So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

批判 [戒め]

大島桜.jpg


 誰だって批判されるのは厭だよね。でも、批判は時に人を育ててくれるよ。駄目にすることもあるけれどね。そしてその結果を左右するのは批判にどう対応するかで決まってしまう。簡単にいってしまえば「けして逃げない」こと。これが大事です。

 

 
  人は批判されることでより一層その本音本質本性を鮮明にするであろう

  批判を受け入れそれを糧とする人は人々から尊敬の念を勝ち取るだろう

  一方どんな批判も受け入れず自分を正当化する人はその信を失うだろう

  その違いがどこから来るかといえば誠実さと謙虚さの有る無しであろう

  慢心している人ほど自惚れているほど批判に過剰に反応する傾向もある

  まあ慢心していてなおかつ謙虚な人などこの世の中に存在しないけれど


                                                                                 By H☆imagineU3


 
 人生に無駄なことなど何ひとつない。 
 平凡は得がたいかも知れないが現実にはそうは生きられないし、
 もし生きられたとしてもその人を駄目にするだけだ。
 より多く経験せよ。
 何度も挫折を味わえ。
 他人のために幾度も涙せよ。
 他人の声に耳を傾けよ。
 そうしたことを数多く積み重ねていく中で、
 いつしかあなたは一回り大きくなった自分を発見するだろう。
  
  

 以前ソネブロである方の求めに応じ、少なからぬ時間を割いて調べ上げた上で、
 その人の疑問に正確かつ丁寧にお答え致しました。
 しかしその方はわたしの答えよりも自分が他から伝え聞いた誤った答えを優先し、
 わたしの親切でしたことに疑問を呈しよく考えもせず反故にしたのです。
 自分で提起して置きながらそれに誠実に答えた人の好意を軽くあしらう。
 その奢り昂ぶる驕慢な態度には「謙虚さ」の一欠片もありませんでした。
 ですからわたしは反論しました。「それがあなたの取るべき態度ですか」と。
 少なくともわたしは半日以上の時間を掛けそれが正解だという結論に至りました。
 不正解だという根拠も示さず何故あなたは求めに応じて提示した答えを否定するのですか。
 しかしその方の返答は思いもよらぬものでした。
 それまでの人の良いおばさまの仮面をかなぐり捨てわたしをいきなり罵倒したのです。
 わたしが徒党を組みブログを荒したというレッテルまで貼り罵詈雑言を浴びせたのです。
 しかしそれは事実ではありません。
 わたしは誰とも徒党など組んではいなかったのです。
 徒党を組むとは己のない小人のすること。わたしの最も忌み嫌うものの一つです。
 ですから、わたしの冷静なコメントとその人の感情的な態度を見た何処ぞのブロガーが、
 その方に非があると見て、わたしに加勢した積もりで介入したに過ぎません。
 そしてわたしはその加勢した人達にも苦言を呈しました。
 わたしは加勢したブロガーがどこの誰で何の目的でそんな事をしたのか未だ知りません。
 ですがそうした人達の行いは人を貶める意図が読み取れ良くないことだと感じました。
 だから表立っては正義感ぶったそのコメントに苦言を呈したのです。
 そうした中でこの方は自分の置かれた状況を冷静に把握する事もなく、
 他人の好意を一顧だにせず、ただ自分のプライドのために他人を蔑ろにしたのです。
 その方は自分の感情を優先させ、ヒステリックにわたしを罵倒した訳です。
 表面上は詰まらない争いのように見受けられたでしょうが事実はそういう事なのです。
 わたしの出した答えが正解であることはその後すぐに証明されました。
 その方が公園の職員から伝え聞いた樹木名札の漢字と読みの方が間違っていたのです。
 わたしがその梅の品種名の正しい漢字の綴りと意味まで調べてお伝えした、
『塒出の鷹枝垂(トヤデノタカシダレ)』の方が正解だったのです。
 たぶんその人はわたしの答えが正しいと途中で気づいたはずです。
 しかしそれまで過剰に反応したが為に自分を正当化するしかなかったのでしょう。
 経緯が分かってしまう一連のコメントの応酬を削除して証拠隠滅を図りました。
 そしてあろう事かわたしをブログ荒しと断定し、粗暴な愚か者として切り捨てたのです。
 わたしは終始誠実に対応しました。それに対してこの仕打ちです。
 当時大勢の人がその経緯を目撃していたはずです。
 しかしその方の信奉者や他のブロガーはその方の剣幕を見て口を噤んでしまいました。
 そしてあろうことかその態度が毅然としているとして一部の人は賞賛までしたのです。
 わたしはすっかり悪者になり名誉回復の機会さえ与えられませんでした。
 ひとは何かの拍子に普段は隠されたその本性を現すもの。
 その方もその他のブロガーも含めてそれが良く分かる出来事でした。
 この方等には誠実さと謙虚さと良識の欠片もありません。
 そしてその方からそれ以降今に至るも謝罪の言葉は一切ありません。
 以来当然ながらその方とは音信が途絶えたままになっています。
 わたしはそれまで親切を仇で返されたことは一度もありませんでした。
 しかし世の中にはこういう人もいるのをこの歳になって初めて知ったのでした。
 それまで世の中には話して分からない人はいないと思っていました。
 親切には親切で返って来るものとばかり思っていました。
 だがそれは幻想でした。親切に悪意で返す人も世の中にはいるのです。
 どこにでも人の気持ちが分からず人を貶める人はいるものです。
 それを知っただけでも良い経験であったと気持ちを切り替えることにしました。
 しかし憎む気持ちこそありませんが、わたしがこの方を許すことは二度とありません。
 その方とは、、、
 あの「おはようございます。・・・云々」のコメントでどこにでも顔を出す、
 七十代半ばの千葉市在住のご婦人ブロガーです。
 え、あの人が
・・・という感じですが事実です。

