So-net無料ブログ作成

シリーズ『朝鮮半島の正しい歴史』最終章 [誤った認識を正す]

koria005.jpg


 本業に専念するために暫くお休みを頂きます。
 その前に、皆様にはこれだけはお伝えしたい、日韓関係の根本にある問題を、わたくしなりにお伝えしたいと思います。何故なら正しい事実認識なくして正しい日韓関係もあり得ないからです。筆者はここで事実を述べるだけで何ひとつ読む者に強要はしません。そして、この記事を見て、日本人としてどう韓国人と接するのかを考えるのは、これを読んだ方が改めて考える問題です。

 ただ筆者の考えだけは先に述べて置きます。

 韓国と日本は友だちにはなれません。ビジネスパートナーにも成り得ません。本当は係わりたくないけれど、拠ん所ない事情があって、しかたなくつき合わなければならない、『ブラックな取引先』や『嫌な相手』と接する時のように、可もなく不可もなく、差別だとか無視してるだとか相手に騒がれない程度に、そつなくあしらえば十分だと思われます。何と、小中でいじめっ子をやっていた人には「昔取った杵柄」で得意中の得意技ではありませんか(o゚∀゚o)←ヒニクマジリ

 つまり、日本と韓国が、未来志向の関係などには、天地が引っ繰り返ったって、日本列島が沈没したってなり得ない話です。ネグレクトにならない程度に冷ややかな態度で接するしかない国家とその国民だと思います。でも何度も言うけど1945年の終戦以来、ずっと日本に住んでいる在日の方と、その後日本に帰化した人達は別です。反日感情をいだいていないという前提ではありますが。

 ハッキリ言って久々の大作です。もう二度とソネブロでこんな馬鹿げたことを遣ろうとは思わないほどの大作です。自分で言うのも何ですが、現在の日韓関係を語った、他のどのブログや、ニュース解説記事や真相報道よりも、筆者の書いた記事は分かりやすく、しかも長文でりありながら、最後まで読み通せば日韓に横たわる問題の本質が分かるように工夫されています。そして読み終わった頃には、今の日韓関係がどうしてこうも拗れてしまったかのか、その原因がすんなりと頭の中に入っていることでしょう。何ならこの記事の品質保証書を発行しても良いくらいです。 
 この記事を読んで納得がいったとお感じであれば、是非とも、積極的に多くの方にこの記事を拡散して下さい。より多くの日本人の方々に、日韓関係の真実を理解してもらえたら、これほど嬉しいことはありません。そうすることで、この隣国とどう付き合うべきか、それぞれのスタンスで考えて行動して頂ければと思い
ます。そのためにもこの記事は最後まで読み進めるべきです。
 だから、、、最後まで我慢してでも読んでみてね
 
 
 現在、この様な戦後最悪ともいえる日韓関係になっている根本の原因は、文在寅政権が日本に押しつけようとしている『正しい歴史認識』という特異な歴史観にありますこれが日韓の間のあらゆる問題を拗らせているのです。何故なら、文在寅政権のすべての言動が、この歴史観に基づいて実行に移されているからです。「従北」「反日」「反米」を掲げて韓国大統領になった、この文在寅という元左派弁護士の男が夢見ているのは「革命という名の幻影」です。

 では文在寅政権の主張する『正しい歴史』とは、一体どの様なものなのでしょう。

 これを分かりやすく言い表せば、「韓国が正しい」、もしくは文在寅が「こうあらねばならない」と思い込んでいる、客観的ではない、韓国人というより文在寅政権の主観に立脚した、歪曲・再構築された歴史観そのものです。

 もう少し具体的に述べると、「(韓国人にとって)道徳的に正しいと思う歴史」観と「(韓国人にとって)本来こうあるべきと思う歴史」観に基づいたものが、文在寅の考えている『正しい歴史』の正体です。これで果たして日韓で共有する正しい歴史観など本当に構築できるのかという議論はさて置いて、文在寅の言う「正しい歴史」や「日本による朝鮮半島の『不法な支配』」という主張の、根拠となっているのが「大韓民国憲法前文」なので、その中身をまずは解説したいと思います。

 ここに大韓民国憲法前文の日本語訳を全文記載します。

 悠久な歴史と伝統に輝く我々大韓国民は、3.1運動で建立された大韓民国臨時政府の法統と、不義に抗拒した4・19民主理念を継承し、祖国の民主改革と平和的統一の使命に立脚して、正義・人道と同胞愛で民族の団結を強固にし、全ての社会的弊習と不義を打破し、自律と調和を土台に自由民主的基本秩序をより確固にし、政治・経済・社会・文化のすべての領域において各人の機会を均等にし、能力を最高度に発揮してもらい、自由と権利に拠る責任義務を完遂するようにし、(国)内では国民生活の均等な向上を期し、外(交)では恒久的な世界平和と人類共栄に貢献することで我々と我々の子孫の安全と自由と幸福を永遠に確保することを確認しつつ、1948年7月12日に制定され8次にわたり改正された憲法を再度国会の議決を経って国民投票によって改正する。

<Wikipedia 「大韓民国憲法前文」文中より抜粋引用>

 この大韓民国憲法前文には、多くの史実ではない内容が、まことしやかに書かれています。正しい歴史を反映していない箇所は、後々文在寅の言う「正しい歴史」が、本当は「正しくない歴史」である事を証明するために、その都度ご説明致します。なお、この前文の末尾にある「8次にわたり改正された」というくだりは、「後々の政権にとって不都合な事実や記述を改ざんした」という意味と捉えて結構です。

 さらに、この前文に書かれている歴史に係わる部分、例えば建国という国家の成り立ちの根幹に係わる部分は、大韓民国憲法の編纂に当たって李承晩らが自分達の都合の良い様に、歴史的事実を歪曲して記述したものであり、この前文の歴史的根拠を100%肯定している国家は、世界中で韓国ただ一国のみです。韓国建国の後ろ盾になった米国も、これから文在寅が融和しようとしている北朝鮮ですら、これを一切認めていません。それはそうです。史実に則っていないのですから。

 ところで日本や世界で歴史を編纂する場合、大切なのは『史実』を歪めないことです。幾ら隠そうとしても、史実であればそれを勝手な解釈でねじ曲げてはいけないのです。その国家の恣意的な思惑で編纂されたものではなく、世界的に見ても相違なく広く受け入れられた認識と客観性に立脚して編纂するものであり、韓国人が声を大にして、時には口角泡を飛ばして主張する、恣意的かつ主観によって色づけされた、史実とは異なる『自分達にとって都合の良い歴史』であってはなりません。そしてその様なものは世界では正しい歴史などとは呼びません。「私家版我が家の歴史もどき」か「自分勝手に書き綴った自画自賛ばかりが羅列された自叙伝みたいなもの」程度の扱いしか受けないでしょう。

 では『史実』とは何かと云えば、国際的に多くの国に認められた、隠しようのない、つまり見るものによって解釈が異なる様なものではなく、たったひとつの解釈しかできない事実を史実と呼ぶのです。それが集まったものが「正しい歴史」と呼べるものです。そしてその元となるのが、国際条約や、利害関係のある国家や国際機関も認めた二国間条約の文書であったり、世界の誰もが改ざんしていないと認める公文書であったりする訳です。

 ちなみに、後述する1910年に締結された『日韓併合条約』は利害関係のある清朝にも、帝政ロシアにも、アメリカ合衆国にも認知されています。つまり大国の利害が調整された併合条約だったのです。ですから、韓国がこれを無効だと非難するならば、その権利を引き継ぐ今の中国と、ロシアと、アメリカ合衆国も同時に非難しなければならない理屈になりますが、文在寅はチキンマン(臆病者)なので、日本にだけ強硬な手段を取っている訳です。

 一方、韓国の主張する「正しい歴史」とは、古代にまで遡って主張するものではありません。せいぜい前世紀、つまり西暦1900年代まで遡って主張している歴史観に過ぎません。日本人が韓国人の千年恨などという主張に惑わされて過って認識してしまった、倭寇や豊臣秀吉の朝鮮出兵辺りまで遡る歴史認識ではありません。千年恨という主張は、千年の間朝鮮民族は日本に虐げられて来たという主張を元にした怨恨の概念です。だが、彼らがもし千年恨というのなら、日本の鎌倉時代にあった二度の元寇の役で、朝鮮民族の国家である高麗が元を先導して、日本を占領しようとして大軍で攻めて来た戦役は、いったいどう説明すれば正当化できるのだろうか。

 文在寅のいう「正しい歴史」の根拠となっている「(韓国人にとって)道徳的に正しいと思う歴史」、「(韓国人にとって)本来こうあるべきと思う歴史」観において、この史実をどの様な道徳的な観点から眺めれば、正当化できるというのだろうか。

 あれは高麗という韓国人の正当な先祖ではないから、今の韓国人に関係のない話だというなら、そもそも千年恨などと言うな。秀吉の朝鮮出兵は今から僅か426年前のことだ。それを恨むなら、せいぜい五百年恨ぐらいにしておけ! ついでに言えば、君らの祖先が得意の騙し討ちをして滅亡させた国名を冠する「高麗大学」も廃校にするか、名称を変えたらどうだ!

