So-net無料ブログ作成

最終話 "これからの『日本』ひいては『日本人』を考える" [評論・文芸]

常念冬景.jpg

 

I hope to hear from you. If you approve this statement, you should join in this plan. Announce this statement on your HP, SNS, blog and Instagram. I hope to see you in the future. When you change, the world changes.
 
THE FIRST STATEMENT. 
CHANGE! YES WE CAN! 
We don't believe in the Abe's fakehood cabinet. We disappointed in Shinzo Abe.
 
THE SECOND STATEMENT. 
CHANGE! WE CAN DO IT!
We're disgusted at Shinzo Abe's lies. So need to we change the apple which is rotted to a fresh one. Anyhow we can do it!
 
THE THIRD STATEMENT.
NO MORE SHINZO ABE! 
WE WON'T REPEAT THE SAME MISTAKE ANY MORE.
 
Please share this URL and message. 
 
 いまの日本はどこに向かっているのだろう。
 私なりに真剣に考えてみた。
そして得た結論は、日本が正しいと思われる方向にはけっして向かっていないという厳然たる事実だった。
 今の政治が今のままである限り、人々の生命と財産と日々の生活は常に危機に晒され続けるだろう。そして明治維新以降たびたび現れた危機的状況とまったく符合するように、国民の選択肢は殆どない。空恐ろしいほどに過去と酷似する。
 この世に生を受けてもうすぐ六十一年を迎えようとしているが、政治が今ほど国民に直結しているという感慨と云おうか、危機感を持った事はない。
 安倍晋三が一旦国民の前から姿を消し、その六年後に
再び政治の表舞台に現れた時、私はこの宰相に何とも言いがたい不快の念を覚えた。その顔にかつての神経質で脅えた表情はなかった。だが私はその顔に以前にはなかった奢りの表情を見た。
 社会保障という名の飴玉を前面に掲げて本性(憲法九条改正という野望)を隠し、国民の不安を煽り、それを解消してみせるという空手形を乱発する手法を編みだし、見事に凱旋したこの男の表情は自信に満ち溢れていた。だが国民に対して傲慢不遜なその態度を徐々に現すに及んで、私はこの男を到底受け入れることは出来ないと悟った。
 そして今回、希望の党を掲げて小池都知事が現れた。
 唐突と云って良い。自民の大衆迎合政治に完全に飽き飽きしていた私も、当初これで政界再編成が起きると淡い期待を抱きこの事態を歓迎した。お恥ずかしながら、楽しんでいたといってもいい。しかしそういう時こそ何か危険が孕んでいる。
 私のラ・ブーム(熱病)は突然リセットされ冷静に立ち帰った。そして気づいた。
 これは未曾有の国家の危機だ。
 
 ”四面楚歌” という古事が脳裏に浮かんだ。
 

この先をお読みになりたい方はどうぞ


nice!(304)  コメント(32) 
共通テーマ:日記・雑感

これからの『日本』ひいては『日本人』を考える VOL.8 [評論・文芸]

石灯籠.jpg

 

I hope to hear from you. If you approve this statement, you should join in this plan. Announce this statement on your HP, SNS, blog and Instagram. I hope to see you in the future. When you change, the world changes.
 
THE FIRST STATEMENT. 
CHANGE! YES WE CAN! 
We don't believe in the Abe's fakehood cabinet. We disappointed in Shinzo Abe.
 
THE SECOND STATEMENT. 
CHANGE! WE CAN DO IT!
We're disgusted at Shinzo Abe's lies. So need to we change the apple which is rotted to a fresh one. Anyhow we can do it!
 
THE THIRD STATEMENT.
NO MORE SHINZO ABE! 
WE WON'T REPEAT THE SAME MISTAKE ANY MORE.
 
Please share this URL and message. 
 

安倍晋三よ。
お前はあの日『原爆死没者慰霊碑』に向かって何を思ったのか。
否、あれは本当は慰霊碑などではない。
紛れもなく原爆死没者の『石棺』そのものなのだ。
その石棺の表に刻まれた人々の願いなのだ。
そしてそれは広島市民は元より、
日本人と世界中の平和を希求する全世界の人々に放たれた願いなのだ。
その声が届かないのか、
安倍晋三よ。
 
 安倍総理は最近急に言わなくなりましたが、かつて「積極的平和主義」とか何とか、外遊や事ある度に仰っていましたね。あの、その結果がこれでしょうか。
 総理着任以来五年に近づきつつある昨今、日本の味方や賛意を示す国は少なくなり、極東の隣諸国との関係は戦後最悪。トランプ大統領のお先棒を担いで、一番敵対してはいけない危険な国の矢面に立つという、国民の安全を蔑ろにする行為の数々。そのような愚かな行いによって、日本を真っ先に攻撃すると北に名指しされる事が、安倍総理の掲げていた
「積極的平和主義」の中身だったとしたら、本当にお粗末な話です。あなたはこの疑問に答える義務がある。何故ならこれは国家の安全保障の問題そのものだからだ。
 