 因みにこの方のコメントは最近は「こんにちわ」で始まることも多いようです。

 <追 記>

 この記事は個人を非難する目的で書かれたものではありません。あくまでも、その行為を批判し、この貴重な経験を皆さまの心に留め、マイカテゴリーにある通り「戒め」にする目的で書かれたものです。ですから人の好意を悪意で返した人物をあぶり出したり、今更追及する気はないのです。それに当人は今も自分の対応は正しかったと信じ込んでいるかもしれませんし、もしこの事について忸怩たる思いがあったとしても今更謝ることはなさらないでしょう。
 重ねて申し上げますが、これはあくまで「戒め」のために書かれたものです。個人を追及するためのものでも、謝罪を求めるものでもありません。従ってこのブロガーが誰か、これを読まれた方が特定できたとしても、それを炙り出したり、非難する行為はお控え願います。わたしは「罪を憎んで人を憎まず」の原則は守るつもりです。皆さまに置かれましてもわたくしの意志と意図を汲み取り頂きそれに従って下さるようお願い致します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 一昨日急遽決定したのですが、今日午後からしばらく留守にします。
 その間記事の更新はお休みさせて頂きます。
 お仕事の取材で古都を旅しなければならなくなりました。
 そこを拠点にいざ、古(いにしえ)の世界にタイム・スリップ。
 思索に耽りたいので行った先で知人には連絡は取らない予定。
 お許しあれ。不義理な男だなんて
云わないでね。
 因みにうちの奥様は自分の予定が目一杯で今回は同行しません。
 つまり『ひとり旅』です。アハ、
 しか〜し、自由気儘ですがオイタをする積もりはサラサラありません。
 ところがところが、宿が取れなくてもう少しでラ〇ホを予約しそうになっちゃいました。
 ブッキング・コムにまさかそんなホテルが掲載されていようとは (*´∀`*)
 写真を見てそれだと分かりました。そう云えば「大人専用」なんて断り書きがありました。
 結局のところ、中日一泊だけ一泊ん万円の高級温泉旅館に泊まって、
 その前後はスタンダードなチェーンホテルに泊まる計画で予約完了。
 取材日数は一週間を超える予定。
 ところで・・・更新しないと云いながら、気分屋さんのわたしなので、
 取材資料を纏めるのに疲れたら(飽きたら)気分転換に記事を更新するかも知れません。
 その時は悪しからず。