 思うに、どう足掻こうと、戦争を正当化できるのは戦勝国だけなのではないか。当然ながら、韓国も北朝鮮も、太平戦争終結後に、本当の戦勝国からも戦勝国扱いを一切受けていないし、国際的にも戦勝国として認められていない。それはそうだ。朝鮮民族とこの大韓民国臨時政府なるものは、一度も日本に宣戦布告したことも、連合軍と一緒に日本と戦ったこともない。そんな世界のどの国も承認せず、その存在さえ知らなかった実体のない仮想国家が、米国の支援で日本と一度も戦わずして『棚からぼた餅でなし崩し建国』をして、何で日本に勝利した結果、独立したと胸を張って言えるのだろうか。

 そもそも戦争は韓国では道徳的行為なのか。それに、韓国人は彼らの直接の先祖だという李氏朝鮮まで遡って現在までを振りかえって、本当に道徳的な民族だったのか。拷問とか、暗殺とか、大量殺戮とか、テロとか、裏切りとか、騙し討ちとか、告げ口外交とか、それこそ何でもありの国家だったのではないか。道徳的な民族が、どうして人口の40パーセント近い自国民を奴婢(ぬひ)などという奴隷として扱い、基本的人権さえ与えず家畜以下に扱って、その上使い途がなくなったら人身売買までしたのだ。そういえば美しい奴婢を君たちお得意の性奴隷にもしていたな。妓生(キーセン)なる公娼まで1980年代まで韓国内に何十万人と実在していたし、それで外貨を大いに稼いでいたっけね。

 でもね、それが道徳的な、君たちや君たちのご先祖様のすることか。相手によって言うことを変え、上記のキーセンのような都合の悪い過去には口を噤んで蓋をするのが、韓国人の言う道徳観なのか。これで元慰安婦に韓国人が関与していないなんて本当に言えるのか? みんな日本人が悪いのか? 自分達のしたことを忘れて他人を批判するのは、韓国人のDNAに組み込まれたものなのかもしれないけれど、そんなもの世界じゃ通用しないぜ。

 過去に責任のない自国民など世界のどこを探したってないんだ。朝鮮人の自ら招いた忌まわしい過去を「不法な支配」などと言ってみんな日本人の所為にしようとしているだろう。過去をすべて日本人の所為にして、自分達にはまったく責任がないなんて論法は本来は通じないんだよ。日韓併合条約前の朝鮮半島は、まさに自分達の将来も決められないほど、暗愚で我欲にまみれた亡者が跋扈する世界だったじゃないか。為政者と高級官吏は未来を一度も見据えることもなくただ政争(内紛)に明け暮れ、地方役人といった下級官吏も両班も、あるのは損得勘定で如何に楽して儲けるかばかりを考え、民衆の前では暴君となって悪逆の限りを尽くし、庶民を散々虐げていたではないか。それこそお前たちの招いたことじゃないか。それもこれも皆日本人の所為だとでも言うのか? 何から何まで日本人の所為にする積もりか? ホントUnbelievableな民族だぜ!

 絶対に自分達の非を認めないた韓国人気質だから、理解しようともしないんだろうな。松鶴家千とせじゃないけど「わかるかな。わっかんねえだろうなぁ」、隣国人とのつき合い方と国際常識がっ。

 でも無知なあなた方に、本当のことを教えてあげよう。そうした理不尽な李氏朝鮮の圧政と特権階級の両班の横暴から朝鮮民族を解放したのは、あなた方が一番嫌っている日本人なのだよ。それだけでなく、李氏朝鮮王朝では蔑まれて(中国が宗主国だから漢語が公用語で他は一切認めていなかった)公的には一切使えなかったハングルは、日本人が広め普及させたものだ。日本製が嫌というなら今日からハングルを使うな。

 つまり、日本が朝鮮半島を併合するまで、朝鮮の民の誰もが、日常的に交わす言葉を表す文字が、一切民間には普及していなかったのだ。朝鮮人が古来から使っている言葉だけがあり、その言葉を表す文字という言語体系を誰も知らなかったし使ってもいなかった。それを世宗(セジョン)時代の古い「訓民正音」という文献から見つけて、ハングルと名付け民衆に広めたのはたった一人の日本人教師で、その苦労を聞いた福沢諭吉が、後輩の印刷所で刷らせたハングル語の教科書があって、初めてハングルが朝鮮民族にあまねく広まったのだ。

 この時代から義務教育で小学校でハングルを学んだ朝鮮の幼子はハングルが読み書きできたが、その親はまったく字が読めなかったから、自分の子どもからハングルを教わったという嘘の様な本当の話を知らないのか。

 日本が併合するまでのハングルの識字率はほぼ0%で、公用語の漢語すら李王朝や両班も含めて10%にも届かない識字率だった。まあ日本が統治した時代だってハングルの識字率は向上しても、男子で識字率は50%程度、女子は10%程度だったと韓国系のHPなどでは喧伝されている。そして、それを日本の統治がうまくいっていなかった証拠だとしている。「ほざくな!」それは日本の責に帰す問題ではない。そもそも日本の統治下にあって、20年を経過してこの程度の識字率しか上昇しなかった本当の理由は、当時の朝鮮民族の教育に対する民意の低さと、貧困に原因があると考えるのが妥当だ。その貧困でさえ日本の所為ではない。何しろ日本統治前は産業と呼べるものは何一つなかったではないか。

 元々産業らしい産業がない朝鮮半島で、日本から膨大な資金を集めて、朝鮮半島に日本と同じ様に殖産興業を実現したのは、日本人の努力があったからだ、朝鮮人の殆どは李氏朝鮮時代の旧弊を引き摺っていて、みな怠惰で働くということを知らない。そはそうだ。元両班というのは特権階級で下々の民衆から撒き上げた不労所得だけで生きていた人種だ。それが総人口の50%近い人口を占めていたのだ。

 それがその特権を朝鮮総督府に剥奪され一気に不平分子に早変わりし、日本の遣ること為すこと妨害をして、各地で暴動を起こし、朝鮮半島の発展を阻害したのだ。そして伊藤博文をハルビンでピストルで暗殺した安重根も、元両班の不平分子だった。伊藤博文は、朝鮮民族自主独立擁護派の中心人物だったんだぞ。その伊藤が暗殺されたのを契機に、それ見たことかと一気に帝国陸軍や日本国民の併合を叫ぶ声が広がり、朝鮮併合気運が一気に盛り上がったんだ。

 だから伊藤博文が「三発あたった。相手は誰だ?」と叫んで、死ぬ間際に、伊藤を撃ったのが朝鮮人だと知ると「俺を撃ったりして、馬鹿な奴だ」と言って、事切れたのだ。伊藤はハルビンで暗殺される前の歓迎会のスピーチで「戦争が国家の利益になることはない」と語っている。常日頃から「朝鮮民族は自らの力で自立せよ」とも唱えていた。その伊藤博文をこの暗愚なテロリストは暗殺という手段を用いて殺害したのだ。その暗愚な安重根が今の韓国では英雄として扱い記念館までできているという。

 本当のことを言えば、朝鮮半島を併合しても日本にとって何一つ利益がないことを、半島の実情つぶさに見て来た伊藤博文は知っていた。だから併合には反対で、朝鮮人の真の自立を促していたのだ。朝鮮人は自らの手で自立すべきだと説いていたのだ。日清戦争で日本が勝利したことで、李氏朝鮮は既に主権を獲得し独立も果たしていたのだが、この李王朝はその責任を果たそうともせず、再び旧宗主国の清国に裏で頼ったり、あろうことかロシアと結託まで画策していた。そして閔妃(ミンピ)は義父の大院君と政争ばかりを繰り返し、内政を一切顧みなかった。それでさらに朝鮮半島は荒廃し、農民や奴婢の逃散や一揆が絶えなかった。それは併合までの朝鮮の真実であり現実だ。

 日本だってこんな半島本当は捨てたかった。李王朝がしっかりしていたらね。だが、李朝は内紛を繰り返すだけで国論が定まらない。ロシアの南下政策の脅威も認識できない愚かさ。ロシアを頼れば、ロシアの属国に成り下がるだけなのに、そんなことも理解できない閔妃の暗愚さ。それはそうだ。ロシアに頼れば国民は疲弊しても、自分の身分は保障され驕奢な暮らしを続けられる。それが閔妃の本当の姿だ。※下段で閔妃についてはもう一度説明する。