この先をお読みになりたい方はどうぞ


nice!(115)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

これからの『日本』ひいては『日本人』を考える VOL.7 [評論・文芸]

夕暮れの月.jpg

 
I hope to hear from you. If you approve this statement, you should join in this plan. Announce this statement on your HP, SNS, blog and Instagram. I hope to see you in the future. When you change, the world changes.
 
THE FIRST STATEMENT. 
CHANGE! YES WE CAN! 
We don't believe in the Abe's fakehood cabinet. We disappointed in Shinzo Abe.
 
THE SECOND STATEMENT. 
CHANGE! WE CAN DO IT!
We're disgusted at Shinzo Abe's lies. So need to we change the apple which is rotted to a fresh one. Anyhow we can do it!
  
THE THIRD STATEMENT.
NO MORE SHINZO ABE! 
WE WON'T REPEAT THE SAME MISTAKE ANY MORE.
 
Please share this URL and message. 
 

 今年の流行語大賞を予測します。
 『リセット』
 小池百合子の放ったこの言葉で決まりです。
 予言しておきます。
 当たったことは一度もないけど(爆)

 安倍の捕らぬ狸の皮算用は見事外れた。
 自民党は再び「歴史的大敗」を喫する公算が高くなった。
 小池百合子なかなかの策士(笑)
 政界に身を置く者の右往左往が目に見えるようだ。
 まさに『小池に嵌まってさあ大変』
 まさかまさかの民進党との合流が実現すれば、衆院選の潮流は一気に変わる!

 これに対抗する安倍の打つ手はひとつしか無い。しかし、・・・
 これを遣ったら安倍は二度と国民の信任は得られないし自民の離反者は続出する。
 そして安倍の政治生命は完全に断たれ国政の場に立つことはもうないだろう。
 それは臨時国会冒頭における『解散宣言の撤回』という禁じ手。
 これをやったら安倍は本当の”国賊”になる。
 そしていくら私でもこれだけは『予言』できない(爆)
 さて今日の臨時国会冒頭で安倍はどう出るか。
 もしこの冒頭で大波乱があったらなら更に波乱の幕開けの予感。

この先をお読みになりたい方はどうぞ


nice!(148)  コメント(18) 
共通テーマ:日記・雑感

これからの『日本』ひいては『日本人』を考える VOL.6 [評論・文芸]

日本の秋.jpg

 
I hope to hear from you. If you approve this statement, you should join in this plan. Announce this statement on your HP, SNS, blog and Instagram. I hope to see you in the future. When you change, the world changes.
 
THE FIRST STATEMENT. 
CHANGE! YES WE CAN! 
We don't believe in the Abe's fakehood cabinet. We disappointed in Shinzo Abe.
 
THE SECOND STATEMENT. 
CHANGE! WE CAN DO IT!
We're disgusted at Shinzo Abe's lies. So need to we change the apple which is rotted to a fresh one. Anyhow we can do it!
 
THE THIRD STATEMENT.
NO MORE SHINZO ABE! 
WE WON'T REPEAT THE SAME MISTAKE ANY MORE.
 
Please share this URL and message. 
 

 昨日の記事ではだいぶ吠えた。
 誰かに犬だけによく吠えると揶揄されてもかまわない。
 犬は一旦人を信じたら終生忠実だし裏切らないし恩をけして忘れないから。
 その点人間とは根本からして違う。
 なによりも犬の本性は『純粋無垢』であることだ。
 一方の人間はといえば・・・
 えっ、猫ですか?・・・
 ええとね。猫はね、『気儘』もしくは『自由』の象徴。



 ところで、一日経って冷静に状況を分析しますと、
 小池百合子「希望の党」で状況は一変しましたね
 相変わらず、絶妙なタイミングの登場です。
 安倍晋三の解散会見がすっかり霞んでしまいました。
 いいか悪いかは別にして面白くなって来ました。

 そういえば、元三重県知事の北川早稲田大学名誉教授が、
 「小池に嵌まってさあ大変」と表現していました。
 さすが、過去に「マニフェスト」で流行語大賞を取っただけはある。

 

この先をお読みになりたい方はどうぞ


nice!(113)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

これからの『日本』ひいては『日本人』を考える VOL.5 [評論・文芸]

安倍解散理由1.jpg

 

I hope to hear from you. If you approve this statement, you should join in this plan. Announce this statement on your HP, SNS, blog and Instagram. I hope to see you in the future. When you change, the world changes.
 