 あおによし ならのみやこは さくはなの におふがごとく いまさかりなり

 行って来ます。

 


nice!(152)  コメント(13) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 152

コメント 13

U3

仕事を放ったらかして朝からずっと国会中継を見ています。真相を究明する目的で開かれた国会証人喚問ですが、今のところ時間の無駄以外のなにものでもありません。国民の疑念は消えない。
by U3 (2018-03-27 11:25) 

むうぴょんこ

ごめん・・・経緯は分からないけど・・・
超面倒くさい人って・・・現実社会でもある程度いるけど・・・
ネットでは特に沢山見かけるよね!!
そういう人ってネット内でしか存在理由が無いから・・・
『自分の居場所』を維持しようと余計に躍起になるって悪循環に陥いるし・・・
類は類を呼ぶって感じで偽善者が沢山集まってくるケースも多いのが厄介だよっ(泣)
ホント・・・大変だったねぇーっ!!
なので私はそういう人は・・・
冷ややかな斜め目線で無視して、即消去(笑)
まあ、彼女にも見せたくないしね!!
なので〇鹿に関わって消耗するくらいなら・・・
もっと楽しい事に労力をつぎ込みたいのです!!
でもそういう人たちって本質は『嫌な事をため込むタイプ』なので・・・
どんどん鬱屈が溜まってきちゃうのは確か!!
なので・・・『楽しいことをため込むタイプ』に自分を変えればいいのにねって思っちゃう!!
ホント・・・勿体ない・・・クマったもんですなぁーってね!!
でも・・・頑張ってね・・・応援してますよっ!!
by むうぴょんこ (2018-03-27 12:22) 

U3

☆むぴょんこさんへ
 コメントを頂きありがとうございます。
 わたしの考えですが、仕事上で厄介な人は仕事上でしていることなので、しかもなんで厄介なことを言っているのか分かるので対処は案外容易に見つけられるのです。冷静かつ客観的判断が最終的に示され、遺恨さえ残らないのだと思っています。少なくともわたしが会社員であった時はそうでした。
 しかしプライベートでの話は別だと思うのです。善意と誠意を以て為されたことを悪意で返すということがどの様なものであるのか。その悔しさは経験した者でなければ分からないと思います。後々まで心の傷として残るのですよ。日々前向きに生きていてもふと過去の傷が蘇る。いわゆるトラウマとか心因性外傷です。そして、得てして傷つけられた方よりも傷つけた方は反省もせずのほほんと生きていけるのです。
 これを不条理といわずして何と言えば良いのでしょう。ですから皆さんにも、それぞれの人間関係に於いて「戒め」として留め置いて頂きたいと言う思いで書かせて頂いたのです。
 わたしは元々泣き寝入りなどしません。その時もハッキリと自分の考えはその方に伝えました。しかしわたしのコメントは削除され無視され謂われのないレッテルまで貼られたままで終わらされたのです。それ以上追及したらわたしはストーカー扱いされかねない状況でした。そんな正しいことが伝わらず悪意だけが大手を振って罷り通る状況だったのです。そして皆知らぬ振りをした。実はこの点がわたしが一番傷ついた事なのです。この悔しさが分かりますでしょうか。
 被害を受けた方は一生その傷を抱えて行かざるを得ないのです。世の中不条理ですよね。そしてアンフェアです。
by U3 (2018-03-27 15:05) 

U3

☆★☆皆さまへ☆★☆
 何ひとつ真相が究明されない佐川証人喚問ですが、これを解く鍵は昭恵夫人の証人喚問以外ありえません。この様な公文書改竄が行われた背景とその原因はすべて昭恵夫人の軽率な言動が招いたことにあるのは明らかです。安倍総理は自分の身の潔白よりも、むしろ昭恵夫人を庇いたいが為に今までああした発言を繰り返してきたのです。
 そして安倍総理と自民党が昭恵夫人の証人喚問を拒むのはここが一番触れられたくないこの問題の核心であるからに他ならないからです。
by U3 (2018-03-27 15:17) 