 上海、後に重慶に拠点を置いた、大韓民国臨時政府なる諸外国のどこも認めていない組織で内紛を繰り返し、多くの仲間を粛正したのを咎められて、命からがらハワイに逃避した李承晩も元両班だ。それが韓国建国の父の実体だ。李承晩は韓国独立後初代大統領になったが、その後の独裁政治が元でまたもやハワイに逃避しそこで一生を終えた。そうした韓国国民の敵が作った、世界から承認もされていなかった大韓民国臨時政府なる空想を、建国の拠にしてるって、韓国人の考えていることは、日本人にはまったく理解できないというより、この倫理観と道徳観は本当に度し難い。

 閨房にしか興味がない高宗の妃だった閔妃だって、夫の政治に無関心なのを悪用して閔一族を登用して政治を専横壟断し、尚かつ高宗の父であった大院君との政争に明け暮れ、驕奢を欲しいままにし、朝鮮の民を一度とて顧みなかった。それが今では日本に抵抗した悲劇のヒロインだ。まったく以て聞いて呆れる厚顔無恥ぶり。韓国人の歴史観とか道徳観は地に堕ちている。

 日本人の識字率が明治維新の時点で90%を超えていたというのは、欧米列強も知る事実だが、その欧米列強ですら50%の識字率しかなかったから、さぞかし世界は驚嘆しただろう。それもこれも徳川幕府の260年間で培われた、武士の子は藩校で漢籍や日本の古典や兵法を書物からを学び、庶民は寺子屋で読み書き算盤を習ったからだ。

 1910年の併合前後のそうした学ぶ土壌も環境もインフラすらまったくない状態から、自分達はよくもまあそこまで識字率が上がったものだと朝鮮人は自慢しても良いくらいだ。ましてや、日本人に感謝こそすれ、それで日本人が詰られる謂われはない。まあ、恩を仇で返す民族だから言っても詮無い話だが。そして約束は守らないで反故にして平然としている民族だから言っても始まらない。

 話を元に戻そう。もちろんそれを広めるインフラも日本の朝鮮総督府が100%資金を投入して、小学校から大学まで、日本と同じ様に朝鮮各地に作って、初等教育からそのハングルを使って教えたから広まったのだ。ハングルで書かれた教科書を印刷する事さえ朝鮮人は自分達で為し得なかった。それはそうだ。印刷機械も技術も朝鮮半島には存在しなかったんだから。だから日本で何十万部も刷って教科書を半島の各小学校から配り始めたのだ。これを屈辱と捉えてるから隠してるんだろう。情けない奴らだ。君らには感謝するという感情が欠落してるのか?

 日本人は朝鮮人をそこまでして同胞として扱った。そうした中で、ハングルを教えたのも多くの日本人教師であって、日本人が朝鮮民族を解放して平等になったお蔭で、その後ハングルで高等教育を受けられた朝鮮人の多くが、母校の教師となって、さらにハングルだけでなく多くの学問を教えたから、今の韓国や北朝鮮があるのだ。

 この事実は変えようがない。そもそも世界が認める史実だ。しかも知らないのは韓国人と北朝鮮人だけ。そんなことも韓国では教えられていないんだよ。何しろ歴代韓国政府には都合の悪い、韓国人の知らない真実の「黒歴史」だから。

 これは日本人なら知っている人はかなりの数に上る。つまり韓国歴史上の常識だ。否、韓国人にとっては屈辱の黒歴史かもしれない。何しろ韓国人は恩を仇で返す人達だから。(`Д´)

 だがその史実を曲げてしまったのは誰だ。建国の父といわれる大韓民国初代大統領の李承晩ではないか。その李承晩が韓国国民に何をした。日本人と仲の良かった者を拷問の上に何千人何万人も殺害し、1950年の『保導連盟事件』では左翼系知識人とされた人々と、収監されていた政治犯を含めて、20万人あまりを殺害したことを道徳的見地からどう説明する。それとも李承晩は排除したからその指摘は中(あた)らないというのか。李承晩は国賊だから、韓国人の正義感と道徳観で歴史上から抹殺したから問題ないとでも言うのか。

 だったら大韓民国そのものが成立しないではないか。言っている事と遣っている事が矛盾しているぞ。大韓民国憲法の前文には、「3.1運動で建立した大韓民国臨時政府の法統云々」と書いてあって、それを以て韓国は独立したとなっているぞ。国内でなく遠く離れた上海で僅か数名で大韓民国の独立を宣言した人物は、その臨時政府内でも多くの仲間を粛正し、韓国初代大統領になった後には100万人ともいわれる同胞を殺した李承晩そのものだ。

 韓国憲法前文のロジックでいけば、韓国を建国したのは大韓民国臨時政府の1919年時点の初代大統領で国賊の李承晩ではないか。

 李承晩の統治が始まるとその圧政に民衆は落胆と不満を持つものが多かった、それだけではなく、そもそも戦前の朝鮮にも戦後直ぐの朝鮮にも、日本統治時代を懐かしむ声の方が大きく、反日感情は僅かしかなかった。それを自分の政権を維持する為だけの理由で、親日派と呼ばれる人達を虐殺し、今に至る反日偏向教育を徹底して行うことで、自分への批判を躱そうとしたのがこの李承晩なのだ。

 その時の偏向教育が今まで連綿と引き継がれて、今日の歪んだ日韓関係までなってしまったのは皆が皆李承晩の所為なのだ。李承晩は建国の父でありながら、同胞を100万人も殺害し、今に残る日韓の禍根を作り出した張本人だ。そして文在寅はまさしくこの偏向反日教育で育った世代だ。戦前を知る人物ではない。

 そんな極悪非道な李承晩が作った憲法を、今でも後生大事にありがたく頂戴している民族の顔が見て見たい。そうした自分達が為した過去の出来事は、果たして日本の所為だといえるのだろうか。このひん曲がったロジックは一体はどうやったら正当化されるんだ。これが文在寅の言う、道徳的に正しい歴史の中身であり正体なのか。

 だから、大韓民国憲法の前文で語られる韓国の独立の根拠なんて世界のどの国も認めていないのだ。それを正統で正しい憲法だと思っているのは韓国人だけしかいない。韓国人の建国の拠り処といている3.1運動だって、北朝鮮では『失敗したブルジョア蜂起』と蔑んで見られているのを知らないのか。そんな国賊が大韓民国建国の父であるならば、文在寅の唱える「正しい歴史」の根拠など一体どこにあるというのだ。そこにどんな道徳観と韓国人の正しい歴史観に基づく明るい未来があるのだ。忌まわしい血の過去を直視しないで、明るい未来などあるのか。「過去を顧みない国」とは一体どこの国を指して言ってるんだ。日本か? それなら文在寅の大韓民国にそっくりそのままお返しするぜ。言っておくが、韓国民衆の自由な言論を封じて、反日を煽ることの正当性なんてどこにもないんだよ! なにしろ「道徳的な正しい歴史」観に基づいてはいないからな。

 更に言うならば、韓国の歴代大統領は退任すると何故逮捕され起訴され有罪になったり抹殺されたり、殺されなければならなかったのだ。これじゃまるで非文明国だった李氏朝鮮時代と、宗主国の中国歴代王朝の遣り口とまったく同じではないか。この、どこが公正で正しい世界なのか。何度も言うが、そこにどんな道徳観があるのだ、文在寅。

 韓国の三等書記官一味が1959年に起こした新潟日赤センター爆破未遂事件などのテロ事件は道徳的歴史の一部なのか。1978年にKCIAが起こし、日本の主権を犯した金大中拉致事件は、韓国人が誇る道徳的かつ模範的行動なのか。過去に幾つもの韓国人スリ団が日本に来襲したのは道徳的なのか。勝手な解釈で対馬の寺から盗んだ仏像を、これは元々朝鮮半島から盗まれたものだから有罪ではないなどと、史実もへったくれもない司法判断を下す韓国大法院が、道徳的で公正な世界に誇れる司法機関なのか。否、そもそもこれは民主主義なのか。『ポピュリズム』の最たるものではないか。本当に三権分立しているの? Unbelievable !  それともChaos国家か?