THE FIRST STATEMENT. 
CHANGE! YES WE CAN! 
We don't believe in the Abe's fakehood cabinet. We disappointed in Shinzo Abe.
 
THE SECOND STATEMENT. 
CHANGE! WE CAN DO IT!
We're disgusted at Shinzo Abe's lies. So need to we change the apple which is rotted to a fresh one. Anyhow we can do it!
 
THE THIRD STATEMENT.
NO MORE SHINZO ABE! 
WE WON'T REPEAT THE SAME MISTAKE ANY MORE.
 
Please share this URL and message. 

  

 まず初めに、拙ブログを訪れて下さった、すべての方にお伝えしたいことがあります。それは拙ブログの記載内容は公職選挙法に違反していないということです。固有名称を記載していますが、これが公職選挙法に触れることは一切ございません。内容についてもこれは誹謗中傷ではなく、信用の置ける、一定の客観的データに基づいた資料から得られた合理的推論又は事実なので、誹謗中傷にも、選挙妨害にも該当しません。従って、この記事を作成したU3だけでなく、拙ブログの内容に共感して同感のコメントを記載したり、またはその逆の反対意見を書き込んでも一切法的に罰せられる事はありません。
 それは公示日以前でも選挙期間中も変わることのない事実です。安心してご覧になって下さい。 


 Honesty is such a lonely word
 Everyone is so untrue
 Honesty is hardly ever heard
 And mostly what I need from you

  Billy Joel 1979 Album「52nd street」, "Honesty"より引用抜粋

 この歌詞のようにこの人間に「誠実さ」を求めるのはもはや無理なのだろう。


 やはり安倍自民党は嘘つきだった。

 

この先をお読みになりたい方はどうぞ


nice!(92)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

これからの『日本』ひいては『日本人』を考える VOL.4 [評論・文芸]

白馬ジャンプ台.jpg

 

I hope to hear from you. If you approve this statement, you should join in this plan. Announce this statement on your HP, SNS, blog and Instagram. I hope to see you in the future. When you change, the world changes.
 
THE FIRST STATEMENT. 
CHANGE! YES WE CAN! 
We don't believe in the Abe's fakehood cabinet. We disappointed in Shinzo Abe.
 
THE SECOND STATEMENT. 
CHANGE! WE CAN DO IT!
We're disgusted at Shinzo Abe's lies. So need to we change the apple which is rotted to a fresh one. Anyhow we can do it!
 
THE THIRD STATEMENT.
NO MORE SHINZO ABE! 
WE WON'T REPEAT THE SAME MISTAKE ANY MORE.
 
Please share this URL and message. 

 

 安倍自民党は何れ自壊する。

 私はそう思っていました。
 それをふと細君に漏らしたことがありました。
 そうしたら今日(2017.9.24.5:45)になって
「遂に離党者が出たよ」とニュースを見た細君が伝えてくました。
 私は断言してもいい。
 安倍晋三が続投する限りこれからも離党者は続く。
 惨敗すれば尚更だ。
 打倒自民。降板安倍。
 それ以外日本の生きる道はない。

この先をお読みになりたい方はどうぞ


nice!(105)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

これからの『日本』ひいては『日本人』を考える VOL.3 [評論・文芸]

石仏群.jpg

  

I hope to hear from you. If you approve this statement, you should join in this plan. Announce this statement on your HP, SNS, blog and Instagram. I hope to see you in the future. When you change, the world changes.
 
THE FIRST STATEMENT. 
CHANGE! YES WE CAN! 
We don't believe in the Abe's fakehood cabinet. We disappointed in Shinzo Abe.
 
THE SECOND STATEMENT. 
CHANGE! WE CAN DO IT!
We're disgusted at Shinzo Abe's lies. So need to we change the apple which is rotted to a fresh one. Anyhow we can do it!
 
THE THIRD STATEMENT.
NO MORE SHINZO ABE! 
WE WON'T REPEAT THE SAME MISTAKE ANY MORE.
 
Please share this URL and message. 

 

All persons make a mistake.

Therefore a mistake is repeated.

Like that day 84 years ago.