U3

☆★☆皆さまへ2☆★☆
<佐川証人喚問についての感想として>
丁寧な説明をしなかったという理由で辞任しながら、今なお丁寧説明をしないこの矛盾。
 そろそろ出発の準備に入ります。
by U3 (2018-03-27 16:27) 

枝動

こんにちは。
ひょっとしたら、どこかの街角でパッタリ出会うかもよ。
by 枝動 (2018-03-27 17:10) 

U3

☆枝動さんへ
そうですね。でも前回ご一緒したお寺には行く予定はありません。
万葉の世界を堪能するつもりです。何しろ題材探しなので。
by U3 (2018-03-27 19:00) 

むうぴょんこ

うんうん、U3さんの悔しさってすっごく理解してるつもりで・・・
アンフェアだし、不合理極まりないよね!!
だって誠意を尽くして人の為に良かれとした行為が歪曲されて悪意へと捻じ曲げられたら誰だってムカつくよ!!
実際、私たちのブログだって『釣りの基本を全く理解していない〇鹿』や・・・
『記事内容の本質を理解できない〇鹿』にかなり荒らされたことがあるし・・・
って、未だにたまにされてる現実もあるしね(泣)

でも実は彼らのそうした行為と気持ちだって理解できなくもないし・・・
最近では逆にそうした人たちって『自分に素直で、正直で可愛い♡』ってちょいと思ってたりして(笑)
あはは・・・こう書いちゃうとちょいとムカつかれちゃうかもしれないけど、ちょいと聞いてね??

こうした問題に対する私の考えってこんな感じで・・・
『相手が自分の考えを理解できない』 ⇒ 『自分の論理が相手の能力を著しく上回っている』
その結果・・・『相手の”脳力”(真実を見極める力ね)が欠落して、一方的な悪意へと変化する』
って事なのかなって??
でもね、私の場合はあくまでも私の文章に天邪鬼的要素が強すぎて、言葉が足りなくなってしまった結果であって・・・
U3さんのケースとはまったく違うと思うけどね(笑)

まあ、端的に言えば『地動説』と『天動説』的な感じで・・・
相手の経験と能力、そして想像力が足りなくば、やっぱりどんな正論であっても理解されない事ってあるわけで・・・
そうした人ほど、そうした『自分が理解できない物事』への恐怖が募っていき、『盲目的な否定につながる』と思うんだよね??
この否定って非常に重要で・・・
ほら、U3さんが言ってるようにこうした悪意を向けられたら『PTSD』にもつながるってあるわけでしょ??

実はそうした人たちも『自分が間違ったことを主張してしまった』事で・・・
自らの行為により『心因性外傷』を発症してしまったわけで・・・
普通の人なら・・・『ありゃ・・・間違っちゃった・・・ゴメンね・・・テヘッ♡』・・・
ってな感じで間違いを訂正して素直に謝罪するはずなんだけど・・・
そういった『脳力』に欠けてる人たちは『自分が間違ったことを一切認めたくない』
って気持ちが強すぎるのが問題!!

だって間違いを認めたら『自分の”脳力”が人よりも劣る』・・・って、
悲しい現実を認める事になっちゃうからで・・・
必死に間違いを隠蔽しようとして、より攻撃的になると思うんだよね(泣)

なので今回はそんな状況に陥った相手にU3さんが傷つけられたってな感じなのかなって??
でもね・・・その悪意を向けられた事に対してU3さんが気に病むことは無いと思うんだ!!
だって・・・相手は最初っから『自分が間違ってる』って、分かってるんだからね!!
なので私は・・・『冷ややかな斜め目線で無視』ってな感じ(笑)
だってそこで正論を振りかざしても論理的な話には一切ならないし・・・
泥沼にはまるだけで、誰の得にならないしねって事!!

なのであくまでも私見での結論だけど・・・
『相手は自分が間違っていることを感覚で感じて怯えている』事を理解してあげて・・・
『正論であっても必要以上に追い詰めない』方が良いと思うんだよね??
それが私の考えかな??