 筆者は何度も目撃しているけど、韓国人が海外旅行に行って、日本人を騙(かた)ってまで「成りすます」のは何故だ。日本人に成りすませば、欧米人と同格に扱われ良いサービスを得られる事をどこで覚えた。韓国政府が国策として海外では日本人に成りすますように奨励・指導しているのか。嘘をついてまで日本人に成りすますのは、韓国人にとってこれが「道徳的」で「こうあってほしい」と思う歴史観から来ているのか。それが世界の常識とでも教わったのか。そうした嘘をつくのを韓国では道徳的というのか。

 そもそもあなた達の言葉を借りれば、韓国人は元々誇り高い民族なんだろう。韓国人は「正義」と「人道」とを重んじる民族なんだろう。それで「同胞愛で民族の団結を強固にする」んだろう。韓国憲法の前文にはそう書いてあるぞ。ああそうか、この「同胞愛で民族の団結を強固」という文言は、裏を返せば、韓国人だけが良ければそれでいいって意味か。日本人には何をしてもいいとか、自分達だけが良ければそれでいいという精神土壌は、きっとこの大韓民国憲法前文から来ているのだろうな。

 そう思わなければ、文在寅が言う、日本による不法な支配とか間違った日本の歴史観という主張と、韓国人が、次々と日本人を害する行動を取っても、反省する素振りさえ見せないことの説明がつかない。

 でも何で、普段からそこまで批判し憎み蔑んでいる筈の、日本人に成りすます必要があるのだろう。もしかして韓国人は初等教育で、嘘をついてでも日本人に成りすまし、時と場合によって、韓国人と日本人を使い分けるよう指導・(洗脳)教育しているのだろうか。

 対外的には「韓国起源説」などのウリジナル伝説で韓国人であることを誇り、その一方で、韓国人であることで不利益を被ったり、良く思われない場合には、「日本人に成りすます」というダブルスタンダードであっても、一向に構わないと幼い頃から教育し、それを韓国人の道徳の基本だとでも教えているのだろうか(`Д´)

 それとも筆者が以前書いた様に韓国人は本当は日本人が好きで好きで堪らないからなのだろうか。別れてもいつまでもいつまでも逆恨みで付き纏うストーカー性悪女のように。

 日本人を責めるなら、自らも過去を振り返り真摯に反省せよ。それが日本人の主張であり、文在寅政権の言う『正しい歴史認識』への答えだ。

 話が大きく逸脱してしまったので、本筋に戻そう。

 元寇の役の戦いで元・高麗連合軍が、対馬の島民を殺戮し、島の婦女子を陵辱し、捉えた捕虜を奴隷としたのは史実からしても明らかだ日本人はそれをご先祖様から代々受け継いで知っていたから、豊臣秀吉の朝鮮征伐でその報復をしたとも解釈される。それを韓国人は韓国の正しい歴史教科書では教わっていないのだろうな。韓国人にとって不都合な歴史だから。何しろ、日本を貶め、悪いのはすべて日本人だと教えるのが韓国の「正しい歴史教科書」だ。自分達に都合の悪い史実は隠すのがこの国の歴史観なのだ。それで本当に正しい歴史観など韓国人の間に醸成できるのか。

 ドイツ人だって、日本人だって、自分達に都合の悪い過去の出来事を隠したりはしていない。ちゃんと日本の歴史の教科書には第二次大戦中に日本が何をしたのか書いてある。自虐的なリベラリズムに基づいてね。中国や韓国のゴリ押しによってバイアスの掛かった、実に情けない愛国心の欠片もない歴史教科書だけど、それでも真実を覆い隠してなどいないぞ。

 日本が国際条約で認められた領土である竹島が、朝鮮半島では独島と呼ばれ韓国固有の領土だと初等教育から教えられる事はあっても、道徳的ではない過去の歴史は抹殺するか、都合良く忘れてしまい、捏造した自分達だけに都合のいい「歴史観」だけを日本に強要するのが韓国人の考え方であり、それを具現化したのが韓国の「歴史教科書」だ。

 つまり、自国民に正しい歴史認識を持たせるのではなく、反日という国是と、過ったナショナリズムを植え付けるのが韓国の歴史教育とその教科書だ。そんな教育を幼い時に受けた韓国人が正しい歴史認識など本当に持てるのか? 日本人と未来志向の関係など、ともに築けるのか? 甚だ疑問だ。というより「絶対に無理だ!!!」

 今こそ韓国人に問いたい。日本人に今までして来た非道な行いや、そうした偏向した道徳観が罷り通るのは、初等教育から「日本人になら何をしてもいい」と教育されているからですか。これがあなた方(文在寅と韓国人)の言う「正しい歴史認識」の正体なのですか。

 思うに、都合の悪い事には蓋をして、相手の非ばかりを詰るのは朝鮮民族の常套手段だと思う。そして相手が根を上げるまで異常なまでに言い続ける。それが彼らの遣り口であり、これまでそうした一連の脅迫に日本政府が屈し、譲歩したのが今の結果を招いているのです。つまり強く出れば日本は折れると韓国人は学習してしまったのだ。だとしたら、今後こうした軋轢が日韓間に生じた場合、日本政府と日本人が為すべきは、日本が正しいと思えないことには、絶対に折れないという毅然とした態度だ。

 安倍総理が戦後レジームからの脱却を唱えるのなら、まずこうした誤った日韓関係から改めなければならない。何故なら、日本の明るい将来を阻害する要因の第一は、大韓民国と、朝鮮民主主義人民共和国という、朝鮮半島に存在する二カ国の国家体制そのものにあるからだ。だから日本はこの二カ国との間で、安倍総理の言葉を借りるならば、「戦後レジームからの脱却」を図らねばならない。(因みに私個人は安倍晋三という男も、安倍政権も、今の自民党も不支持です。強いて挙げれば「れいわ新撰組」(^_^))

 話を元に戻しましょう。

 本来であれば、皆の認める歴史とは、当然こうした国際条約や二国間条約や、公文書に基づいた本来の『正しい歴史観』であるべきですが、韓国の主張し日本に押しつけようとしている歴史観は、上記の通り、それとは180度異なった価値観と歴史解釈で再構築されたものなのです。そしてこれは世界が認める歴史観とは相容れないものです。

 だから日本政府と、日本人はそれに強く反発するのです。このことは日韓の歴史をあまり知らない人々には、しっかりと認識していて欲しいと思うところです。

 では下記に「正しい歴史観」の具体的中身を列挙してみましょう。

 結論から先に申し上げるならば、韓国の言う「正しい歴史」とは世界的に見ても「特異な歴史」であり、北朝鮮ですらそれを認めていません。つまり世界で韓国一国しか認めていない歴史観なのです。

 そして冒頭にも挙げた様に、韓国の主張する正しい歴史とは、「韓国人にとって道徳的に正しいと思う歴史」、「韓国人にとって本来こうあるべきと思う歴史」なのです。一方韓国人が思う「間違った歴史」とは、「韓国人が思う道徳的に正しくないと考えている歴史」と「韓国人が(過去に遡って)歩むべきではなかったと考えている歴史」です。だから、「韓国人の為した非道徳な事実は、道徳的であったかの如く改ざんされ」、「歩むべきと思った方向に韓国が向かっていなければ、史実に背いてまでも歴史を修正してしまう」のです。だがこれじゃ、とても正しい歴史とは呼べないし、正しい、正しくないを問う以前に、もう歴史じゃなくなっている。

 ねえ、文在寅さん、これって本当に正しい歴史なの。世界に向かって説明して見せてよ。

 こうした改ざんの例をあげれば、1910年に日朝併合によって日本と国体が一体になったのは事実であり世界も認める史実ですが、この韓国の主張する歴史観に基づいて見れば、それは正しくない歴史なのです。何故なら、それは「韓国人が望んではいなかった」という考えに基づいて、史実を枉(ま)げて改ざんした、間違った歴史だからです。

 因みにこの時点で韓国ひいては朝鮮に住む民衆という『存在』は李氏朝鮮には公的にはありません。つまり1910年時点でいう韓国の総意とは、李氏朝鮮王朝と一部の高級官吏だけのものでした。民衆を抑圧黙殺する特権階級であった両班(やんばん)ですら国権には係わっていない。況してや常民(平民)や、商人や、奴婢(ぬひ)という奴隷の民意など、完全に黙殺されていたのです。なにしろ、李王朝と両班からは大多数の朝鮮民族は国の道具か家畜扱いだったのですから。

 それを1910年以降、朝鮮半島に住む人々は、日本人と同じように万民が平等であると定めたのは、西洋民主主義に根ざした価値観を持つ日本だったのです。

 つまりその当時の朝鮮半島は未開の国だったのを日本が実質的に開国したのです。現実にも李氏朝鮮は日清戦争で日本が勝利し、1895年の下関条約によって主権を確立するまでは、清朝の隷属国であり、しかも鎖国政策をとっていて開かれた国ではありませんでした。それを、日清戦争で日本が勝利したことによって、李氏朝鮮が清朝の属国から離れて、独立国となれたのはまさに日本のお蔭です。そして朝鮮の真の民衆と呼べる常民や商人や奴婢を解放したのも日本なのです。余談ですが、この日清戦争では、清朝の属国である李氏朝鮮は、清軍のとともに日本と戦っています。つまり李氏朝鮮は、日本の朝鮮半島の独立を求めるこの戦いにおいて、中国の属国であることを自らが選んだのです。つまり自分達のことだけで、民衆のことなど何一つ考えていなかったと言うことになります。これが偽らざる当時の朝鮮半島の事実であり、世界が認める史実です。