どのような人でも人である限り間違いはある。
しかし過ちを犯した後でその事を真摯に顧みられるかどうかで
道はふたつに分かれるだろう。
そして反省なき者はまた同じ過ちを犯す。
日本人は84年前のあの日と同じ過ちを
また繰り返さなければならないのだろうか。

 

この先をお読みになりたい方はどうぞ


nice!(113)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

これからの『日本』ひいては『日本人』を考える VOL.2 [評論・文芸]

大蒜.jpg

【安倍首相と自民党不支持をあなたも表明しませんか】

 もし主旨にご賛同頂けるのであれば、まずは下記の英文と和文が対になっている声明文statementの部分を all copy して、ご自分の blog.so-net の新規記事のどこかに paste して下さい。欲を言えばあなたの記事の文頭に(笑)
 そして、同じ要領でaccountを持っているすべてのHP, facebook, Instagramcopy & paste して下さい。

『これであなたはご自分の選択、そして意志として今の安倍自民党政権を支持しないと表明したことになります。私達はその輪が例えはじめは小さくとも、やがて大きなうねりとなって、世界中に日本の実情を知らしめる、その第一歩になると考えています。そしてそれは取りも直さず、日本変革の第一歩となるのです。私達の平和への願いは、「非暴力」「対話」そして「融和」でしか叶えられません。武力・暴力・経済的制裁などで叶うものではないのです』


この先をお読みになりたい方はどうぞ


nice!(256)  コメント(31) 
共通テーマ:日記・雑感

これからの『日本』ひいては『日本人』を考える VOL.1 [評論・文芸]

Victory High touch.jpg

<戦争の壁を塞げ> 


 これは真摯な問い掛けです。

『あなたは、またも安倍政権の奸計に欺されて

     自民・公明政権与党に一票を投じ、

         失政・暴走に与(くみ)するのですか』


この先をお読みになりたい方はどうぞ


nice!(255)  コメント(27) 
共通テーマ:日記・雑感

最も分かりやすい改憲論議と北朝鮮のお話 [評論・文芸]

Jアラート発動.jpg



 またぞろ、北がミサイルを発射しましたね。でも狼狽えちゃいけません。北の思う壺ですから。
 今さらジタバタしたって始まらないんです。
 北の脅威を口実に進められようとしている「改憲論議」同様にね。

この先をお読みになりたい方はどうぞ


nice!(281)  コメント(35) 
共通テーマ:日記・雑感

YOKOSUKA STORY<後編> [旅行・紀行文]

日ハムスタジアム.jpg


<本文とは全く関係ありませんが、先日近くにある日ハム鎌ケ谷スタジアムに行って来ました>

 わたくしめ、昨年の十一月を以て技術者という肩書きを外しました。辞めるまで紆余曲折はありましたが、このままで良いのかという自問自答の末の決断でした。仕事上のお付き合いのある方々からは、行く末を危惧され、それで慰留されたりもしましたが、自分がこれから為そうということに比べれば、それは些細なことだと判断しました。他人が自分をどう思おうが元々関心はありません。他人を頼ることも良しとしません。頼れるのは自分だけという気概はずっと持ち続けていました。ですから後は決断のみであったのです。
 過去があって今があるのは道理です。ですが本当に大事なのは今この時と未来です。何故なら、過去は変えられないけれど、今と未来は、己の心の持ち様と、その行動を以て、幾らでもどの様にでも変えることが可能だからです。ですから、その時点で残り少ない人生を、係累や他人の為ではなく、自分の思うままに生きてみようと決意したのです。そしてわたしの決意が固いのを見て結局のところ細君もそれを許してくれました。容易に道が切り開かれないのは分かっています。ですが決意した以上、やろうと決めたことは必ず遣り遂げなければなりません。

 実を云えば、わたしにその決断をさせたのは一匹の犬でした。しかし、その決断をさせた犬は今はもういません。そして彼の死が、わたしに大きな変化をもたらし、この世の無常と儚さと真実とを改めて知らしめたのです。

 彼はわたしにとって忠犬です。

 何ものにも代えがたい存在でした。

 そして今でもわたしの心の中に生きています。

 人生は自分が思うより長くはない。だとすれば生きている内に何を為すべきかを決め、それを実行しなければならない。そしてそれは今をおいて他にはない。遣らねば!


注)記事の末尾に本文とは関連がありませんが緊急追記があります。是非ともそれをご覧下さい。

この先をお読みになりたい方はどうぞ


nice!(401)  コメント(41) 
共通テーマ:日記・雑感

YOKOSUKA STORY<前編> [旅行・紀行文]

トランプバーガー.jpg

 

 ふと思い立ち横須賀の街を訪ねた。家から二時間弱のプチ旅行。

 総武・横須賀線を使って細君と二人で出掛けた。

 細君は横須賀は初めてというが私も似たり寄ったりである。

 空は生憎の雨模様。

 だが雨に祟られるという程ではない。

この先をお読みになりたい方はどうぞ


nice!(429)  コメント(49) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。