時に、母から突然(母が携帯に電話をすることはまずない)電話があり、父がどうも亡くなったらしい、今すぐ病院に行くからお前も今すぐ来られるか、という内容であった。

 結局のところ、父と本当に分かり合えたのかどうか今も時折自問自答する。父は極端に口数が少なく、わたしも父とは殆ど言葉を交わさなかった。お互い言葉でそれぞれの思いや意思を確認することなく、父は逝ってしまった。

 わたしが天寿を全うし雲の上で父と再び会えるのはいつのことだろう。会ったらその時は腹を割って話し合えるだろうか、分かり合えるだろうか。それともあの世でもまた反目を続けるのだろうか。

funabashi03.jpg


 現世(うつしよ)は 仮の世なれば 先あらぬ さう思ひてや 花ぞ楽しめ

 2018.04.17.18:55:30加筆修正。
 下手な短歌お許し願いたい。意味は突き詰めて云えば「今を精一杯生きよ」ということである。解釈の程よしなに。


 今の世相は極端から極端に走る傾向があるように思えてならない。
 わたしの目には、人々の心に余裕やゆとりが失われているからに他ならないように見える。昨日まで大好きだったものが、次の日はもう絶対に見たくないとまで思う心の奥底にあるものは一体何だろう。
 ちょっとしたことでキレたり、自分が矢面に立つ恐れがなければ見境なく他人を攻撃できるのは何故だろう。自分を差し置いて人を安直に批判をするのは何故だろう。昨日まで普通に接していたのに、人が弱っているなと見ると、途端に嵩に掛かって寄って集って、苛めたり誹謗中傷するのは一体どういう心根から来るものなのか。いつから人の不幸をこうも日本人は面白いと思うようになったのか。
 もっと他人に寛容になれないものか。外人観光客にはおべっかを使ったり親切に出来るのに、同じ日本人には辛辣で冷たい日本人は幾らでもいる。それはとても恥ずべきことだ。
 右が駄目なら左という180度も考えや態度が違うのは極端だと思う。人というのは常に心の中が振幅しているのは分かる。不動というよりも揺れ動いている事の方がむしろ正常若しくは常態というものだろう。しかし
今の日本人はその振れ幅が余りにも大き過ぎるのだ。
 もし考える力があるならば、右から左、左から右と極端に走ることの危険性が分かるははずである。そうあって然るべきだ。

 人は常に微妙なバランスの中で生きている。その微妙な感覚を失った時、人は一気に思考能力をなくし、愚かさを露呈し、残虐性や獣性といったものを露わにするのだと思う。そして人生という平均台若しくは隘路から足を踏み外し、あらぬ方向へと転げ落ちていくものなのかも知れない。

 今世の中で起きていることのすべてはこれに当て嵌まる。

 これに反発するも良し、反省するも良し、だが此の世の行いはすべて因果応報。

 誰ひとり免れることは出来ぬ。

 こころせよ。

 

nice!(194)  コメント(25) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 194

コメント 25

makkun

U3さん!
こんにちわ~(^^
ご無沙汰してました~
また、コメントまで戴きありがとうございます。

今日はお父様の御命日のようですが
偲んで一日を過ごされますようがってます。

私自身の事ですが、
麻痺している右手のリハビリの為・・・
梗塞を起こした脳ミソと右手の感覚連動の為にも
チョボチョボとPCに向かって行きたいと思いますので
宜しくお願いします(^^♪


by makkun (2018-04-17 15:23) 

ハマコウ

亡き人への感謝は月日がたつほど深まるように感じます。

「より寛容さを」
わたし自身もそれを求める生活にしなければと思います。
ゆるし、ゆるされる社会が望ましいですね。
by ハマコウ (2018-04-17 19:53) 

JUNKO

自分にとって写真とはないかということで、撮り方も変わってくるのではないでしょうか。価値観は様々です。人の評価が必要ならそれに合わせて撮る。全く自分の心の忘備録であるならカメラも画素数も関係ないと思います。生意気なことを書きました。
by JUNKO (2018-04-17 20:20) 

U3

☆makkunさんへ
記事拝見して手短にコメント致しました。
ご無理をなさらずに
by U3 (2018-04-17 21:10) 

U3

☆ハマコウさんへ
 わたしは今起きていることのすべてが「寛容性のない社会」から来ているのではないか思うことがあります。寛容なこころは人間しか持ち得ない大切な感情だと思うのですが。
by U3 (2018-04-17 21:14) 

U3

☆JUNKOさんへ
>価値観は様々・・・仰る通りだと思います。
 ただ、自分の備忘録で写真を撮るなら何もブログで多くに方々に公開する必要はないのかなと思います。見て欲しいという心が在るからブログに記事や写真を載せるのではないでしょうか(^_^;。
 そうであれば人の心を打つような文章や写真を目指すのはごく自然なことのように思われます。自分の考えを人に押しつける気は更々ありませんが、他人が見ないのならわたしはブログを続ける意味はまったくないと思っています。だからこそより良いものを公開したい、皆の楽しめるものを作りたいと思うのではないのでしょうか。
 そうであれば何かを公表する人は、一度発信する側よりも見る側に立って、自分の公開したものを見詰めることは大切だと思います。公開するなら自己満足で終わらせては勿体ないと思います。価値のないものにわざわざ時間を費やしてまでやる意味はないと思います。わたしはブログで自分の考えや写真を公開することに価値を見出しています。だから10年以上もこうして続けているのです(*^_^*)。
 こちらこそ生意気なことを書きました。価値観は様々・・・それは否定しません。
by U3 (2018-04-17 21:43) 

むうぴょんこ

うんうん・・・ホントそうだよねっ!!
実はU3さんにコメントを差し上げた途端・・・
私たちのブログにもそうした人からの嫌がらせコメントが結構来たかもね(笑)

そんなコメントってやっぱり内容が非常に稚拙な上に支離滅裂で・・・
私は加齢臭を香水代わりにまとった超おっさんなのに・・・
フェミニン婆ぁとか・・・左翼だとか・・・直球でバカとか??
正直、私って左でも右でもない・・・
敢えて言うなら本当の意味でのリベラル(自由主義)派で・・・
それって私たちのブログを読めばすぐに理解できるはずなんだけどね??