 つまり日本が日本人の血を流してまで、戦争という手段を用いて朝鮮半島を開放するまで、朝鮮には李王朝にもその民族にも国際的主権は存在していませんでした。それを以てしても、日本が韓国や北朝鮮に今の様に非難される筋合いはないのだと思います。

 上で述べた通り、1910年までは、朝鮮半島には主権はありませんでした。だから「韓国人が望んではいなかった」とはあり得ない歴史観に基づいて構築された虚構の歴史観です。つまり韓国人の主張する「正しい歴史」は、実は日本だけでなく世界から見ても、事実や史実を歪曲した「正しくない歴史」なのです。

 <2019/08/08 12:35~22:45追記>

 もっと具体的かつ分かりやすく解説しましょう。文在寅の言う「不法な支配」とはこの日韓併合条約を指して言っています。何故不法と主張しているのかというと、「そこに朝鮮人の民意が反映されていない条約だったから」と言う理屈らしいです。へっと思いませんか。条約って国家と国家がするものでしょう。ということは、文在寅は日本人と韓国人の間で直接合意がなければ条約等は成立しないとでも考えている訳でしょうか? 文在寅が大統領に就任して以来の言動を見ると、どうもそういう事らしいです。これが元韓国左派系人権派弁護士の法解釈って訳?

 あっりえねぇ〜〜〜。韓国の司法制度って、一体全体どうなっちゃってる訳( ・_・;)???

 だから、1965年の日韓基本条約も、2015年の元従軍慰安婦の為に日本が資金を出して設立した「和解・いやし財団」も韓国民が認めないから、日本の了解もなく一方的に解散して反故にしちゃうんだ。でも日本が拠出した金は韓国が自由に使っていいことになってるから、返還しなくても構わないって理屈な訳だ。こんな無法な未開国家が、未だ極東の朝鮮半島には存在していたんだね。知らなかったぜ。

 文在寅の言い方では、2015年の慰安婦問題日韓合意は民意が反映された合意ではないから無効で反故にすることにした。だけど日本が拠出したお金はもう半分以上使っちゃったし、元々が無効な政府間取り決めなのだから、返さなくてもいいよねってことだ。こんな事が罷り通るなら韓国とは諸外国はもう二度と国際約束が出来いないということになる。

「我々は物乞いではない」と声を大にして言ってるけど、三度も同じことを遣られりゃ、「物乞いそのものだろうがっ」っと、思わず言っちゃうよね。そして四度目のどじょうを狙うんだろうね。でも、もう日本人は二度とこの件で謝罪はしないよ。その事はよ〜〜〜く韓国人は理解しておいた方がいい。もちろん二度と金など出すものか。我々の血税だ、泥棒に追銭はしない。

 文在寅と文在寅に踊らされた韓国民の意識からすれば、これらは不法な条約や国際約束ということなのだろう。何故ならそこには民意が反映されていないから。

 なんじゃこりゃ〜?(松田優作風に叫んじゃって下さい!)、という感じです。

 韓国という国は、国家間で取り交わした条約や約束事も、民意が反映されていないと判断したら(誰がしてるのか知らないけど)、後で勝手に反故にしても、それで国際的にも許されると平気で思っている国家なんだ。これってほんとうに近代法治国家なのかぁ。法の支配が及んでいないぞ。

 日本人の筆者にも、たぶん欧米各国や他のアジアの国々だって、絶対理解できない屁理屈だよ。民意(国民)が国権(政府)に優先するなんてありえない。これは民主主義国家じゃありません。究極のポピュリズムそのものです。諸外国から見れば国体を成していない。本当に国家なの?

 まあ、韓国の歴史があまりにも特殊すぎて世界の人々には理解できないでしょうが、筆者はその理由を知っています。たぶん皆さんも知っているはずです。韓国という国は民衆の蜂起で幾度も時の政権を転覆させた経験があるのです。一番古いのが初代韓国大統領の李承晩で、不正選挙を糺弾する暴動が起きて下野しハワイに亡命しました。一番近い例を挙げれば、朴槿恵元大統領の罷免断罪です。後を継いだ政権は民意に迎合し前政権を断罪し罪に陥れる。それが文在寅のやり方であり、歴代韓国大統領のやって来たことです。特に左派系の大統領にその傾向が強い。そうまさに文在寅そのものです。

 少し脇道に逸れます。「どうせ文在寅の任期が終われば、次の大統領でまた日本への対応が変わるんだろう」との見方もあるが、このところはずっと日本に対して厳しい政権が続いている事は確かだ。それは保守系であれ革新系であれ、反日団体などの動向を常に気にしなければ政権を維持できない社会状況になりつつあるからだ。

 これは何度も民衆が蜂起して時の政権を転覆させたことと無縁ではない。これによって民衆は自分達の力を過信した、つまりいざとなれば政府より自分達の方が偉いのだと勘違いさせてしまったのだ。気にいらなければ民意で政権を交代させられるのだと思い込んでしまったのだ。だから時の政権は常に国民の動向を気にしなければならなくなった。その結果、今世界で一番ポピュリズム(体臭じゃなかった、大衆迎合政治)が進行しているのが韓国なのだ。

 事ある毎に文在寅が、民意、民意、民意、と蝉みたいに叫ぶのもこれが原因です。

 この情況を逆手にとって、こうした国民感情を悪用して、反日デモや日本製品ボイコット運動までが文在寅政権によって画策され、官製反日デモや官製日本製品ボイコットという形で、実行に移されるまでに変化している。この中で今後どの様な新たな展開があるのかは予断を許さない。問題なのは蒙昧な文在寅政権が二年後の任期を終えるまでに、どれ程日韓の間に深い爪痕を残すかだろう。その程度によっては、二度と日韓の間の溝が埋まることはない。

 話を戻す。だからこそ(民意を反映していないという理屈を並べて)文在寅は、2015年の元従軍慰安婦への補償と財団設立を定めた不可逆的な日韓合意も、それを為した朴槿恵も不法で容認できないとした。それだけでなく55年前の1965年の日韓基本条約も、民意を反映しないで勝手に朴槿恵の父君の、朴正熙大統領が締結したものだから無効だと主張し、119年前の1910年の日韓併合条約も、民意が反映されていないから無効だと断じ、だからこそ、そうした民意に背いて行われた日本の朝鮮統治は「不法な支配」だったというロジックになった訳だ。

 思うに、どれもこれも文在寅がやっていることは国際法違反だが、とりわけおかしいのは、文在寅が「不法な支配」の根拠にしている『日韓併合条約』についてだ。何故なら、この日韓併合条約が「民意を無視して一方的に他民族を支配した条約だ」と断じているからだ。そうした根拠を元に、文在寅は日本による「不法な支配」と事ある毎に叫ぶのだ。だがこれは完全に論理破綻している。

 なぜなら李氏朝鮮王朝の支配する国民(民衆)には、主権も当然ながら選挙権もなかったからだ。

 つまり朝鮮人を代表するのは李氏朝鮮王朝だけだ。大清帝国(清朝)も帝政ロシアもアメリカ合衆国も、日本帝国も、皆が皆、李氏朝鮮王朝と条約を交わしている。主権のない朝鮮民衆と条約を交わした覚えはない。というより、そもそも交わすことは不可能だ。何しろ御民衆に主権はないし、民衆を代表する代議員もいないから、国政に民意を反映することは不可能だ。

 それに、後述するがこの当時の人々に民意はないと断じていいだろう。彼ら彼女等は被支配民であり教育さえ受けていない。何故なら初等教育を受けさせる学校さえなかったからだ。その上、前述の様にこの国にはそもそも国民主権がないし、だから当然ながら選挙制度も選挙もない。それで条約に一体全体どう民意を反映しろというのだろうか。甚だ疑問である。

 当時の李朝の支配する朝鮮半島は、未開で人心は荒んで野蛮でさえあったと、外国人の旅行者や神父は書いている。人々は教育もされていないから無学で文盲で、自分の意見すら正確に他人に伝えられない。人々の生活は首都の漢城府でさえ文化的生活からはほど遠く。不衛生なものを平気で口にしている。糞尿は街に垂れ流されていつも悪臭を放っている。漢江にはその糞尿がいつも流れており、そこで婦人や女奴婢(ぬひ)は平気で洗濯をしている。だから絶えず疫病が流行し人口が一向に増えない。それが当時の朝鮮人民衆の実情だ。

 そんな劣悪な環境にあり、尚かつ主権もなく、民衆の40%近くが自国民であるにも関わらず奴隷である奴婢で、家畜以下の売り買いされる対象で、当然民意などある筈もなく、日々の暮らしに汲々としている。当然民衆の声など上がるはずもない。だとしたら民意が反映されていないって一体どういう事だ?

