So-net無料ブログ作成
ご挨拶 ブログトップ

拙者、武者修行之旅ニ出ルデ御座ル。 [ご挨拶]

翼よあれが・・・.jpg

<飛行機慣れしてる人はこの雲をじっと見ていると何だか動いているような錯覚に陥ります>
 
 <危うい未来を予言する>
 
 三日後の十月十日は衆院選公示の日です。
 明日から十五日後の十月二十二日は投票日です。
 結果如何では亡国への坂道を転げ落ちるかも知れない日本の運命の日です。
 皆さん棄権しないでね。私事を優先しないで投票して下さい。
 私は急に忙しい身になってしまったので期日前投票をする予定。
 後半で選挙後の爆弾予想をしているのでご覧あれ。
 これはあり得ない未来ではない。
 そしてそれが的中したらたぶん未来は相当暗い。
 

これから先は『禁断の花園』ですが誰でも入園自由です


nice!(378)  コメント(49) 

「人間は感情の動物である」 [ご挨拶]

10031200.jpg 

 '10.03.28.09:35追記

 やったね真央ちゃん!

 これで高橋大輔と男女W金メダルだ! 

 きょうはのっけから結構むずかしい話だから覚悟してね。去年話していた「ブログ活動の集大成」の話に最終的には繋がるのだけれど何しろ前置きが長い。長文が好きな人にはお奨めだけれど苦手な方にはちょっと苦痛かも。読み進めていただければその面白さが分かると思うけれど・・・。まあU3らしいと云えばあまりにU3的な文章ではある。であるからにしてあまりお奨めできない(笑) ところで最後まで読むとわたしの今後の予定が書いてあります。よろしければ見て下さいね。

<続きを読んで見ましょう>


nice!(389)  コメント(67) 

大晦日 [ご挨拶]

 『大晦日』 一年を締めくくる最後の日

 だからこそこの一年を振り返ってみたい・・・

0812312.jpg 人知れずひっそりと暮らす者に災いはそれ程降り掛かっては来ないだろう。その対極にいるのは何事に付け目立つ人間なのだろうと思う。わたしがどちらに帰属するのかは謂うまでもないだろう。

 わたしのブログは映像のブログではない。少しだけ謂わせて頂けるならば映像が苦手な訳ではない。アマチュアながら昔からCanon一辺倒で銀塩一眼時代だけでもnewF-1からEOSシリーズまで20年以上のキャリアは一応あるのである。但しデジタルはコンデジのみ。さらに余談だが「弘法筆を選ばず」ということわざは嘘である。筆の素性以上の文字は書けないのである。あくまでもそれなりにしか書けないのが現実なのだ。太筆で細い線は書けないだろうし、細筆で雄渾な書が揮毫できる筈もない。先がすぐ割れてしまう筆で端麗な文が書ける事など不可能なのだ。わたしは弘法大師つまり空海の書を本で見た事がある。実際に達筆だと思うが筆は選んで使っていたというのが実際にも妥当な線ではないか。

 という訳で、拙blog掲載写真が拙い理由を覆い隠そうというわたしの魂胆は見え見えなのだが(笑)「わたしは映像表現にまったくウエイトを置いていない」という事と「写真は見たままを切り取るのがわたしの流儀」というのを言い訳しにてお許し願いたい。ちなみに技巧を凝らした写真を一度披露しても良いと思っている。まあ、前述の「弘法筆を選ばず」で自説を述べた様にコンデジでデジ一眼に迫る事は不可能だが・・・

 わたしのblogが文字のblogであることは誰が見ても明らかである。わたしがblogを継続している理由はただひとつ。

 皆に拙文を通して問い掛けたり訴えたい事があるからである。という事は取りも直さずblogという狭い世界でも波風を立てずには置かないだろうことは想像に難くない。

 現実に昨年4月からの急激な方針転換に付いて来られなかった人達が大勢いた事と無縁ではないし、新たな読者の方々が加わった事はその様な「問題提起」に関心があるか無いかを如実に物語っている。わたしの意図した事ではなかったが社会の事象に無関心な層とそうでない層とに見事と謂って良い程分離され顕在化されてしまった。

 それが果たして良かったのかどうかは今以て不明だがわたしはその仕掛け人として原罪はあるのだという観点から見るのなら無辜でない事だけは確かな様だ・・・

<続きを読んで見ましょう>


nice!(16)  コメント(8) 
ご挨拶 ブログトップ