ホント・・・ゴメンね・・・こんな嫌な事を蒸し返しちゃって・・・
正直、相手が誰かなんて推察する気は全くないし・・・
U3さんのブログでの考え方も大好きなので・・・
みんなで和気あいあい、仲良くやってる姿をすっごく見たくて・・・
でもU3さんの心が傷ついてるのを知って、微力ながら助けになりたくて・・・
そうは言っても医者でもないし、ド素人だし、経験も少ないしでうまく言えないけど・・・
分かってくれる人はたくさんいるよって思うので・・・
頑張ってねって事が言いたいのです!!

あはは・・・要はその『頑張ってね』って言葉だけを言いたかったって事で・・・
そのお相手もU3さんともう一度仲良くしてくれたらすっごく嬉しいなって事で・・・
みんなで頑張ろうねって事なのです(笑)

長文駄文、失礼しましたっ!!
ではではぁーっ!!
by むうぴょんこ (2018-03-29 11:15) 

U3

☆むうぴょんこさんへ
 長文お疲れ様でした(^_^;) アドバイスありがとうございます。
 その時は怒ったけれど、今はなんともないですよ〜〜。でも、たまに落ち込んだ時なんか、ふと今回みたいに思い出したりするんですね。まあ、一過性です(笑)
 でもPSTDになってるんでしょうね。そういう意味では人の善意を悪意で返すってやはりいけない事なのだと思います。その時付和雷同でその人についた他のブロガーもね。
 それから、その後はブログ荒らし、」やブログ炎上を企む輩などにはその場でガツンと一発お見舞いしているので実害はないです。そういう意味では教訓になった出来事です。
ではではごきげんよう。
 
by U3 (2018-03-29 19:57) 

たいへー

一回り大きくなるのは腹周りばかりで・・・
by たいへー (2018-03-30 18:35) 

U3

☆たいへーさんへ
 云えてます。
by U3 (2018-04-02 06:31) 

むうぴょんこ

天邪鬼なのでとりとめもない長話になっちゃったのに『ありがとう』まで言ってもらえてうれしい!!
えへへ・・・こちらこそコメント欄を荒らすような行為をしてゴメンね!!
ってな事で・・・立ち直ってくれてるみたいで安心しましたっ!!
これからも記事を楽しみにしてるよぉーっ!!
ではではぁーっ!!
by むうぴょんこ (2018-04-02 13:13) 

いっぷく

>あの「おはようございます。・・・云々」のコメントでどこにでも顔を出す、
>七十代半ばの千葉市在住のご婦人ブロガーです。

探したけど、見当つかないなあ
もっとヒントください(笑)

それはともかく、結論として、合わない人とは関わらないことですね。

いくら批判を書いたところで、「おお、そのとおりだ」と相手は得心すると思いますか。
第三者も、「ああ、この人は気に入らないことがあるとこうやって記事で晒すのか」とドン引きするだけ。
何もいいことはありません。

So-netプログなんて、しょせん「世間話コミュニティ」なんです。
論理的に追い込んだり、責任追及したりしても、だから何? という話です。

私は正直、いい感情を持てないユーザーは結構います。
結構根に持つタイプだし(笑)
でもまあ、その人の何がどう気に入らないのかと棚卸しして、我が正義と誇ったって仕方ないでしょう。
かりにそれが道理のないものであったとしても、相手には相手の言い分があります。
極端に言えば、「人を殺したいから殺す」というのも「言い分」です。
それがとおるかどうかは別として。
でもとおるかどうかを判断するのは裁判所です。
通らせないと、そいつに手をかけたら、手をかけたやつが悪くなっちゃう。

あなた、その気に食わない御婦人ブロガーと裁判しますか。
そこまでの覚悟がないなら、かかわらないことがいちばん自分のロスが少なくて済む方法なのです。

もし記事に書くのなら、個人攻撃ではなく、もっと一般論として構成し直すことですね。
あなたのは、どう言い訳しようが個人攻撃だ。
「千葉市在住のご婦人ブロガー」って書いてるでしょう。

たとえだれが主語であっても通用する話に昇華して書くことです。
それができなければあなたの負け。

ああ、一応これ善意で書いているので、逆恨みしないでね(笑)
by いっぷく (2018-04-16 03:54) 

Facebook コメント