 両班だって大半が国政に参加などしていない。賄賂などを上級官吏に渡し地位を買った特権階級で、常人(平民)や奴婢から、金と労働力とを搾取して、時には女奴婢を性奴隷にして弄んで、自らは額に汗して働いたことは一度もない輩が殆どだ。両班の末端ともなれば役職など初めからないし、コネもないから木っ端役人にもなれない。だから一族の長に常に金をせびり無頼の徒と化している。この様に当時の朝鮮ではすべてコネと賄賂で役職を買っていた。両班という特権階級の地位でさえ金で売買された。そして李朝から金をせしめるために、滅多矢鱈と官職を増やし、不労所得を得ようと奔走した。当時の両班の一番の恥は、額に汗して働くことだったという。こんな怠惰で横暴で、自ら働きもせず、人々から搾取ばかりしていたろくでもない両班が、朝鮮人の全人口の50%近くいたのだ。

 こんな特権階級にふんぞり返っている不労両班が人口の半分近くいて、社会が成り立つはずがない。考えれば分かるだろう。60%を超える働かない朝鮮人をの頃の40%弱の残りの朝鮮人で支えられる訳がない。李朝は庶民を顧みず、両班は民衆からあらゆるものを搾取して憚らない。朝鮮半島は疲弊の極みにあると、外国人神父は本国に伝えている。

 李氏朝鮮が崩壊したのは、日本が滅ぼしたという「外因説」と、李氏朝鮮の凄まじい腐敗振りと、官吏の権力争いとその腐敗振りと、両班の庶民への横暴と暴虐から崩壊したという「内因説」が欧米では流布されたが、こうした実情を実際に見た旅行者や神父などは「内因説」がむしろ正しいと感じたという。そうした、内部から崩壊していく朝鮮社会を前に、南下政策をとるロシアから自国を守るために、日本は朝鮮半島の自立更生を願った。

 だがそれができない救いようもないこの半島の社会状況だったので、日本は自国を守るために、やむなく1910年に日韓併合条約を結んだのだ。本当に止むなくだ。上が権力闘争に明け暮れ、腐敗は行き着くところまで行き着き、両班のゆすりたかりが横行し、社会基盤さえ崩壊してしまっている国家など、抱え込みたくはなかった。伊藤博文はそれが分かっていたから、併合に当初は反対だったのだ。ロシアの南下政策さえなかったら、日本はとうにこの李氏朝鮮と朝鮮人を見放していただろう。

 そんな未開の国家の、凄まじい腐敗と権力闘争という名の内紛と、両班の暴力と搾取の中で、主権もない、つまりその時点で実在もしない、朝鮮民族の民意など確かめようもないだろう。そう言うんだったら李王朝以外の一体誰を相手にすれば良いんだ。実在しない存在を相手に、どうやって国際法規上有効な条約を結べばいいんだ。完全に論理破綻しているだろう。文在寅はそれが分からないほど愚かで無能なのか。

 でもね、文在寅の論法で行けば、今後諸外国が韓国と何らかの条約や国際約束を取り交わす場合は、文在寅や、時の政権を相手にしてはいけないことが、これでよ〜く分かったよ。韓国と何らかの国際約束をする場合は、まずはその国の政府を差し置いて、その民衆に語り掛け、選挙かなんかで5200万人の民意なるものを諮って、賛意まで取り付けなけりゃならない訳だ。あのさ、それじゃ今後、韓国と条約を締結し批准する国家なんか絶対に現れないよ。だって文明とは懸け離れた未開な国家なんだから。

 まさに『不思議のくに。Chaosなくに。韓国』だね。

 国と国で遣り取りする条約や約束事は、その国の首班もしくは政府の代表同士で取り交わすのが基本中の基本です。なぜなら、近代国家とは公正な選挙によって選ばれた国民の代表とその政府によって構成されるもので、その代表(国家首班)が民意を代表したものと見做して、他国の代表は交渉に臨むからだ。

 それが条約が批准した後になって、民意が反映されていないから、この条約は無効で、だから破棄すると一方的に主張したら、相手国はどう思います。欧米各国もアジアのすべての国々も、アフリカ諸国も、オセアニアの国々も、今後は韓国を国家とは見做さず、条約も二国間約束も一切締結も批准もしないでしょう。それが、文在寅の「不法な支配」や「民意が反映されていない」というロジックで語られる限りは。

 でもね、それでも日本は韓国にしっかり向き合い、その声を聞くべきだなんてことを、ノー天気に言ってるおめでたい人達がゴマンといる訳です。政界・財界からマスゴミ、エセリベラリスト、それこそ掃いて捨てるほどにね。そういう人達は日本を背負って交渉する立場に一度立てば良い。

 理屈も道理も何一つ通じない。感情だけをぶつけて来る。こちらの主張は一切聞く耳を持たず、自分達の言いたいことだけを延々と話し続ける。しかも大声で口角泡を飛ばす独演会。国際条約であろうとなかろうと、日常の社会生活の中でも、約束は破るのは当たり前という国民性で、破って些かも恥じるところがない。つまり悪いことだと思ってさえいない。言うことがコロコロ変わり、それを指摘すれば途端に居直り、俺はそんなこと言ってないと平気で嘘をつくし、その言い訳すらもコロコロ変わる。居直りも言い訳も万策尽きて、二進も三進もいかなかくなると、最後は「こうなったのはお前のせいだ」と逆ギレする。ヲイ、居直り強盗かよ。どんな無理難題でも、ゴリ押しをすればすべて通ると思っている。一度温情を示したり弱みを見せれば、そこが相手の弱点だと思い込み、何度でも何でも突いて来る。そして挙げ句の果てに、そうされたくなかったら金を払えという、両班仕込みの強請り集りたかりは当たり前の韓国政府とその国民。しかもその欲望には際限がない。永遠に金をせびりタカれると思っている。そうした、さもしく阿漕な振る舞いを指摘すれば、途端に「我々は物乞いではない」と声を大にして周りに言い触らす。これじゃまるで自覚症状がない生まれながらの詐欺師を相手にしてるようなものだ。それじゃあ関わりたくはないからと、知らん振りをすれば途端に大声を張り上げてこっちを向けと駄々を捏ねる。それでも相手が言うことを聞いてくれなければ、あることないこと、あちこちに告げ口したり言い触らす。わざわざ海外まで行ってね。その挙げ句、他民族を貶める銅像まで立てちゃうって、筆者にも日本人の大半にも到底理解できないよ。

 これって右寄りだとか左寄りだとかにまったく関係ないし、思想・信条で言ってるんでもないよ。日本人だから憤慨しているんだ。これは韓国人という民族の人間性の問題なんだと思う。つまり人間性を疑われる行為を、日本人に対し際限もなく繰り返しているのが、韓国政府とその国民なのだと思う。表では綺麗事を言いながら、一方裏では人の足を引っ張り、悪口ばかりを言っているという二面性を持ち、常に上目遣いで相手の様子を窺い、攻撃の機会を狙っている様な、しかも約束事やモラルを守るという、意識も概念もまったくない人達と、日本人はどう向き合うかという問題なのだと思う。

 到底理解できない、執拗で陰湿で、被害妄想癖のある、世界でも特異な民族性と人間性を持つ韓国という国家とその国民に、日本人はどう向き合って(対峙して)いくのかという根源的な問題なのだと思う。それを日本人として自覚し覚醒しない限り、そして腹を括らない限り、けして、日本と韓国の明るい未来など訪れないだろう。というより筆者は少なくとも、彼らが悔い改め、二度とこんな事をしないと、厳しいペナルティー付きの国際約束でもして貰わない限り、つき合う気は一切ない。

 こんな訳の分からない、詐欺師集団のような隣人に、暖かく接しろなんてのたまう人は、心底気が触れているか、自らもそうなのか、典型的Masochist(自虐的性向者)か自殺願望があるとしか思えない。少なくとも筆者には、絶対にできない。なにしろ降り掛かった火の粉は払うのが当たり前だと考えているからね。

「目には目を歯には歯を」だ。

 あ〜あ、現状を見る限り、韓国だけじゃなくて、日本も亡国の瀬戸際にあるかもね。

 以上で、追記は終わりです。後に記した文面は追記と重複している部分がありますが、追記のお蔭で理解はさらに深まると思われます。度々の追記・変更お許し下さい。

 また大韓民国憲法前文には1919年の「3.1運動」によって大韓民国が独立宣言し建国されたとありますが、現実には、遠く離れた上海にいた、不平分子である元両班の李承晩ら数人で大韓民国臨時政府を立ち上げたのを、独立したとしているだけです。これは世界も認めていません。なぜなら、史実は、1910年から日本が太平洋戦争によって敗戦する1945年まで日本の支配下に置かれ、その間日本と独立戦争をした事実はどこにもないからです。これを果たして独立といえますか。自分達で勝ち取った独立だといえますか。言ってみれば、これは日本の敗戦によって転がり込んだ、『棚からぼた餅・火事場泥棒独立』だったのです。