なのにろくに相手を理解しないまま、誹謗中傷を送付できるなんて・・・
U3さんも悩まされたそうした人たちの行動力って凄いなぁって感心しちゃってたり??
なので常人には理解できない的外れな誹謗中傷も・・・
低レベルな自分を世間に臆せずさらけ出せる勇気も・・・
他人からは歪んでいるとしか見えない自分の感情に全く疑問を持たず・・・
あくまでも心の動きに忠実で無意味な感情をむき出しにできる根性も・・・
計算づくで発言するのが当たり前の私にとっては・・・
正直、かなり・・・うらやましい(泣)

なのである意味、小学校低学年ほどの子供を見てるようで・・・
すっごく可愛らしいって思っちゃう♡

あはは・・・ただの愚痴話になっちゃったねっ(笑)
ってな事で私の近況から記事内容で感じたことに戻って・・・
U3さんが言われるように・・・

最近は極端から極端に走る傾向が多いって同じく感じてる!!
それって人の心の揺らぎとかではなくて・・・
『極端な事をすれば目立つ』⇒『自分をアピールしたい』という
あくまでも一部の自己中心的な人間社会の本質を理解していない
お子ちゃま脳しか持たない人たちの暴走が多かったりしてね??
なので・・・私も自分のブログをもう一回見つめ直してみよっと(笑)
ホント・・・クマったもんだ!!
ではではぁーっ!!
by むうぴょんこ (2018-04-18 11:48) 

アールグレイ

お父様の命日だったのですね。
親子の縁の深さを思うことです。
何事も、バランスが、大切ですね。
by アールグレイ (2018-04-18 13:14) 

おじゃまま

ご訪問、ありがとうございました ^^
by おじゃまま (2018-04-18 21:46) 

tai-yama

極端な振れ幅は、アナログ的な感覚ではなく、デジタル的な数字が
絶対評価になっている社会(会社)の考え方も影響しているのかな。
と思ったり・・・。
by tai-yama (2018-04-19 00:12) 

U3

☆むうぴょんこさんへ
 ユニークなコメントありがとうございます。
by U3 (2018-04-19 08:18) 

U3

☆アールグレイさんへ
 nice!とコメントを頂き感謝致します。
by U3 (2018-04-19 08:19) 

U3

☆おじゃままさんへ
 こちらこそ。
by U3 (2018-04-19 08:21) 

U3

☆tai-yamaさんへ
 面白い考察ですね。一面を突いていると思います。
 一方現代社会は絶対ではなく現実には「相対評価」的なところもまだまだありますよね。なかなか独自の業績に対して正当な評価をして貰えないという意味で。他と比較して業績を評価するのは正当評価とは云えないと思うのですが。
by U3 (2018-04-19 08:27) 

むうぴょんこ

私たちのブログにもコメントとNiceをアリガトッ!!
言いたいことって要は・・・
どんな人にもかわいい部分があるって事かな??
あはは・・・そんな感じでフワフワしながら・・・
ちょいと気合いを入れて出かけてくるぜぃ!!
ではではぁーっ!!
by むうぴょんこ (2018-04-19 11:10) 

hieroh66

デジカメの普及した今日、撮り方を難しく考えることはないと思いますよ。
身に着いた知識と感性で、充分だと思います。
by hieroh66 (2018-04-19 14:04) 

U3

☆むうぴょんこさんへ
 いつも前向きですね。善事哉。
by U3 (2018-04-19 16:07) 

U3

☆hieroh66さんへ
 デジカメが普及したからこそ没個性になりやすいと考えます。何しろ基礎知識さえ身についていないのにシャッターを押せばカメラが勝手に撮ってくれる(笑)
 でもそれでよろしいのではないでしょうか。自分の考えを述べているだけでそれを強制したくて書いている訳ではないし、そもそも人それぞれですから。
by U3 (2018-04-19 16:16) 

八犬伝

亡くなる1週間前に癌と宣告されてもね。
何も出来ませんね。

by 八犬伝 (2018-04-19 20:58) 

ファルコ84

こんばんは
父への思いはそれぞれにありますね
お互いに意思が通じ合えたのか!
通じ合えていたと思っていたが実は通じていなかった!
でも、父は父です(母も同じです)
きっと心は通じていたと思います
何時しかあの世で再開するでしょう
その時は、ほんの少し言葉を交わしたいと思っています。
by ファルコ84 (2018-04-19 21:53) 

U3

☆八犬伝さんへ
 一応放射線化学療法をする予定でした。
by U3 (2018-04-20 07:31) 

U3

☆ファルコ84さんへ
 今でも時々父を思い出します。そして父の人生に思いを馳せます。
by U3 (2018-04-20 07:34) 

たいへー

来月は父親の7回忌。  さて、何を思うや。
by たいへー (2018-04-20 07:50) 

U3

☆たいへーさんへ
 コメントありがとうございます。
by U3 (2018-04-20 10:53) 

そらへい

私は父が好きでしたが、
父の意にそぐわないことが多かったので
亡くしてから仕方無いと思いながらも反省することが多かったですね。
by そらへい (2018-04-22 20:18) 

Facebook コメント