 何故筆者が、こんな韓国や北朝鮮紛いの、乱暴な言葉遣いをするのかといえば、敗戦により主権を失い不法状態に陥った日本が、第三国人と呼ばれた朝鮮半島出身の朝鮮人によって、惨殺されたり、放火されて一家全員が焼死したり、多くの日本の婦女子が強姦(レイプ)された上に殺されたりしたのを知っているからです。

 ですが、主権を失った日本人はその間何も出来ずに手をこまねいて見ているだけしかできなかったのです。何しろ、その時の日本には治安維持のための警察も軍隊もなければ、そうした悪逆な罪を裁く司法権すらマッカーサー率いる進駐軍に剥奪されて、何一つ打つ手がなかったのです。その隙に乗じて好き勝手に暴虐の限りを尽くした朝鮮人の多くは、日本の治安が確立され法の支配が及ぶようになると、朝鮮半島に何食わぬ顔で逃げていったままになっています。それが今韓国に住む皆さんのご先祖です。

 日本の歴史はそうした忌まわしい過去を隠したりはしません。自分達の先祖が為した過ちだって親からも世間からも聞いて知っているし、調べようと思えば幾らでも図書館でも本屋でも自由に閲覧したり、買って読むことができる。そして誰とでも自由に日本と韓国のことを話すことができる。ニュース番組のアンカーが視聴者からそれは日本製のボールペンだろうなんてクレームが来て慌てでこれは韓国製だなんて言い訳することもない。つまり韓国などの様に言論統制国とはまったく違う。日本では韓国嫌いも韓国好きもいてそれを両方認めている。韓国を擁護したら、有罪になったり、社会から抹殺されることなどありえない。
 日本人はそれが間違っていれば自国民を批判するし叱りつけもする。逆に韓国人であっても良いことは認め褒め称える。韓国の様に日本を擁護すれば、下手をすれば殺されかねない異様な世界ではない。現実に数年前に日本を擁護した老人を逆上して殺害した若者はたった懲役5年の判決で済みました。
 他国の公使館に乱入しても、日本や諸外国ならタダでは済みそうもないことが、無罪放免で釈放されてしまう。この国の裁判所や警察は、公使館が治外法権で韓国の法律が及ばない事すら理解できない。それが他国の主権を侵すことになるという国際ルールすら知らないのかと思ってしまう。これじゃ未開の国に大使館や領事館を建てた様なものだ。ジャングルに家を建てたら、獣がわんさか襲ってきた様なものだ。そんな未開のジャングルが極東の隣国に存在することが信じられない。

 それが韓国人の言う道徳的で誇れる歴史に立脚したものなのですか。日本人が正しいなんてことは、たぶんまともな日本人なら言いません。反省するべきところは反省します。しかし、文在寅もあなた方韓国人も、一度たりとも日本人に対して反省の意を伝えたことがありますか。まったくないでしょうね。そしてこれからもそうです。これだけ事実を書いてもそんなのは嘘だと言い張るんでしょうね。なにしろそれが、あなた方の言う「正しい歴史認識」に基づいたものなのですから。

 そして、元徴用工問題の元となっている、1965年に締結された『日韓請求権協定』では、日本から供与された無償の3億ドル(当時のレートで1080億円)、有償で2億円(同720億円)、民間借款で3億ドル(同1080億円)、実に当時の日本の国家予算の2倍にあたる資金を供与して戦後補償という名の賠償をしたのも韓国人の総意に基づかない、朴正熙韓国大統領が勝手にやった、不法な国際協定だから無効なのですか。だから、その中に元徴用工に対する賠償は、韓国自らが行うと明記されていたにも係わらず無効だと言い張るのですか。

 ですが、それは本来は国際法に基づいた真っ当な協定です。法解釈で幾らでも後で判断が変わるというようなものでは絶対ない。解釈は一つです。1965年当時締結しお互い合意した内容そのままで、後の為政者がそれを勝手に改ざんしたり破棄していい類いのものじゃ絶対ない。何しろ二国間の国際条約なんだから。それができないというなら、もう世界のどの国も韓国とはつき合えないし、約束なんかしないだろう。何しろ裏切られるし約束は反故にされるのが分かっているのだから。

 日韓の戦後の関係はそこにすべて書いてある。なのに自分勝手な解釈で、それは不法な協定だからと、国際法を無視してまで無効だとしたのが、文在寅政権とそのコントロール下にある韓国大法院なのだ。三権分立を尊重するといいながら、司法を私物化している文在寅が言っても日本人からすればまったく説得力がない。何故なら、日韓条約遵守派の裁判長を罷免して断罪して、自分の意を酌む裁判官を充ててこの賠償判決を導き出したからだ。だから国際ルールを守れと日本は言っている。

 これは文在寅や韓国の国民が非難する安倍晋三が言ってるんじゃないぞ。日本人の民意を反映(体現)した国家の代表が、国際ルールを守れと言ってるんだ。何を勘違いしている。文在寅も韓国の民衆も勘違いをするな。あなた方は、安倍晋三の背後にいる日本人一人一人を相手にしていることを忘れてはならない。日本人は怒っている!

 そしてもう、二度と韓国人に譲歩しない!

 又々またまた本題に戻そう。文在寅が何故こんな訳の分からない主張をしているのかと言えば、これを締結したのは、朴槿恵前韓国大統領の父君であった朴正熙元大統領が締結した協定であって、文在寅政権が主張する、「韓国人が思う道徳的に正しくないと考えている歴史」と「韓国人が(過去に遡って)歩むべきではなかったと考えている歴史」に基づいて締結された、過った考えに基づく協定だったから、という主張に基づいているからです。

 何故ならこの1965年の協定は、『日本による不法な支配』した1910年から1945年の間に起こった出来事に起因した協定であるかぎり、民意を反映したものではなく、したがって道徳的ではなく、本来韓国にとってあってはならない事態であったので、それらはすべて不法で無効である、というのが文政権の主張です。その主張に基づいて、文在寅大統領は、国際法を遵守する韓国大法院の裁判長や裁判官を罷免告発し、その後に自分の主張寄りの裁判官を登用して、国際法を逸脱した元徴用工への賠償請求決定判決をした訳です。そしてこれが、民主主義国家の一員である我々は三権分立を尊重すると言った文在寅の正体です。

 それだけでなく、1910年から1945年の間に起こった問題は、すべて不法な占領によって生じたものだから、道徳的にもそれは間違っているので、その期間に発生した様々な問題に時効はないという、世界も仰天する判断を下したのです。

 これが文在寅という革命を夢見る、何ら具体的な将来のビジョンすらない夢想扇動家(為政者自らが国民にけしかけて、他国に対するボイコット運動までさせているのだから、そう言われても仕方ありません)が思い描き、今まさに実行している『正しい歴史認識』に基づいた一連の行動の根拠であり本質なのです。

 ですから、2015年の日韓合意に基づいて設立された「和解・癒やし財団」は、朴槿恵元政権自体が、民意を反映していない不法な政権だったので、その間に締結された国家間合意は無効として、本来不可逆的合意であった筈のこの二国間合意は、文在寅政権によって強制的に破棄・解体されたのです。これで元従軍慰安婦問題は、何の補償もされていない元の状態に戻った訳です。これから日本は何度謝罪をして賠償を繰り返さなければならないのでしょうか。韓国という国家がこの世に存在する限り、ケツの毛まで抜かれるのだろうか。たぶんそうだろうな。

 これを座視すれば日本は永遠にironbridgeさんの言う『朝鮮人のATM』になるしかありません。日本はこの問題で過去三回も補償を繰り返しています。

 あなたはそれでもまだ韓国人と仲の良い隣人でありたいと思いますか。どこまであなたはお人好しなのですか。謂われのない非難をされても黙っているままなのですか。日本人がバカにされてもじっと耐えていろというのですか。

 どうです。遙か遠き明治時代に、福沢諭吉翁が言った「朝鮮人は必ず約束を破る」という言葉は本当であったことがこれで証明された訳です。しかも「過去のことでいつまでも金の無心をする」のも韓国人の昔からの民族的特質だったのです。

 韓国政府と文大統領は「我々は物乞いではない」と声高に叫びますが、現実は「強盗にも等しい恐喝や恫喝で、欲しいものを手に入れるのが身に染みついたさもしい民族」と、日本人に思われていることを知ろうともしない。

 これが、文在寅政権の実態であり本性です。

 どうです。日本人にこの歴史観を共有せよと言っても土台無理な話なのではありませんか。

 <2019/08/10追記>

 本音で言えば、「和解は対立の中では決して生まれない。融和こそが和平への道」と思っています。ベルリン崩壊後の西欧と東欧の和解を見ると、民族の過去の怨念を捨て去ったところから真の和解は始まっています。それが出来ない国が今世界中で対立の構図のままなのだと思います。イスラエルとパレスチナとヨルダン、イランとサウジアラビアとイラク、韓国と北朝鮮と日本。皆が皆、対立の構図から抜け出せていません。ところで和解も融和も、相手を批判することから始めては、為し得ないと思います。話し合いは、そういう相互理解の出来る環境でなければ、する意味はないのです。非難からはけして和解も和平も生まれないのですから。

 以上。ではまたね〜〜〜。ご・き・げ・ん・よ・う!


koria004.jpg

 

 最後にひと言。小泉進次郎と滝川クリステルの出来ちゃった婚話より、現在進行している日韓問題の方が、私の中では遙かに順位が高いです(o゚∀゚o)(^0^;)(o゚∀゚o)(^0^;)


<2019.08.18 追記>

 実は、小生の使っているMacBook Proのバッテリーが膨張した為、AppleCare期間中でしたので修理に出していました。もしそこで小生の瑕疵があれば有償とのことでしたが、水濡れとかの記憶はないのでそのまま急ぎ宅急便を手配して貰って修理に出しました。サポートに連絡して、2から3営業日(土日祭日は除く)で修理可能ということでしたので、仕事に使っていたのですが、iPad や iPhone でも対応は可能だったので急ぎ出した次第です。
 木曜日に依頼し、金曜(8/16)午前中に宅配業者が集荷に来て、何と修理を終えて届いたのが今日8月18日(日)でした。
 土日と祝祭日は含めないと聞いていたので、修理が上がって来るのは火曜日以降かなと思っていたのですが何と3日で修理を終えて戻って来たのです。さすがApple製品です。サービスの良さは天下一品です。皆さんもAppleCareは絶対入っていた方がいいです。
 歴代iPhoneも今までに五
度修理に出したことがありますが、AppleCare期間が切れた一台を除いてすべて無償で直して貰いました。しかもサポートの対応はピカイチです。修理し終わったMacはこれです。

 

Apple Care.jpg


 バッテリーの膨張による修理依頼だったのですが、交換されたのはトップケースといってキーボードとバッテリーの一体型だったので、ボトムケースとディスプレィケースとメインボードとSSD以外のパーツはすべて全交換となりました。多分スピーカーなども一体なのでそれも一緒に交換されているようです。ですから見た目殆ど新品です。いやはや驚きです。もっともiPhoneの場合はバッテリー交換となると、まるっきり新品と交換ですので驚くには当たらないのかもしれません。
 しかもこのトップケースなるものは、アップグレードとなるのでキートップは交換前とは少しキーの大きさとタッチが異なりますが、改良された製品なので多分最新型のキーと機構は同じになっているものと思われます。「英数」と「かな」キーと、「リターン」キーが大きくなって、「スペース」キーは少し横幅が小さくなりましたがかえって使いやすいと感じました。
 皆さまもパソコンやスマホなどのアップル製品を購入した場合は、たとえ通信キャリアでの購入でもAppleCareは絶対入っていた方がいいです。
 ちなみに
iPhoneでもバッテリーの膨張は結構なることが多いケースです。小生の修理依頼は今回も含めてすべてバッテリーの膨張によるものでした。

以上。


 

nice!(200)  コメント(8) 
共通テーマ:

nice! 200

コメント 8

ironbridge

U3さん、お早うございます。
この連作、総てをarchiveしておきます。請うお許しを!
貴兄の言説、井沢元彦さんの韓国批評より、より論理的です。
韓国を見ていますと猛暑がより暑くなりますので、距離を置くしかありません。1995年頃、韓国人とbusinessでかなり付き合いましたが〝表裏〟があり過ぎでした。信用できません。
by ironbridge (2019-08-08 09:37) 

U3

☆ironbridgeさんへ
 こちらこそ、貴兄の文在寅に関する記事、了解を頂かないままリンクしたことお許し下さい。もしアーカイブ為されるなら、この記事は安重根と李承晩に関する記述部分を一部修正・加筆していますので、最新版をアーカイブして下さると助かります。暫く休みしますが、お元気で。
by U3 (2019-08-08 09:50) 

枝動

おはようございます。
御意。全く其の通りです。
唯一つ、令和新選組は危うい。山本太郎氏のブレーン参謀は、極左だ。
それではお元気で。
by 枝動 (2019-08-08 10:37) 

U3

☆枝動さんへ
 あはは! 個人の信教・信条の自由は守って下さいね。
by U3 (2019-08-08 12:00) 

U3

1.安倍晋三(総理)が核兵器禁止条約参加に否定的な立場を貫いている。
 核保有国と核非保有国との橋渡し云々といつも通りの声明は出しているが、それは有名無実の絵空事である。何故なら安倍総理は、いざとなれば日本も核兵器を持つことを視野に入れているからである。日米安保の危うさ。北朝鮮の核の脅威はなくならない。韓国と北朝鮮が統一した時、明らかな敵国は米国ではなく日本だ。中国の脅威はもっと恐ろしい。しかしもう米国が全面的に日本を防衛することはないと分かってしまった。だから、憲法改正を急いでいる。それを是とするか、否とするかは国民一人一人が考える問題だ。ちなみに小生は核兵器を持つ国に日本がなったら、そんな日本で生きたいとは思わない。中国と韓国と北朝鮮とロシアに囲まれた日本は本当に不幸である。
2.世耕経産大臣が、40日余りでレジストの輸出許可が下りたことを発表した。
 昨日8月8日(木)のことだ。韓国の過剰な反応へのスマートな切り返しだったと思う。これで、文在寅の言う、「日本政府によるこの決定は、元徴用工判決への実質的な政治的報復で、WTOで禁止されている政治的な理由で輸出規制をしてはならないという規約に抵触している」と、いう主張を見事に覆して見せた訳だ。今頃、振り上げた手をどう下ろすのか苦慮していることだろう。自業自得である。
3.元従軍慰安婦問題にも、韓国への逆風が吹きはじめている。ライダンハン問題だ。
 ベトナム戦争当時に、韓国兵がベトナム人女性をレイプしたりして生ませた3万人はいるという私生児(ライダイハン)を、そのまま責任を取らないで知らんふりをしていることが欧米各国で問題になり始めているのだ。この急先鋒は英国だが、その英国とライダンハンらは国連人権調査委員会の調査と韓国軍兵士(その多くは米国の市民権を得て米国に在住し、従軍慰安婦像設置運動をしている)のDNA鑑定などを要求する公開書簡を駐英韓国大使館を通じて提出したという。天に唾すればおのれの顔にそれは落ちてくる。韓国人はそのことを何れ知ることになるだろう。
by U3 (2019-08-09 22:21) 

八犬伝

長期連載、ありがとうございました。
知らなかった、ハングル誕生の話。

まあ、この国に何を言っても駄目でしょう。
次の政権になったら、前政権を司法にて裁く
そして、民衆に迎合する
その繰り返しばかりですから。

私の一番の関心事は、香港です。
危ないですよ相手が中国だけに
天安門の二の舞になりませんように。
by 八犬伝 (2019-08-10 12:28) 

U3

☆八犬伝さんへ
 ハングルに限らず、日本人が朝鮮半島にもたらした恩恵は数々あると思います。良くないことも数多くしたとは思いますが、総じて見れば朝鮮半島の発展に寄与したことは疑いようのない事実です。問題は韓国や北朝鮮の人々が、虐げられたことだけを恨み、自分達の不都合な過去は隠し、相手を批判することだけに執着し、忌まわしい過去から未だ脱しきれず、感謝という感情をなくしてしまっていることです。それは取りも直さず、人の心を無くしているも同じです。
 ところでハングルって日本語とか中国語や英語といった「言語」ではないって知っていますか。あれは正確には朝鮮語を表す「発音記号」です。ですから「言語」ではなく朝鮮語の発音を音声記号化したハングルという記号なのです。ちょっとハングルを囓ってみればそれが直ぐに分かります。しかもハングルは元々朝鮮半島から生まれたものではありません。モンゴルのある言語をそっくりそのままコピーしたものです。つまり彼らお得意の「ウリジナル(韓国起源説)」そのものです。
by U3 (2019-08-10 21:08) 

mwainfo

長文の記事、感服いたしました。イチロウガ、国民栄誉賞を辞退したのも、埋めえない怨念かもしれません。北も、南も、建国の歴史を捏造していることは事実ですね。
by mwainfo (2019-08-18 09:44) 

Facebook コメント